ピクシブ百科事典

水中実験機

すいちゅうじっけんき

水中実験機は、雑誌企画『M-MSV』に登場するジオン公国軍の水陸両用モビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

機体データ

型式番号MSM-02
所属ジオン公国軍
開発ツィマット
生産形態試作機
頭頂高17.7m
本体重量58.3t
全備重量95.4t
出力1,730kW
推力61,400kg
センサー有効半径3,150m
装甲材質チタン・セラミック複合材
武装バルカン砲、70mmバルカン砲×2、肩部6連装ミサイルランチャー×2、腕部6連装ミサイルランチャー×2、対艦・対空ミサイルランチャー×4、メガ粒子砲


概要

型式番号MSM-02
模型企画『MSV』での文字設定が初出で、その後に雑誌企画『M-MSV』でデザインや名称などの詳細が設定された。

ジオン公国軍ザク・マリンタイプに次いで試作した水陸両用モビルスーツ(MS)。開発はツィマット社が担当し、プロトタイプゴッグとの社内競作という形で進められた。

ザク・マリンタイプをベースに、ハイドロジェットとドムに搭載予定だったジェネレーターの強化型を装備。機体形状も水の抵抗を減らす形に改め、水中での運動性を10~20%向上させた。ただし、ゴッグズゴックに比べるとザクⅡの面影が残っており、陸上での運用も考えられている。

しかし、水中、陸上ともに期待した機動性には達していなかった。また、ジェネレーターに水冷式を採用したため陸上での冷却はタンク内の冷却水に依存しており、上陸後の稼働時間は短い。

武装はすべて固定式で、腕部と肩部に6連装ミサイル・ランチャー(ロケット砲とも)を、背部ランドセルに70mmバルカン砲2基と4連装の対空・対艦ミサイル・ランチャーを備える。
その他の武装としてバルカン砲も備えるとされるが、装備位置は頭部とも腕部とも言われ定説はない。また、ゴッグと同型のメガ粒子砲(キアM-23)を装備しているとする資料もあるが、詳細は不明。

先行量産という形で少数が生産されたが、ゴッグの生産が後期型に移行すると中止された。

関連項目

MSV M-MSV
ザク・マリンタイプ ゴッグ ジオン水泳部
大河原邦男

関連記事

親記事

ジオン水泳部 じおんすいえいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「水中実験機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 831

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました