ピクシブ百科事典

タクミ(FEif)

たくみ

タクミとは、『ファイアーエムブレムif』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種弓使い
誕生日12月14日
軍の中で一番夢見がよくない
CV梶裕貴
公式人気投票男性部門第3位


概要

白夜王国の王子。
リョウマヒノカ主人公である(カムイ)の弟で、サクラの兄。

白夜王国に伝わる神器・「風神弓」を母親であるミコトから受け継いでいる。
武器は弓だが、実は刀の腕前も高く、侍であるヒナタ相手に一本取れる程。兄のリョウマとも未だに刀の稽古をしている。

性格は非常にひねくれており、素直に人を認める事ができない。
自己顕示欲、承認欲求及び上昇志向も高く、感情の起伏が激しい。自分の実力も「風神弓」頼みと思っており、自分を卑下する傾向がある。
とは言え信頼を築いた相手には、不器用ながら優しさを見せる事も多い。
また、どうやら年上の女性に弱い様子。女主人公(カムイ♀)との結婚やアクア、暗夜王女のカミラとの支援会話でもそれが垣間見える。

前述の通り素直に人を認められないが、自分の感情にも素直になれない
DLC『楽園争奪戦』では、心の中では誰よりも南の島に行きたがっているのだがひた隠しにしており、実際に自分が南の島に行った際は誰よりも南の島を満喫している
ここまで来るとただのツンデレである。

幼い頃は純粋で素直な子だったらしく、オロチによるとサクラと一緒に人形でごっこ遊びをしたり、人形を抱いていないと眠れず夜に一人で厩に行くことを怖がりオロチに泣きついたりしたことがあったらしい。
その性格は今も心の奥底に残っているらしく、DLCではそんな一面を見る事ができる。

しかし極めて優秀な兄姉の存在は、そんな彼の性格を複雑化させていく事となってしまった。彼らに憧れの念を抱くと同時に、努力しても追いつけないという劣等感に常に苛まれるようになる。
また幼い頃、拉致されてしまった兄(姉)である主人公の存在がさらなる影を落とす。
幼かった為に主人公のことは殆ど覚えておらず、弟(妹)の奪還に燃えるリョウマやヒノカを前に、自分など眼中にないのではないかと不安を抱き、主人公に嫉妬心を募らせるようになっていった。
そのため誰かに必要とされたい、自分だけを見てほしいという願望が強くなり、前述の猜疑心の強い性格に繋がっていった。

故に主人公(カムイ)が暗夜王国から戻ってきた際、家族の中で唯一、彼(彼女)を受け入れようとせず、タクミの態度を諌めようとする元暗夜王国の王女・アクアに対しても、辛辣な態度を取り続けた。最もアクアは幼い頃から家族としてタクミと過ごしてきた為、彼の抱える劣等感を理解しており、実際のところ姉と認められてはいなかっただけで互いに仲は良好だったという。

(一時加入とはいえ)本編開始前である無章で最初に加入したユニットともいえる。
まだ全容がはっきりしてないとはいえ(そもそも主人公の夢の中ではあるが)弓(間接攻撃)の説明を行ったり成り行きで攻陣が発生したりとお世話になった人もいるであろう。
(しかし暗夜編の最後では…)

白夜篇では序盤で加入し、共に暗夜へ対抗することに決めた主人公やアクアとの和解を経て、少しずつ本来の自分を取り戻していく…。
だが…。

一方透魔王国篇でも序盤に加入するが(両国を裏切っていなくなったり助けてもらったとはいえ敵対している暗夜王国に属するユニットを軍に入れていたり等)やはり主人公を疑っておりイザナに説得してもらってようやく主人公(カムイ)と共に戦ってくれる。

好きな料理は味噌汁。
一通りの本は読み、暗夜王国の書物にも強い興味を示すが、主な好みは哲学書。
将棋が好きで、身内の中では一番得意とのこと。故か戦術眼にも優れており、暗夜篇で彼がボスのマップはどれもかなりの難度を誇り、10章は「タクミ港」、23章は「風雲タクミ城」の異名がつくほどである。

