ピクシブ百科事典

セリカ(FE外伝)

せりか

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム外伝』及びリメイク版『ファイアーエムブレム Echoes』の女主人公。
目次[非表示]

クラス:神官プリンセス
CV:東山奈央(Echoes以降、声がつくすべての作品で共通)

概要

外伝

【FE外伝】セリカ



ノーヴァ島の修道院で大地母神ミラに仕える神官の少女。幼少期を「ラムの村」で過ごし、男性主人公のアルムとは幼馴染で、『ファイアーエムブレム大全』の年表から彼と同い年の模様。

実はソフィア王国の国王・リマ4世と強引に彼に嫁がされたシスター・リプリカの遺児で、本名はアンテーゼ。顔は母親に生き写し。他の子供たちは宰相のドゼーに暗殺されたため、ソフィア王家唯一の生き残りである。本人を含めてごく一部の人間のみが彼女の素性を知っている。

物語の途中で王女の証であるサークレットを託され、プリンセスにクラスチェンジする。このとき、顔のグラフィックもサークレットを身につけたものに変わる。

敵国の王にすら理解を示すほどの優しい性格だが、争いを極端に嫌っており、リゲル帝国と戦おうとするアルムと再会の際に仲違いを起こしている。

それでも、アルムのことは大切に想っているようで、アルムがクラスチェンジするきっかけを作っている。その一方で、アルムが絡むと猪突猛進になってしまい、敵の罠に引っ掛かる一面も。

シリーズ初の女性主人公にして、魔法を使える主人公。剣・黒魔法・白魔法を扱える。最終局面では「アルムと隣接すると、彼の攻撃が必ず必殺の一撃になる」という、支援効果の先駆け的な存在ともなった。

ステータスは技と幸運が伸びやすく、準じて速さに優れる。シーダに似た成長をするが、シーダと違って力や守備が問題にならないのは、魔法運用型のユニットであるため。

覚える魔法のラインナップが秀逸で、かなりの頻度で遭遇する魔物に特効をつける「エンジェル」、使い勝手の良い「エクスカリバー」、高火力の「ライナロック」、クラスチェンジすれば「リカバー」での回復役もこなせるようになる。

弱点は、クラスチェンジによる基礎能力の底上げが出来ない事。
特にHPの底上げがないのは致命的であり、全キャラ中最低クラスのHPになりやすい。また、守備の成長が低めの為、後半以降は前線に立たせるとすぐにロストしかねないので注意。

Echoes

Celica



右手にミラの痣がある。
リメイク前は産まれてすぐ暗殺を防ぐためにマイセンの手で王宮から連れ出され、その後何の前触れもなくアルムの前から姿を消した設定だったが、本作では幼少時を離宮で過ごしている。

ドゼーの手先によって火が放たれた離宮からマイセンによって救い出された後「ラムの村」に落ち着きかけたが、7年前にスレイダー率いる捜索隊に見つかってしまい、アルムに別れを告げることとなった。

今作では「優しさ」の部分が強調され、困っている人を見捨てられない描写がされており、目的上は寄る必要のない危険地帯に自ら乗り込み、海賊盗賊の討伐を行い、人々を救っている。

その一方で「争いを嫌う」部分も極端に強調されており、海賊相手に何度も説法したり、(アルムや仲間達のためとはいえ)敵の詭弁を鵜呑みにし、結果的に仲間の身を危険に晒してしまっている。また、責任感の強さ故に悩みを一人で抱え込むことが多く、困難に陥って取り乱す一面も。

性能としては「外伝」での使い勝手はそのままに、成長率に大幅な修正がされている。特に力は上から数えた方が早いくらいで、下手をするとアルムを上回ることすらある。ネックだったHPもクラスチェンジによって32までは底上げされるようになり、耐久力も増した。移動力が4と低いのが唯一の欠点か。

