ピクシブ百科事典

クリスマス・キャロル

くりすますきゃろる

クリスマス・キャロルとは、イギリスの文豪『チャールズ・ディケンズ』の小説である。
目次[非表示]

概要

イギリス文豪チャールズ・ディケンズ』の中編小説であり、1843年12月19日に出版された、「クリスマス・ブックス」シリーズの第1作。

クリスマス・ストーリーの中では最も有名なもので、広範囲に読者を獲得し、ディケンズが世界的に有名な作家となるきっかけになった、記念碑的な中編作品である。

これまで何度も映像化されており、多くの実写アニメ作品が存在し、日本では近年、勝田文によって漫画化され、単行本 『小僧の寿し』(マーガレットコミックス) の第5話に収録されている。
ミッキーのクリスマス・キャロルというのも存在する。

あらすじ

ロンドンの下町近くで、会計事務所を営む初老の男性スクルージは守銭奴無慈悲な人物だった。
ある日、クリスマス・イヴに事務所を閉めて自宅に戻った彼の元に、7年前に亡くなったはずの友人であるマーレイ老人が、亡霊となって突然に訪問してくる。

亡霊となったマーレイ老人は、世俗にまみれ我欲に取り付かれた冷酷な人間が、いかに悲惨な運命を辿るか、生前に犯した罪に比例して増えていき、自身の罪を象徴するものに繋がれたに縛られている自分自身を例としてスクルージを諭し、スクルージがこのままでは自分以上に悲惨な人生の結末を迎えることを告げる。

そのため、新しい人生へと生き方を改め、運命を変える最後のチャンスとして、そのきっかけとなる可能性を持った3人の精霊がこれから彼の前に出現することを伝える。

その後、現れた精霊たちと、スクルージは自身の生涯を巡る時空の旅をする事になる。

映画版

ロバート・ゼメキス版


関連タグ

小説 作家 世俗 俗物
精霊 クリスマス
ホラー ファンタジー

pixivに投稿された作品 pixivで「クリスマス・キャロル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11005

コメント