ピクシブ百科事典

コンラート(FE)

こんらーと

ゲーム「ファイアーエムブレムEchoes」に登場する人物。
目次[非表示]

概要

CV:佐藤拓也
初期クラス:パラディン

リメイク版の新キャラクター。ドーマ教団に狙われるセリカの危機を救った「仮面の騎士」。
正体はソフィア国王リマ4世の王子で、幼い頃に生き別れたセリカの兄。宰相ドゼーの策謀により離宮が襲われた際、侍女の手により脱出し、リゲルにいる大賢者ハルクのもとへ逃れ、そこで過ごしていた。セリカはこの襲撃でコンラートが死んだと思っていた。
ハルクのもとで文武に励む最中、家事もこなしており、一通りのことはできる模様。

彼の母はリゲルの貴族で、食糧援助の便宜を図ってもらうために、リマ4世に嫁いだ。
そのため、厳密にいえば、セリカとは異母兄妹の関係に当たる。だが、母の出自故に他のきょうだいやその母親である妃たちからは冷遇されていた中で、セリカと彼女を産んですぐに他界したリプリカ妃だけはコンラートに分け隔てなく接していたため、兄妹仲は良好。

初登場は第2章最終マップのソフィア城。当初は敵であるドーマ教団やドゼー一派に見つからぬよう、仮面で正体を隠し友軍ユニットとして登場し、セリカ軍に助太刀。その後、ミラ神殿である人物から預かっていたサークレットをセリカに渡す。4章セリカルートでドルクの砦攻略後、セリカ軍に敗れてなお誘惑しようとするドルクに止めを刺し、背負った重責に耐え兼ね、自暴自棄になりかけたセリカを叱咤した際に、自ら仮面を取り、正体を明かし、そのまま加入する。

本来は温和な性格で子供の頃は怖がりですらあったが、正体を明かす前は厳格なそぶりを見せている。一人称も普段は「僕」だが仮面をつけると「私」に変わる。声のトーンも全然違うためセリカからはお兄様が二人いるみたいといわれている。

なお、素の性格はかなり天然で、迷いの森は一人では初めて来たので道が分からなかったり、自分の仮面を「カッコいいだろう?」と説明するなどセリカ達を困惑させている。どうも仮面を身につけるとスイッチが入るようである。

セリカ軍では村人であるアトラスクリフエフィがソシアルナイトにCCしない限り、唯一の騎兵である。ステータスは全体的に高く纏まっているため主戦力として期待できる。

戦後は統一バレンシア王国の文官となり、マイセンの後を継いだ。
女性からの人気は大きかったが生涯独身を貫いたという。おそらくは自分に子供ができたときに継承権などで揉めることを危惧したと思われる。
あるいは昔のFEのように、本当はセリカが理想の女性だったために、それに匹敵する人が終生現れなかった、と見ることもできる。

性能

セリカ軍最後の仲間でありながら、今更パラディンLv7で加入する。
しかし、その低初期レベルでありながら最上級職のジークやマイセンに負けない初期ステータスを持つ上に、力が若干低めな点を除けば非常に優秀な成長率を誇る大変優秀なユニット。
下級職からきっちり育成したたたき上げのユニットが途中から加入した来たようなもの、というのが感覚としては近い。

また、最初から魔防が12である点も非常に嬉しい。更に、彼の魔防の成長率はなんと8%もあり、他のキャラの魔防成長率が0~5%であることを考えると、これは破格の数値と言えるだろう。

後にエマの10%に抜かれてしまったが、あちらは有料DLCである。

ヒーローズ

仮面の騎士 コンラート

属性
兵種槍/騎馬
武器バリアの槍+
奥義氷華
A金剛明鏡の構え2
B攻撃の封印3


2019年10月に大英雄戦で登場。
能力面は速さが低い代わりにそれ以外の能力はバランスが良い。守備と魔防は高いので遠距離反撃を付ければ受け専門の兵種として活躍できる

イラストは立ち絵のみ仮面を外している。

仮面の下の素顔 コンラート

属性
兵種剣/騎馬
武器ブーケのステッキ+
補助献身
A守備魔防の大覚醒3
B救援の行路3


2020年に登場したバレンタインの超英雄。仮面はないのでイラストは全て素顔。
通常版とステータスを比べると大差は無くほぼ同じステータス。
ブーケのステッキは鬼神金剛の一撃と追撃封じの複合スキル。低い速さをカバーする効果だがやや火力不足が難点。

関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムEchoes セリカ
ジーク(FE外伝)・・・ゲーム設定としてはこちらが先だが、時系列的にコンラートの後に仮面の騎士となった。

関連記事

親記事

セリカ軍 せりかぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンラート(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60361174

コメント