基本的には回復効果持ちの装備を持たせて中衛で魔法を主体に立ち回ると良いが、「聖なる剣」「宝剣ソフィア」「レディソード」を使い分ければ前衛もこなせる。特に「宝剣ソフィア」は専用武器であり、安定した性能と使い勝手の良い戦技を習得できる上に回復効果まで持つ。初期装備の「黄金の短剣」を進化させることで手に入り、錬成に必要な銀貨・金貨が比較的少ないのでオススメ。

支援関係に関しては人柄のためか多くの仲間(11人)が対応している。ただし、対応している約半数はアルムやグレイなどの幼馴染み組(アルム軍所属)なため、効果を実感出来るのは主にクリア後となる。

その他の出演

ファイアーエムブレム覚醒

異界のプリンセス



異界のセリカが賢者として登場、「デュアルサポート」「聖盾」「祈り」「魔の達人」とらしいスキルが並ぶ中、「王の器」(スキルの発動率+10%)を所持。

「王の器」はクロムとその子孫、マルス王、魔符エフラムしか所持していないレアスキルであり、更に魔法系の「王の器」所持者は、クロムが父親の時のブレディくらい。「セリカの疾風(魔道書)」+「武器節約」+「王の器」+「滅殺」といったコンボが有効。

ファイアーエムブレムヒーローズ

現在3種類のセリカが登場している。設定や容姿はいずれもEchoesに準拠している。

慈愛の王女 セリカ

ファイアーエムブレムヒーローズ 【セリカ】


属性
武器種別魔法
タイプ歩行
武器ライナロック(専用)
奥義烈光
A遠距離防御3
C守備の紋章3

2017年5月に実装された通常Ver。

メインストーリー第11章のメインキャラクターに位置付けられており、敵として対峙することになる。ノーヴァ修道院の仲間たちやペガサス三姉妹と共に3度登場するが、11-3のものは特殊スキル「エンブラの加護」の効果でダメージを受けない。

こちらは赤属性で魔法を使用する。専用武器の「ライナロック」はHP満タン時に使用すると攻撃・速さが上昇する代わりに戦闘後にダメージを受けるという、原作の魔法の仕様を再現したものである。

素の攻撃と速さも高めで、「ライナロック」の強化を受けるとかなりの高速アタッカーと化す。HP満タンを維持しないと並の赤魔法ユニットとなってしまうので、「ライナロック」を活かすなら回復役とセットで使うか、回復のスキルをつけることが望ましい。遠距離防御も所持しているため、弓ユニットや魔道ユニットからの攻撃は防御面を少し補える。
ただ近接武器ユニットやマムクートなどには弱く、特にマムクートは近接なため遠距離防御は発動しないため注意。ライナロックの武器スキルもあるため体力管理や役割が大事である。

2018年9月のアップデートで「ライナロック」に武器錬成が追加された。錬成すると攻撃・速さの上昇にHPの制限がなくなるが、戦闘後のダメージも常に受けるようになる。効果錬成をすると「攻撃速さの大覚醒3」の効果が得られ、HPが減少次第さらに攻撃・速さを大きく高めることができる。
Aスキル「獅子奮迅」と合わせると一回の攻撃に付きHPが11削れ、基本的に敵の攻撃を受けずとも1戦闘で大覚醒圏内に持ち込める。
そのほか「攻め立て」「救援の行路」などHPが削れる事で効果を発揮するスキルとのシナジーがある。

外伝のリメイクEchoesの発売、さらに無双参戦と大きく知名度を上げた影響か、第2回英雄総選挙では見事女性部門第1位に輝き、特別Verの実装が決定した。

捕らわれし魂 セリカ

闇セリカ


属性
武器種別
タイプ歩行
武器宝剣ソフィア(専用)
奥義月光
B速さの封印3
C攻撃の鼓舞3

2018年2月に実装された闇堕ちVer。

第5章でドーマに魂を捧げ魔女となった姿で登場。武器は原作のムービーシーンと同じく剣に変更されており、原作では最強クラスの武器である「宝剣ソフィア」が専用武器となっている。原作で使えた奥義「真ライナロック」は使えない。

