ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

C-MOON

しーむーん

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン』に登場するスタンド。
目次 [非表示]

始末シニキタ 2日待テナイノナラ…

引ッコンデロ


概要

【破壊力 - なし(0) / スピード - B / ※射程距離 - B(約3km四方) / 持続力 - ? / 精密動作性 - ? / 成長性 - ?】

※第6部TVアニメにてBと改定された。


第6部「ストーンオーシャン」に登場するエンリコ・プッチスタンド

プッチがDIOの骨から産まれた緑色の赤ちゃんと融合して「ザ・ニュー神父」となり、ケープ・カナベラルの地にて「ホワイトスネイク」が進化した姿。

緑色の赤ちゃんとホワイトスネイクそれぞれの特徴を受け継いだ容姿をしており、矢印の意匠が随所に見受けられる。

アニメでは作画コストの関係か右目の下にある模様が無くなっている。


重力を逆転させる能力と、それを利用した物体を裏返しにする力を持つ。

C-MOON自体はまだ進化の途中の姿、言わばの様な状態に過ぎず、これに「時」(新月)と「場」(ケープ・カナベラル)という条件が揃うことでさらに進化する。


名前の元ネタはポール・マッカートニーとウイングスの同名楽曲。この曲の「僕はきっと天国へは行けない」という歌詞もまた作中での更なる進化と事の結末を連想させる。

また、海外版では「C-MOON」の名称は権利上使用できない為、「See Moon」という名称に改定されている。文字通り「月を見つめる」という意味の洒落たネーミングとなっている。


能力

約3km四方の重力がプッチを中心に逆転する。

その重力はプッチの足元から放射状に広がり、周囲はプッチのいる場とは逆の方向に重力がかかる。プッチが地面に立っていた場合、プッチの頭上にいると空(宇宙)へと引っ張られ、プッチの横にいれば地面に水平な状態で彼のいる場とは逆方向に引っ張られて(落ちて)いく。つまり周囲の人間がプッチと対面すると必ず自らの頭の上にプッチが来るということ。


またその能力を利用して触れた物体の表裏を裏返しにする事が可能。

触れられたものは服を裏返す様に表と裏が裏返り、人体など容易に裏返せないものは強烈な損傷を伴いながら強引に裏返る。例外としてプッチ自身の肉体は損傷も無く自由に裏返す事が可能で、これを利用して攻撃を避けたりもした。

このスタンド自体に破壊力は皆無だが、物体の硬さ・大きさに関わらず裏返しに出来るこの力は非常に驚異的である。


ただ弱点も存在し、裏返った部分に触れると、また裏返る為、裂けた部位などはそのままではあるが元の状態に戻ってしまう。またこの反転能力は表裏の概念が無い物は裏返せない為、通用しない。空条徐倫はこの弱点を突き、裏返された部分をもう一度触らせたり、自らの体を表裏がないメビウスの輪に変化させる事で対抗した。


当初は進化前のホワイトスネイク同様、自律操縦型だと思われていたが、実際はプッチが自由に操作できる遠距離型スタンドである。

ただし、作中で何度か言葉を発したりプッチがC-MOONに呼びかけたりしている点から見ても、ホワイトスネイクと同様に自我があるものと思われる。


担当声優


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン

スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧

エンリコ・プッチ ホワイトスネイク


重力 メビウス


  • エコーズ:同じく重力を操るスタンド。触れた対象を「重く」する能力。
  • ジャンピン・ジャック・フラッシュ:同じく重力を操るスタンド。自身の唾をつけた者をターゲットにし、そのターゲット及びターゲットが触れた物すべてを無重力にする能力。






























「スタンド」「友」「魂」「言葉」「勇気」

それが『天国の時』であろう。




全てを裏返す月は重力に導かれ、天国を創造する

関連記事

親記事

ホワイトスネイク ほわいとすねいく

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 329136

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました