ピクシブ百科事典

コンラート(FE)

こんらーと

ゲーム「ファイアーエムブレムEchoes」に登場する人物。

概要

CV:佐藤拓也
初期クラス:パラディン

リメイク版の新キャラクター。ドーマ教団に狙われるセリカの危機を救った「仮面の騎士」。
正体はソフィア国王リマ4世の王子で、幼い頃に生き別れたセリカの兄。宰相ドゼーの策謀により離宮が襲われた際、侍女の手により脱出し、リゲルにいる大賢者ハルクのもとへ逃れ、そこで過ごしていた。セリカはこの襲撃でコンラートが死んだと思っていた。
ハルクのもとで文武に励む最中、家事もこなしており、一通りのことはできる模様。

彼の母はリゲルの貴族で、食糧援助の便宜を図ってもらうために、リマ4世に嫁いだ。
そのため、厳密にいえば、セリカとは異母兄妹の関係に当たる。だが、母の出自故に他のきょうだいやその母親である妃たちからは冷遇されていた中で、セリカと彼女を産んですぐに他界したリプリカ妃だけはコンラートに分け隔てなく接していたため、兄妹仲は良好。

初登場は第2章最終マップのソフィア城。当初は敵であるドーマ教団やドゼー一派に見つからぬよう、仮面で正体を隠し友軍ユニットとして登場し、セリカ軍に助太刀。その後、ミラ神殿である人物から預かっていたサークレットをセリカに渡す。4章セリカルートでドルクの砦攻略後、セリカ軍に敗れてなお誘惑しようとするドルクに止めを刺し、背負った重責に耐え兼ね、自暴自棄になりかけたセリカを叱咤した際に、自ら仮面を取り、正体を明かし、そのまま加入する。

本来は温和な性格で子供の頃は怖がりですらあったが、正体を明かす前は厳格なそぶりを見せている。一人称も普段は「僕」だが仮面をつけると「私」に変わる。声のトーンも全然違うためセリカからはお兄様が二人いるみたいといわれている。

セリカ軍では村人であるアトラスクリフエフィがソシアルナイトにCCしない限り、唯一の騎兵である。ステータスは全体的に高く纏まっているため主戦力として期待できる。

戦後は統一バレンシア王国の文官となり、マイセンの後を継いだ。
女性からの人気は大きかったが生涯独身を貫いたという。おそらくは自分に子供ができたときに継承権などで揉めることを危惧したと思われる。


関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムEchoes セリカ

pixivに投稿された作品 pixivで「コンラート(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134207

コメント