通常のセリカと比べてステータスはほぼ全て上回っている。「宝剣ソフィア」はHP最大時に攻撃・速さ・守備・魔防が+4される効果を持ち、HP満タンの状態では重装ユニットや限界突破並の高ステータスとなる。通常のセリカ同様にHPが最大でないと並の剣歩兵程度のステータスになってしまうのがネック。

パッシブスキルには一番速さが高い敵に速さのデバフを掛ける「速さの封印」を有している。どの位置、方向関係なく発動するため「速さの封印」を活用してデバッファーとして運用することも出来る。通常版と同じく回復役とセットで運用するなどの工夫が必要だろう。
弱点はほぼないが魔道ユニットや弓ユニットは警戒しておいた方が良い。

女神の神官戦士 セリカ

女神の神官戦士


属性
武器種別
タイプ歩行
武器王家の剣(専用)
奥義疾風迅雷
A鬼神の一撃4
B獅子連斬(専用)
C攻撃の指揮3
2018年8月に登場した、第2回英雄総選挙で女性1位を取ったことで実装された総選挙仕様。前2つのverがエコーズ仕様だったのに対し、こちらは外伝の衣装に近い。アルムが使う王家の剣を携えている。
専用武器の「王家の剣」は周囲2マスに味方がいる時、「剛剣3」の効果を付与する。また王家の剣の戦技の獅子連斬を専用Bスキルに持ち、HP満タンで自分から攻撃時確定追撃し、その後自分に1ダメージ。また鬼神の一撃が4まで習得可能であり(これは他の英雄に継承可能)、攻め性能が高い。

ファイアーエムブレム無双



TGS2017で参戦が発表。外伝から唯一登場。ヒストリーモード「再会 そして…」を進めることで仲間になる。
デザインはヒーローズと同じくEchoes版を踏襲している。
クラスは原作同様に神官→プリンセス。
専用武器は何故か原作では汎用武器の「レディソード」。「宝剣ソフィア」じゃないのか……

突きを主体とした優雅な剣術を使い、手数の多い連撃は一撃の重さよりも敵の動きを封じることに長け、相手に反撃を許さないような戦い方が可能。強1は剣に光の力を宿すことで、前方の敵に瞬時に突進し空中に打ち上げる。この強1を含めて、プレイアブルキャラの中で空中攻撃に移行する攻撃が最も多い。
攻撃は基本的に剣のみで行うが、覚醒奥義では原作でも使っていた最高位の炎魔法ライナロックをも使用する。また、デュアル奥義では原作で習得する魔法をモチーフにした剣撃を行う。

ちなみに、奥義を除く全ての攻撃の性能はマルスと同じ。こちらは杖による回復が行える。力と魔力の値が同一のペースで伸びるので、マルスと比べると物理魔法反転の武器を使えることも差別化要素と言える。DLCで追加されるウードの「均衡せし力の共鳴」のスキルを継承させると、より使いやすくなる。

参戦が決まったのは任天堂・IS側から、最新作のEchoesから一人加えたいという要望によるもの。本作の開発期間の大部分がEchoesが発売される前だったためか、容姿やCVこそEchoesに準拠しているものの、加入するマップの会話やライナロックのエフェクトなど、多くの部分はむしろリメイク前の「外伝」に沿っている。おそらく、セリカの専用武器が宝剣ソフィアではなくレディソードなのも、宝剣ソフィアがEchoesで追加された要素であるため本作に間に合わなかったからと思われる。

絆会話を見る限り今回のセリカは原作のストーリー途中でこちらの世界に来たようで(具体的にはアルムと喧嘩別れして再会するまでの間)、戦いには消極的な発言が目立つ。

関連イラスト

ファイアー!
外伝やりたい



関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム外伝 FE外伝 ファイアーエムブレムEchoes ファイアーエムブレム覚醒 ファイアーエムブレムヒーローズ ファイアーエムブレム無双
セリカ アンテーゼ 女主人公 赤髪 アルセリ
アルム メイ ボーイ ジェニー マイセン コンラート

関連記事

親記事

ファイアーエムブレム外伝 ふぁいあーえむぶれむがいでん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セリカ(FE外伝)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91380490

コメント