上に優れた兄と姉・素直な妹を抱えた家庭環境・趣味趣向・複雑で繊細な性格、兄弟(主に主人公)に対する屈折した感情を含め、暗夜の王子・レオンとは類似点が非常に多い。最も殆ど主人公の事を覚えていないまま屈折した感情を抱き続けていたタクミと違い、家族として主人公と長く過ごしてきたレオンは嫉妬を含めても家族として愛していることから、主人公に対する態度はかなり異なっている。
お互いの第1印象はかなりよろしくなく、レオンからも挑発されるなど兄弟の中でも特に仲はよろしくなかったが、透魔王国でのある一件から少しずつ信頼関係を築いていくこととなる。

直属の臣下は代々白夜王家に仕えている侍一族出身のヒナタと、自分に好意を抱く元呉服屋の娘であるオボロ
結婚すると息子のキサラギが生まれる。
自分とは正反対で天才肌なキサラギに嫉妬することもあるが、キサラギからは純粋に慕われている。

週刊ファミ通』と『Nintendo DREAM』の人気投票では男性部門の1位に輝き、その後に行われた公式の人気投票でも1位の最有力候補に挙げられていたが、レオン・マークスに次ぐ3位となった。
ファイアーエムブレムヒーローズの人気投票企画『英雄総選挙』ではifの男性キャラではトップの男性部門9位にランクインした。

ユニット性能

初期クラスは「弓使い」。専用武器を持つ王族が上級職である中で何故かの下級職。
過去作で言うアーチャーである。他の素質は「槍術士」。
前述の通り剣術も優れているはずなのだが、何故か「」の素質が無い

能力傾向はHP・技・幸運の伸びが良い。
一方で魔防は殆ど伸びないと言っても過言ではなく、魔法を喰らえば即死もありうる。
ジョーカーと支援A+になって「魔殺し」を取る等してフォローしたい。技が高いので「聖盾」との相性も悪くないものの、スキル習得可能なユニットの中で唯一支援を組める主人公頼りになってしまう。

しかし本作は弓が強く、専用武器「風神弓」が高性能に加え、持っているだけで侵入できる地形なら移動力が減らなくなると言う凄まじい性能を誇る為、ステージによっては相手が侵入できない所から一方的にスナイプしたり、渡河や山越えして相手の攻撃範囲から逃げると言った芸当も可能。
今作では飛行ユニットかつ弓を扱えるという「金鵄武者」という兵種がありこれはタクミが自力でクラスチェンジ先に選択出来るのだが上記の神器の性能と被ってしまう為、槍が扱えたり移動力が増えるほどしか影響がない。
また「弓聖」自体に命中・必殺ボーナスがある為、圧倒的な技の高さも相まってかなり当てる上に必殺もバンバン出る。重装兵の装甲もなんのその。
このようにリョウマと並ぶ白夜王国側屈指の強ユニットである。

そのままでも十分強いのだが、自力習得できる攻撃用のスキルは「破天」一つと寂しい。
バディプルフ・マリッジプルフやDLCを最大限活用しスキルを揃えたいところ。
透魔篇でカミラ、エリーゼのマリッジとレオンのバディで得られるスキルを覚えさせる事も考えた方が良い。(死の吐息、復讐、戦闘指揮、剣殺し、魔殺し他)

また、「剣聖」にクラスチェンジすると専用のグラフィックに変化する。実はこのグラフィック、今は亡き父・スメラギの物と同じである。
サクラの「戦巫女」のグラフィックがミコトの物と同じと考えると、なかなか感慨深いものがある。(リョウマが初期から「剣聖」である為、弟であるタクミにあてがわれたものだと思われる)
但しタクミは「侍」の素質を持たない為、見るにはバディ・マリッジプルフ頼みである事に注意。(タクミと支援を組める「侍」はリョウマとヒナタとカザハナ
「剣聖」は強力なスキル「流星」を取得できるため、一度なっておいて損はない。

専用スキルは自分のレベルが後衛以下の場合、必殺確率上昇・被ダメージ低下・与ダメージ上昇の効果がある「対抗意識」。
ただ前述のようにかなり強い為、育てば育つほど専用スキルが死ぬと言うなかなか難しい状態に…。
今回追加されたレベル上限を上げるエターナルプルフはあまり回さない方が良い。

但し本作はCPUが全体的に賢く、射程1に潜り込まれる可能性がある点にだけは注意。その際、「横撃ちの和弓」を所持したり、DLCの報酬として得られるアイテムで「近接射撃」を覚えておくと便利。

