ピクシブ百科事典

プラズマボンバー

ぷらずまぼんばー

『ボンバーマン』シリーズに登場する「凶悪ボンバー五人衆」のひとり。

概要

初登場はスーパーボンバーマン2
直接対決による第1ラウンドと、巨大メカ「スケルガード」に乗り込んでの第2ラウンドがある。

第1ラウンドはボム投げを行ってくる。動きは機敏だが、ゴーレムボンバー同様に自滅を待てば問題ない。

第2ラウンドは本作最大の難関バトル。ラスボスの前座だが、ラスボス以上に強い。画面上部を左右へ移動し、ボンバーマンが同じ縦のラインに来ると急に下方向に突進してくる。ノーモーションで突進してくるので初見ではまず対応できない。突進の安置はステージ最下部の横一列だけなので、半強制的に画面下部での戦闘を強いられる。慣れたプレイヤーなら画面上に上がってダメージを与えに行ってもいいが、かなりリスキー。
それに加えて速く動く上に緩く追尾する無敵のドクロの敵を3体ばら撒くという波状攻撃を仕掛けてくる。リモコン爆弾がないとこのドクロの敵をやり過ごすのは難しく、時間経過で消えるのを待つしかないため、突進とのコンボで逃げ場を失ったプレイヤーは多い。
余談であるが、突進後スケルガードが下に下がりきった状態の時に画面最下部のボスの目の前でボムを横か下に投げると、何故かボスに投げたボムが当たる。HPが28とめちゃくちゃ高いので積極的に狙いたいが、ドクロの敵が出ているときはあまり狙わないほうがいい。

もともと凶悪ボンバー5人衆は、ボンバーマンの先輩にあたる存在らしく、勝利するとボンバーマンとの和解を望むようになる。しかし、スケルガードの内部に潜伏していたラスボスの手によって粛清されてしまう。

スケルガード



スーパーボンバーマン3では、他のメンバー同様にバグラーの手によって蘇り、今回は巨大メカ「フリーザービューナス」に乗り込んでのバトルとなる。氷の弾による範囲攻撃、ホーミングする竜巻、ボムを移動させるという人形攻撃の3種類を行ってくるが、爆風で対処できる攻撃があり、今作はボス本体に爆弾を消す能力が無い分、前作と比べれば苦戦はしないだろう。むしろ二人プレイ時の方が竜巻が増えたり、人形で移動した相棒の爆弾の爆発に巻き込まれたりと事故が起こりやすいので注意。
なお、この後はみんなのトラウマと名高いバグラーシップを残しての最後のバトルなので、ボス戦前のパスワードをメモしておき、いつでもアイテムを取りに戻れるよう準備しておくのが得策。フリーザービューナスを倒した後はこれまでのステージに戻れなくなる。

なお、この搭乗メカの可愛らしいビジュアルの関係でしばしばプレイヤーから弄られる。攻撃時に目つきが鋭い顔に豹変するとはいえ、当時はヘルメットを取ったプリティボンバーと並ぶ貴重な美女枠だった。

ボンバーマンストーリーでは、キャラボン「ポミュドラゴン」と合体した「プラズマロック」として登場。他の作品ではリーダー格である彼が、本作では珍しく全員の中で3番手に甘んじている。

しかし、スーパーボンバーマンRでは再びリーダー格に返り咲いている。

関連タグ

ボンバーマン 凶悪ボンバー五人衆

関連記事

親記事

凶悪ボンバー五人衆 きょうあくぼんばーごにんしゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プラズマボンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3236

コメント