ピクシブ百科事典

ベイビィ・フェイス

べいびぃふぇいす

ベイビィ・フェイスは、「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するスタンド。本体はメローネ。
目次[非表示]

ステータス

【破壊力 - A / スピード - B / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - C(教育次第) / 成長性 - C(教育次第)】
※アニメ版ではすべてのステータスが「教育次第」と改定された。

解説

自動追跡遠隔操作型。
パソコン型の『ベイビィ・フェイス』(親)にターゲットの血液を差し込み、 DNAを分析した後、メローネが選んだ人間の女性を『母親』として『息子』を受胎させ、 出産させる。
産まれた『息子』は、母体となった女性の性格や健康状態、生活習慣、ターゲットの遺伝子との相性と、メローネの『教育』によって、性格や能力が決定される。どの程度の影響があるかは定かでないが、メローネの拘りからわざわざやり方まで選択を迫る(メローネ曰く「ここが一番重要」)。メローネの変態性が最大限に発揮される瞬間でもある。
『母親』はターゲットと相性が悪ければ悪いほどいいとの事で、 健康状態を気にしていたにも関わらず酒と煙草をやっていることを喜んだり、 ブチャラティが麻薬嫌いの為か麻薬をやっていたらなおいいと言っている。
もっとも人を暗殺するスタンドである以上、「殺意の強い『息子』」に育てる必要があるため、『母親』の素行不良は『息子』の殺意教育には丁度いいのかもしれない。ちなみに『母親』は出産後、『息子』の養分となって食い殺される (『母親』の身体に網目模様が生まれ、服もろとも『息子』に吸い込まれるように喰われる)。

『息子』自体は、生物を分解して組み換え、別の物質に変化させる能力を持つ。
分解・変化の能力は『息子』自らにも作用可能。
本体のメローネとは『親』を通じメールのようにして意思疎通ができる。『親』の見聞きした情報はダイレクトに『息子』に転送されていくらしく、メローネが教育中に『親』へキーボード入力をする様子は見られない。
さらに『息子』はメローネの意志とは関係なく『学習』し『成長』する。 その成長性はメローネによる教育次第だが、調子がいい時は一瞬のうちに背丈が伸びるほど著しい。上記のダイレクト入力のお陰で、『親』を通じて画像情報も獲得でき、より簡潔に情報を伝えたり、子供に図鑑や絵本を見せる要領で『息子』を教育することも出来る。ちなみにスタンドにも関わらず、生まれた直後は尿意を催し、メローネにトイレの仕方を訊ねていた。
多少ややこしいが、上記のように攻撃段階までの複雑な過程を踏むことにより、 自動操縦型スタンドの弱点である「単純な動きしかできない」という弱点を克服している。
反面、『息子』は自分の意志を持っている為、100%言うことをきくとは限らず、 場合によってはメローネの指示に反してしまう恐れがある。

護衛チームを襲った『息子』はかなり強力なもので、高い知性と残虐性を秘めており、護衛チームがジョルノココ・ジャンボの内部空間にいるブチャラティトリッシュのみになった隙を狙ってココ・ジャンボの「ミスター・プレジデント」内部に侵入し、瞬く間に三人を制圧している。
ジョルノもあっという間に喉・足・右眼を繰りぬかれ、為す術もなく瞬殺されかかったのだが……

余談

スタンド名の由来はエリック・クラプトンの「Change the world」など、数々の名曲を手がけた作曲家・シンガーソングライター『Babyface(ベイビーフェイス)』。
2000年11月には日本の歌番組にも出演している。
『Babyface』の本来の意味は童顔(=赤ちゃん顔)であり、アーティスト名の由来ともなっている。
作中でベイビィ・フェイスの母親となった女性はアニメ版ではアニータという名前になっている。詳細はリンク先を参照。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 5部 黄金の風 暗殺チーム メローネ
ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベイビィ・フェイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 138540

コメント