また、白夜編でのある章では出撃できない。その章ではタクミの命を救わねばならず、さらに軍の中で一番の通りタクミの夢見の悪さと黒幕の存在が伺える展開も待っている。

彼の名を冠した武器に「タクミの竹刀」がある。威力は低く自身の守備と魔防が下がるが、敵のHPを必ず1残す効果を持つ。経験値稼ぎのテクニックである「ボスチク」には最適な武器であり、砦にこもった敵を延々殴り続け経験値や支援を高めるといったことが可能である。

外部出演

ファイアーエムブレム0

TCG『ファイアーエムブレム0(サイファ)』でもさまざまなカードが登場。
下級職「白夜の弟王子 タクミ」は対抗意識により出撃コスト3以上の味方が存在する場合ノーコストで常時戦闘力+10され、支援性能も非常に高い、かなりの高性能カード。
上級職は後衛から相手の後衛を攻撃できたり味方を好きなだけ移動させるスキルを持つ。
第3弾では暗夜のシンボルを持つ「ソシアルナイト」として登場。そちらではスキル「まだまだ未熟だね」により弓と戦闘する時に戦闘力が20上がる。弓を扱い慣れているからということか。

ファイアーエムブレムヒーローズ

本作でも弓兵として登場。
本作では武器射程が基本「1」か「2」というゲームバランスにおいて、専用スキル「近距離反撃」をもち反撃の距離を選ばない数少ないキャラ。
さらに三すくみの影響を受けない無属性ゆえどんな属性相手でも立ち回れるのが強みである。
タクミのステータスも攻撃&速さが高い優秀なアタッカーであり、サービス開始時は非常に猛威を振るっており、当初は闘技場にタクミが4人いるというデッキが散見されその光景を見たユーザーから、タクミには容姿がそっくりな兄弟がいたなどと言われていた。

しかし、強すぎるが故に対抗策も初期から徹底的に研究されており、
弱点である守備・魔防の低さを突かれ、一撃で倒されてしまうことも多い。
反撃される前に確定で2回攻撃ができる勇者武器を扱えるキャラや超強力な魔法を扱える魔道士や、
無属性を三すくみ不利にできるレイヴン系魔法を扱える魔道士などを苦手としており、
弱点を突けるキャラが限られ気味なだけで決して万能では無いため頼りすぎるのは禁物である。

特にスキル継承が解禁された現在では、レイヴン系魔法を持ち守備が高い男ルフレに「相性激化」を継承されると、
奥義以外で全くダメージを与えられなくなってしまう為、前述のタクミだけの編成だと最悪詰むようになったうえ、
性能を尖らせる継承をして「一撃で倒す」こともしやすくなったので、絶対の強さは無くなっている。
一応、タクミ側も「待ち伏せ」を継承し、逆に一撃で倒せないと手が付けられないユニットにすることなどができるようになった。

ちなみに、習得する奥義は「復讐」である。

ファイアーエムブレム無双



if白夜)の代表として、他のきょうだいと共に参戦。
クラスは弓使い→弓聖。
本作でも「風神弓」が専用武器。

弓と風を利用した多彩な技で広範囲の敵への攻撃を得意とし、無双シリーズの弓キャラによく見られる矢の雨を降らす攻撃もある。強1は溜めると性能が変化し、最大まで溜めて攻撃すると相手のスタンゲージ(金色)を誘発する効果がある。ただしスタンゲージを自ら誘発する手段が覚醒中やデュアルアタックを除くとこれしかないため、強敵の戦闘では相手の攻撃の隙を待つことになりがち。
無双奥義は原作の弓聖の必殺モーションとの共通点が見られる。
ちなみに、奥義を除く全ての攻撃の性能はサクラアンナと同じ。

技の伸びがプレイアブルキャラ中トップ。本作の技は必殺の一撃や無双奥義に影響するステータスなので、奥義の火力は全キャラの中でも屈指のものとなる。力や速さもそれなりによく伸びるが、守備と魔防の双方に難があるというかなり尖ったステータスをしている。

関連イラスト

白夜の弟
髪を下ろしたタクミくん


白夜の弓使い
ふたりの王子



関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif 白夜王国
カムイ リョウマ ヒノカ サクラ
ヒナタ オボロ キサラギ

カップリング・グループタグ

タクカム タクオボ タクエリ タクアク タクミ隊 タクカミ

pixivに投稿された作品 pixivで「タクミ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2101354

コメント