ピクシブ百科事典

スーパータイラント

ぼうそうしたたいらんと

和訳すると「凄い暴君」という意味。ここではバイオハザードに出てくるクリーチャーについて説明する。
目次[非表示]

概要

タイラント


普通の人間よりはるかに強く、作戦を忠実にこなすB.O.W.タイラント」にはリミッターというものがある。理由は簡単で、暴走されて制御できなかったら兵器としての価値がなくなるからだ。しかしタイラントには生命の危機が訪れるとリミッターが解除され、中のT-ウイルスが暴走してタイラントを極端に強くするような仕掛けが施されている。バイオハザード2・クレア裏編において、G-ウイルスのデータ強奪の命を受けてシェリーのペンダントを執拗に狙うことになる(それを手にしてしまったクレアが結局狙われることになるが)。そして彼女達が、奴がそのデータを狙っているのを知り、それを溶鉱炉の中に投げ落とした。「データを持ち帰ること」としか命を受けていないタイラントにとって欲しいものはデータだけ。誰か持っているのならば殺してでも奪い取るまで。そこに落ちているのならば手にするだけ。それを取るために下が溶鉱炉にも関わらずタイラントは飛び出し、そして熔解した金属の中に沈んでいった(レオン裏編では、エイダの撃った弾が頭部に直撃、ふらついた勢いのまま落ちて行った)。金属が溶けているならその温度は300℃をゆうに超す。生きてるはずがないのだ。
 だが、生きていた。いや、正確には蘇った。
拘束具となっていたコートは溶けてなくなり、リミッターが外れ、鋼鉄のような屈強な肉体と化し、腕は何もかも引き裂く巨爪と化した。もはや「暴君」というに相応しい、命令などどうでもよくなったタイラントは、列車に逃げ込む寸前のクレア達の息の根を止めるため、燃え盛る身体を引きずって襲いかかる。


強さ

スーパータイラント


バイオハザード2

列車に着いた途端(厳密には、脱出の為に行動していた時)、「グォオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」と雄叫びをあげてから、燃え盛る身体を震わせて襲いかかってくる。高速移動によって一気に間合いを詰めて爪で引き裂いてくるため、特に即死攻撃はないにしても、距離をとってもすぐに間合いを詰められてしまう。しかもほとんどの攻撃にひるまない。ある程度ダメージを与えるとある女ロケットランチャーをくれるため、それで引導を渡してやろう。

「GAME OVER!!」

ダークサイドクロニクルス

列車にたどり着いたクレア達の前に降り立ってくる。身体は燃え盛っていないが、首から胸にかけて溶鉱炉に落ちて金属が体内で冷え固まったような身体になり、胸あたりには熱をたぎらす血管のようなものがみられる。ゆっくりじわじわと近づいたかと思えば、急に大ジャンプして襲いかかってきたり、爪を構えて走ってきたり、挙句の果てには列車をダイナミック発車させてしまう。
 しかもこいつ、ロケットランチャーを跳ね返す。途中でHPが回復してしまうので、HPを赤になるまで削ったあと、「今だ!!」というセリフを聞いた瞬間に撃つといいだろう。

 「Leon now!!」

オペレーションラクーンシティ

 Gサンプル回収後、ラクーン研究棟を抜けるエレベーターの上で戦闘となる。復活できたてほやほや・・・というかメラメラで、2のように燃えた状態で襲い掛かる。狭い空間での戦闘のため、自分よりむしろ仲間が倒されやすい。
 あのタイラントとは一切関係ないウルフパックはとんだとばっちりを受けたものである。


関連タグ

 バイオハザード タイラント タイラント(バイオハザード) B.O.W. 暴君 勝てる気がしない

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパータイラント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4588

コメント