ピクシブ百科事典

カミラ(FEif)

かみら

ゲーム「ファイアーエムブレムif」の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種レヴナントナイト
誕生日11月30日
軍の中で一番お風呂好き
CV沢城みゆき


概要

暗夜王国の第1王女。
主人公(カムイ)の育った国での義姉。
マークスの異母妹で、アクアレオンエリーゼの異母姉にあたる。

大人の色気を醸し出す巨乳の美女。
牛の耳のような髪飾り(プリンセスの冠)を付けており雰囲気は牛娘、あるいは淫魔がモデルだと思われる。また、暗夜王国は「ヴァンパイアが支配しているような国」というイメージで作られている為、名前は女吸血鬼の「カーミラ」が元ネタだと思われる。

奔放そうな見た目とは裏腹に、性格は家庭的でおしとやか。その一方で戦闘では容赦なく敵を蹴散らす。無限峡谷で彼女の戦闘での一面を知った主人公は、これを見て驚愕している。
淑女の嗜みの一環として、パッチワークや刺繍が得意。料理も並以上にこなせる。

血が繋がってはいないものの、主人公であるカムイを姉として溺愛しており、彼(彼女)を守るためなら他者を殺す事も厭わない。殆どの支援会話の内容もカムイ絡みとなっている。
カムイの方は家族として愛してはいるものの、過剰な愛情表現に困惑気味である。
こうなってしまったのは、自分が幼少時に愛されなかった事が原因の、自己愛から来る歪んだものであるようだが、後に否定されている。
その溺愛っぷりは、主人公が自身の許を離れるだけで塞ぎこんでしまう程。最早依存の領域に達している。

母親はガロンの正妻・エカテリーナ派の妾の一人。故か王城内での立場は低かった。
カミラ自身は母親に大切にされていたものの、同時に権力争いに利用されていた為か、自分は母にとって父を繋ぎ止めるための道具に過ぎないと思いながら育った。そのため自分よりも不遇な立場に置かれた主人公に対し、異常とも取れる執着を抱き、度を過ぎた溺愛ぶりを発揮するようになったと言う。
母親はレオン・エリーゼの母との仲が悪かったが、彼女自身の兄弟仲は良好でありマークスからは同じく長子としての立場を分け合う関係にある。
威厳を保つため、あえて兄弟たちとの距離を測るマークスに代わり、家族のことを任されており、弟妹たちの相談を受けたりと、上の姉として、面倒見の良さを発揮している。
全ての兄弟の中で唯一アクアとの支援がないが、DLC「絆の暗夜祭」ではアクアとの会話がある。

小さい頃から危険な場所でよく遊んでいたらしく、肝試しでやってきた恐ろしい雰囲気が漂う霊山を「半端」呼ばわりする程。人骨が転がるというフランネルの故郷の話を聞いたときも「血の匂いは嫌いではない」と平然としていた。逆に祭りなどの人が多い場所が嫌いで、理由は父の妾同士が鉢合わせになりいがみ合うのを見たくなかったからである。

白夜篇ではカムイを取り戻す為に、白夜の人間を皆殺しにしてしまおうとするなど残虐性を露わにする一方で、彼(彼女)が暗夜にいた時から何一つ変わっていないことをすぐに理解するなど物分かりも良い様子を見せた。カムイ達との闘いで気を失い、臣下のベルカとルーナに運ばれた後、エピローグでレオンとともに白夜王国の戴冠式を見ていた
透魔篇では、父から暗夜王国を裏切った主人公の抹殺を命じられ、不本意ながらフローラや配下と共に主人公一行を襲撃するも、敗北。任務に失敗した為、国に戻って処刑されるくらいなら主人公の手にかかることを望むが、主人公から一緒に来て欲しいと言われ、臣下共々同行するようになる。

上記の面倒見の良さと合わせ、総じてヤンデレという印象からは意外なほどの良識派であり、そもそもが奇人・変人揃いの暗夜軍において、主人公絡みでなければ常識人の類に分類される。
一方で怒った時は物凄く怖いらしい。まあ「主人公を暗夜に戻す為に白夜軍を皆殺しにする」とか言い出す人なので分からなくはない。
故に敵対すれば容赦ないが、落ち着いて話ができれば理解はしてもらえる。

