2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

【破壊力:A / スピード:A / 射程距離:E※/ 持続力:D / 精密動作性:C / 成長性:D】
※アニメ版ではC判定。

第5部「黄金の風」のキャラクター、ブローノ・ブチャラティのスタンド。
近距離パワー型の人型タイプ。能力は「拳で触れた対象にジッパーを取り付ける」能力。ただそれだけ。
 
聞いただけでは何が強いのか分からないかもしれないが、その裏には数あるスタンドの中でも屈指の応用力と利便性を備えた非常に優秀なスタンドである。

第一に、取り付けたジッパーは本体の意思により自在に開閉できる。取り付けられた物体の強度などには一切関係なく、生物、非生物問わずあらゆる物体に取り付ける事ができる。
すなわち、スティッキィ・フィンガーズに触れられる事は強度を無視した切断、切開を無条件に許す事を意味する。人間からしてみればバラバラに分解されて戦闘不能に陥るのと同義で、強固な壁や扉もこの能力の前ではまるで意味を為さない。
そして分解するだけでなく、ジッパー同士は同じ規格であるため別々の物体同士を結合することも可能(自分の腕をジッパーで取り外し、同じようにジッパーで取り外した他人の腕と交換してつないだりなどもしている)。また、このジッパーによる結合を応用し、傷の切断面にジッパーを取り付け、即席かつ強引ではあるが縫合・接合などの手当てを行うなども可能(敵スタンド使いとの戦いで切断されたアバッキオトリッシュの腕をつなぎ直したり、両腕を無くしたジョルノの切断面に取り付けて止血したこともある)。
それ以外にも、ジッパーの開閉を利用して立体的に高速で移動したり、途中まで開いた物体に相手の手足を挟み込んで拘束・そのまま閉じ切って切断したり、自分を分解する事で敵の攻撃を躱したり、ジッパーで自分の腕を螺旋状に展開して射程を大幅に伸ばしたり(=能力発動条件の「拳」の射程を伸ばせる)、地中を潜航する敵を相手に自身も地面をジッパーで切り開いて地中を進んだりなど、異常なまでの応用力を披露している。
細かいところでは口にジッパーを取り付けて文字通りの「お口チャック」状態にしてしまった事も。ネタっぽいが相手の発言を封じるのに普通に有効である。

jojo
ブチャら


第二に、ジッパーの種類は一般的なジッパーの機能としての開閉(切断、接続)ができるようにしたものと、ジッパーで開いた物体内部に異空間を作り出すパターンの2種類に分けられる。
例を挙げると、前者を壁に取り付けて開くと壁を貫通して向こう側に届く(通り抜けフープのような)能力となるが、後者は壁にジッパーの出入り口が付随した異空間を作り出す(四次元ポケットのような)能力となる。
本編では、このジッパー空間の中に人や貴重な物体を隠したり、人に取り付けて着ぐるみのようにその人間内部に潜航するというダイバー・ダウンのような能力も披露している。
またこの能力によって、バラバラにされていても内部の機能的には結合したままとなっており、「バラバラに分解されてなお生き続ける」状態を作り出す事ができる。ズッケェロなどはこの機能によって首だけにされてしまい、身体を自由に動かせないまま拷問を受ける羽目になった。
 
逆に、ジッパーを開ききって分割してしまったあとにその切断面に付けていたジッパーが解除されると「完全に切断された」状態になる。ペッシはこの作用により、スティッキィ・フィンガーズのラッシュで「全身にぶちこまれたジッパーを一瞬で全開&即座に切断面のジッパー解除」され、ズッケェロとは逆にバラバラにされて即死してしまった。アリーヴェデルチ
 
ビーチ・ボーイの追跡から気配を隠すため、自身の肉体をバラバラにした上で心臓にジッパーをつけて一時的に切断し心音を止めるという、どこかで見たような荒業も披露したことがある。

単純にスタンドビジョンのパワー・スピードも近距離パワー型として申し分ないスペックであり、本体であるブチャラティの冷徹な判断力と機転も相まって、汎用性の高い非常に強力なスタンドとなっている。
登場部の主人公であるジョルノよりもブチャラティら他のメンバーの戦闘シーンの方が目立つように見えるのは、このスティッキィ・フィンガーズのシンプルかつ強力な性能が一因だろう。スゴ味があるッ!

ラッシュの掛け声は「アリアリアリアリアリアリアリ…アリーヴェデルチ!(さよならだ)」。

由来

名前の由来は1971年にリリースされたローリング・ストーンズの代表作のひとつといえるアルバム名。直訳すると「粘つく指」だが、これは「盗み癖」というスラングの意味もある。
このアルバムが71年にレコード盤として発表された際は、アルバムジャケットに写るジーンズの股間部分に可動する本物のジッパーが取り付けられているという細工がされていたので、スタンド能力の着想は十中八九これ。
また、アルバムの1曲目に収められた「ブラウンシュガー」という曲の名は、何の因果かブチャラティが憎む麻薬(ヘロイン)を意味する隠語である。

余談

ASBやEoHの北米版やアニメの海外配信では「ジッパーマン(Zipper Man)」と訳されている。
元ネタの名称を使えない際には名前の一部を変更する。それがしにくい場合は能力を意識した名前をつけるといった訳され方がされていると思われ、「スティッキィ」も「フィンガーズ」も単体ではスタンドの名前として通じにくいと判断された結果、能力優先で名付けられたと思われる。
それにしてもあまりにもストレートにそのままなネーミングで、ウルトラマンアンパンマン、アメコミキャラのようなヒーローを思わせる名称から話題になりやすい。

「スティッキー・フィンガーズ」だったり「スティッキィ・フィンガー」だったりと、よく名前の表記を間違えられる。
Pixiv内でも誤記タグでの登録数が本タグと大して変わらなかったりする。やれやれだぜ

関連画像

ぶちゃさん
スティッキィー・フィンガーーーズ!!!


ブチャ
Bruno ◆ Bucciarati


Zipperman【再投】
ブチャラティ2


ブチャラティ
ブチャラティ



関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 ブローノ・ブチャラティ
スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 ジッパー

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1039583

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました