ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スーパーボンバーマン2から登場する凶悪ボンバー五人衆の一人。
五人衆の紅一点で、額部分のハートマークがチャームポイント。
ボンバーマンシリーズのボスキャラだが、プレイヤーキャラとして使える作品もある。

スーパーボンバーマン2では第1ラウンドで直接対決があり、ここではランダムに移動するボムという戦術もへったくれもない気まぐれな攻撃を躊躇なく扱う。自滅を待つ忍耐力が問われる。
第2ラウンドでは巨大メカ「マスクチェンジ」に乗り込んでのバトルになる。ただ図体の大きいだけの太陽であり、ゆっくりと斜めに移動するのだが、時折ウインクすることで出現するハート型の弾を破壊すると、怒りの形相で一定時間ボンバーマンを速く追尾するという罠を仕込んでいる。火力が高いと仇になりやすい。また、ウィンクすることで8方向に弾を飛ばしてくることもあり、こちらは触れるとミスになる。

2の直後の話となるぱにっくボンバーWではステージ2~3でランダムに乱入してくる。BGMはフラメンコ。なお、密かにボイスが初めてついた作品でもある。

ぱにボンWの2ヵ月弱後に発売されたスーパーボンバーマン3では複数の出番がある。
ボスとしては巨大メカ「ガメプク」に乗って戦う。爆弾やボンバーマンを流す水流や、動きを鈍くする水蒸気、さらに空を飛んでのフィールドの移動など、トリッキーなスタイルを得意とする。動き回る上に頭にしか攻撃が通じず、向こうも体当たり以外に攻撃的な戦法を持たないため、初期状態だと長期戦になりやすい。
バトルモードではワールドボンバーズのメンバーとしての登場となり、フランス代表。
そして、パスワード入力画面でヘルメットを取ったときの顔が見ることができ、その容姿は非常に可愛い美少女。その正体はカウガールの少女ハニーで、彼女が改造・洗脳されたという設定(おかげでカウガールなのに何故フランス代表なのかとツッコまれたりする、ぱにボンWではスペインの民族音楽だったし…)。
ただし必ずしもハニーが正体というわけでもなく、ボンバーマンシリーズらしく作品によって設定は異なる。なお、ストーリーモードのグラフィックとバトルモードのグラフィックは別モノ。

ボンバーマンストーリーではキャラボンのシーポミュと合体した「プリティーバルーン」として登場。

ボンバーマンランドシリーズではヒロインであり、愛称はプリボン(もしくはプリボンちゃん)。「みんなのアイドルでイケメンには目がないちょっと我が儘なお姉さん」というキャラ付けが成されている。「ランド2」にてチャーリーという執事が登場している。

最新作『スーパーボンバーマンR』では五人衆の紅一点がセクシーボンバーに変更されたためストーリーモードでは登場していないが、ある条件を満たせばストーリーモード・バトルモード共に使用可能。多少ぶりっ子のように振る舞っている。
CVはセクシーボンバーと同じ原田ひとみ

アニメ・ボンバーマンジェッターズにも僅かだが登場した。こちらのCVは寺田はるひ

関連タグ

ボンバーマン ハート 凶悪ボンバー五人衆 ボンバーマン八兄弟

以下スパボンRネタバレ注意












































スーパーボンバーマンR(ネタバレ)

消えないで


第4ワールド「ララララスター」で、ピンクボンが彼女との思い出話と同時にボンバーマン八兄弟のもう一人の姉として彼女の存在が語られた。
実は彼女はピンクボンたちより前に製造されていたが、水ボンが製造される前に事故で廃棄されてしまったのだ。
さらにボス戦で白ボンがプリティーボンバーが持っていたペンダントをセクシーボンバーが所持していたことで「セクシーボンバーは実はプリティーボンバーなのではないのか?」と予感していた。
そしてラストシーンでその予感が的中し、セクシーボンバー自体が魔改造されたプリティーボンバーであることが分かった。
エンディングで彼女はピンクボンと共にアイドルとして活動している。

関連記事

親記事

凶悪ボンバー五人衆 きょうあくぼんばーごにんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プリティボンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250662

コメント