直属の配下はどこかで見たことがあるような見た目の勝気なマーシナリー・ルーナと、自身のお気に入りであるドラゴンナイトのベルカ
どうやら可愛いくて強い女の子が好みらしく、白夜の王女であるヒノカもまた好みの顔らしい。
その点では同じ暗夜軍のナンパ好きな青年その青年の娘に近い。

ただ、この女の子好きが行き過ぎている傾向が見られる。
暗夜軍師であるマクベスからは「好色」と見下される程。
とは言えさすがに同性婚はできない。
ただし未婚であった場合、エンディングでは…。

軍の中で一番、お風呂好き。
特に溺愛する主人公に対しては男主人公だろうが容赦なく共風呂に誘っている。

ちなみに、公式イラストで装備している武器は「銀の斧」。

上記の性格とそのスタイルから人気投票での上位が期待され、公式人気投票女性部門での順位は女カムイに次ぐ2位となった。
そのためDLC『絆の暗夜祭』ではヴァンパイア風の仮装イラストが披露された。
ちなみにその着替えの最中『行商人の声があの子(おそらくルーナ)に似ている』というメタ発言がある。そのルーナとの会話ではある男の事を知る事ができる。
ファイアーエムブレムヒーローズの人気投票企画『英雄総選挙』ではifの女性キャラではトップの4位にランクインした。

DLC「絆の白夜祭」での各子供との会話では、カミラの強い家族愛と敵への苛烈な一面が受け継がれている。祭を荒らす賊に対し「皆殺しにしてやる」といった物騒なことをいったりしている。
なお、カミラの娘となった子世代の中には、彼女のお陰で「胸の成長が良い」と言う子も。

ユニット性能

初期兵種はシリーズ初登場となるレヴナントナイト。
簡単に言えば魔法も使用できるドラゴンナイトである。故に使用できる武器は斧と魔法。
上級職参入ではあるものの、支援は遜色なく組める。但し両兄弟の中では唯一サクラと支援を組む事ができない。

主に力・技・速さ・魔防が伸びやすく、他の能力上昇も極端に悪いわけではない。ただ魔力と幸運に下降補正がかかっている点には注意。
敵の必殺攻撃には注意が必要。

しかしレヴナントナイトはドラゴンナイトと魔法職の利点と欠点を合わせた結果、全体的にやや物足りないバランスで纏まってしまっているのが難点。
全能力のバランスがよい飛行兵で、王族なので龍脈も使えるためあらゆる局面に出番がある点は便利だが、器用貧乏な面もある。
前述の通り魔力の伸びはあまりよろしくない為、あえて物理特化にしていっその事ドラゴンマスターにしてしまうのも手。あの官能的な鎧ではなくなってしまうが。
(ちなみに、CCすると「胸が入ってひと安心だわ……」という発言が飛び出す)

レヴナントナイトのまま育成する場合も、力>魔力という状態はまず変わらないので基本は斧で立ち回る事になる。魔力を活かす場合は、斧レベルを活かせるボルトアクスを装備すると良い。
と言うより本作で(ほぼ全員が集まる透魔篇ですら)ボルトアクスをまともに扱えるのは彼女一人だけと言っても過言ではない。

固有スキルは、隣接する味方の与えるダメージが+3、被ダメージが-1になる「妖艶な花」。
エリーゼの「可憐な花」とは対になっている。
効果は優秀だが、兵種の性質上単独行動が多くなりがちなので意識しないとやや使いにくい。

上級職相応のステータスを持ちながら暗夜篇・透魔篇共に参入が早いため、特に高難易度では彼女の存在が明暗を分ける場合も。
但し弓やドラゴンキラー等、ドラゴンナイト系統故に多い特効に注意。
(一応白夜王国第一王女と違い資質のダークマージも経由すれば剣殺し、弓殺し、魔力封じとある程度は自力で補完可能。他キャラ同様取れればと言う話にはなるが、魔符のスキル継承を介して加入後に取得することは可能)

彼女の名を冠した武器である「カミラの艶斧」は女性しか装備できない、戦闘後に使用者の能力が一時的に減少する、などのデメリットがあるものの、高い攻撃力、装備中に魔法防御にプラスの補正がかかること、そして斧の中でも屈指の命中率(実質二位 金棒は除く)を併せ持つ強武器。マイキャッスルなどで拾えたらラッキー。

余談

カミラの声優を担当した沢城みