ピクシブ百科事典

ローリング・ストーンズ(ジョジョの奇妙な冒険)

ろーりんぐすとーんず

ここでは、荒木飛呂彦作「ジョジョの奇妙な冒険~黄金の風~」に登場するスタンドを紹介する。
目次[非表示]

概要

能力値【破壊力:無 スピード:B 射程距離:A 持続力:A 精密動作性:E 成長性:無】
本体はスコリッピ。だが能力者である彼本人にもまったく制御することができていない。
あらゆるスタンドの中でも抜きん出て際立った特徴を有し、「人智を越えた」という形容詞がある種もっとも相応しいスタンド。なお、作中での表記としては複数存在することも示唆されたためかローリングストーン(ズ)。

外見上は通常は黒く球形をした石で、表面には漢字で「凶」とも読める字が彫られている。このスタンド自体には破壊力は皆無であり、そのままでは単なる石の塊でしかない。どうやら本物の石と一体化しているらしく、スタンド使いでなくともその存在を認知することができる。また、銃弾で一部を破壊したぐらいでは存在が消失しない上、本体へのダメージフィードバックも発生しない。その挙動故一応は、遠隔自動操縦型に分類されているものの、完全に独立して「一人歩き」してるスタンドである。
存在そのものが荒唐無稽かつ絶対的であり、「人の精神の発露」であるスタンドと言うよりも、むしろ一個の自然現象、あるいは「何らかの大いなる意志」とでも言うべきか。

本体であるスコリッピの意思とは全く関係なく自動的に出現し、周囲にいる「近い未来に死ぬ運命の者」の死期の姿が彫り込まれた彫刻に変化。変化した者を追跡する。この「追跡」はかなりの精度としつこさであり、本当になんの前触れもなく出現する上、飛び跳ねながら自発的に移動することはおろか周辺の鉱物を液状化させて床や壁をすり抜ける能力まで有している。作中ではモルタルの床や鉄筋の壁を液状化させてブチャラティをどこまでも追跡した。
だがこのスタンドの本領は追跡力ではない。この石の本質は、彫刻に彫られた相手に触れる、もしくは触れられることでその人物を安楽死させる能力。誤解されがちだが、このスタンドが誰かを殺すのではなく、あくまでも既に死が決定されている者の苦痛を和らげようとするスタンドである。
より具体的に言えば、「死期が近い者に、最も安息な死に方を提供する」能力であり、言葉通り眠るように死ねるといったわけではない。あくまでも死に至る行動を起こすのはその運命を持つ本人であり、石自体は何らアクションを起こさないのである。そのため後述の花屋の娘の死は、言ってしまえば完全なる自殺であり、本体であるスコリッピにもこのスタンドにも、一般的な意味での罪業はほとんど無いと言える(ただスコリッピ自身はこの事件の背景を詳細に把握していたため、自殺幇助くらいにはなるかもしれないが)。


ジョジョの世界においては、各ラスボスの能力を筆頭に、時間、あるいは次元といったこの世の理に干渉する人外級のスタンドがたびたび登場し、そのたびに多大な数の犠牲を出してきた。だがそれらも含めた数多のスタンドの中にあっても、スタンドを操作しての殺傷ではなく、スタンドの能力そのものが「死」という逃れられない運命に干渉するのは、現在までこのローリング・ストーンズただ一つだけである
この「逃れようのない運命をただ当人に示す」「選択だけはさせてもらえるが、行き着く結論はほとんど変わらない」能力は、第5部以降ジョジョ世界において顕著になる「世界には、人の意志だけではどうにもならない、あらかじめ定められた運命が存在している」という考えを端的に表現している。

経緯


花屋を営む父親は内臓の病気にかかっており(そのため少々歩行が困難になっている)、自分も何れ数カ月後に同じ病気に罹る事を知った娘は『苦しんで運命を迎えるのであるならば、健康なうちに父のために・・・』と石を受け入れ、投身自殺をした。しかし石の力か臓器は無事で、この臓器バンクに保管されるであろう自らの臓器を父に提供したというのが事の真相だった。
ブチャラティに相談した時花屋の親父は「妙な形をした石」だったと話したが、上記の特徴を考えると娘が石を受けれた時の形は作中でブチャラティの形になったように娘の死期の姿をかたどっていたと考えられる。
なお、逆に石に近づいても自分の形が現れなければ、その段階、或いは近い将来に死ぬ運命にないということであり、その場で自殺紛いの無茶をしたとしても決して死ぬことはない。

仮にも単なる石であるため、物理的手段に訴えて石そのものを破壊することは一応できる。しかし、たとえ破壊に成功したとしても彫刻に刻まれた運命は変更されず、彫刻となった彼らには石によってもたらされる死よりも、はるかに残酷な死の運命が待ち受けることになる。また作中で幾つもの石が出現した場面があったり、破壊された石がさらなる彫刻を刻んだことなどから、撃破された、消滅したという明確な言及はなかった。
もっとも、死に直面することになった人物などにとって、このスタンドによって始めに示された運命のほうを迎えるべきか、物理的手段によって過酷な形で迎えることになる運命のほうを選ぶべきかは、個人の価値観などによるところもある。またレクイエムを発現させたジョルノの言葉のように、例え死したとしても真実から出た誠の行動は滅びることなく受け継がれていくものでもある(実際ブチャラティが石と遭遇した時点で死んでいたのなら恐らくボスは倒されなかった)。
そのためスコリッピは石を破壊する行為については強く否定しておらず、ブチャラティ達が苦難の道を辿ることになるが、「何処かの誰かに希望として伝わっていくような大いなる意味があるのかもしれない」として、目醒めることで何か意味のあることを切り開いていく『眠れる奴隷』であることを祈って石を破壊し去っていく彼らを見送った。


なお、作中の言語表記がイタリア語になっているアニメ版において、「凶」の文字はそのままであった。
これは笠間P曰く、荒木先生が「『箱にバツが入っているということで」と回答したことによる。(リンク先公式Twitter)


関連タグ

スコリッピ

??? ??? ???:何れ運命が訪れる者達

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ローリング・ストーンズ(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 539

コメント