ピクシブ百科事典

ゴーレムボンバー

ごーれむぼんばー

『ボンバーマン』シリーズに登場する「凶悪ボンバー五人衆」のひとり。

概要

初登場はスーパーボンバーマン2
直接対決による第1ラウンドと、巨大メカ「ブレストファイアー」に乗り込んでの第2ラウンドがある。
第1ラウンドはパワーグローブを使用し、ボムを投げつけてくる。このボム投げを直接受けてしまうとアイテムをばら撒いてしまうため、こちらもパワーグローブでボムを持ち上げておき、相手のボム投げをガードする必要がある。判断力が鈍く、かつ動きが遅いため、自滅を待つのが得策。
第2ラウンドは移動した後に四発の火炎弾を上空へ打ち上げ、時間差で地面へと降らせてくる攻撃を行う。落ちた後の火は火力が最大の爆弾と同じ。そして、ボムの爆風と一緒なので、ボスへもダメージを与えることができ、自滅を誘うことが可能。なお、火炎弾はボンバーマンの縦横いずれかのライン上に落ちてくるのだが、2発目のみ自分の位置に落ちてくるので注意。また、画面上部にいると着弾までの時間が短いので危険。

スーパーボンバーマン3では、火山のような巨大メカ「ドッガーン」に乗り込んでの対決。
画面を揺らして行動妨害をするほか、爆弾を誘爆させる炎の腕に口からの火炎放射、火山弾の発射と積極的かつ多彩に攻めてくる。移動速度が速いのでブレストファイアーとは異なり一筋縄ではいかない相手。地震の行動不能対策に、先読みがどれだけ出来るかがポイントか。

サターンボンバーマンファイト!!では、記憶喪失のところを「まみ」に助けられ、彼女の母親を助けるために戦いへ出る。ちなみに元ヒゲヒゲ団所属らしい。

ボンバーマンストーリーでは、キャラボンのシーウィングと合体した「ゴーレムゴースト」として登場。お供に複数のゾンビボンバーマンを呼び出すが、問題はゾンビというだけあって倒した後が厄介となる。バトルではお馴染みの「みそボン」システムを使い、安全な外野から攻撃を仕掛けてくるようになる。ダメージを与えても反撃で電撃を放つなど、かつての鈍重なイメージを全く感じさせない。そればかりか、プラズマボンバーよりも後の登場という、シリーズでも異例の立ち位置を獲得。

スーパーボンバーマンRでは、スパボン2の攻撃パターンをより強化させたようなスペックを獲得。ゴーレムボムと呼ばれる爆弾を投げてくるが、ついに直接ボンバーマンを押し潰せるようになった。
実は巨体の部分はパワードスーツであり、本体は白ボン達と同じくらいのサイズである。
CVはアメリカザリガニ平井善之。ちなみに相方の柳原哲也は同作でマグネットボンバーの声を務めている。

関連タグ

ボンバーマン 凶悪ボンバー五人衆

関連記事

親記事

凶悪ボンバー五人衆 きょうあくぼんばーごにんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーレムボンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2129

コメント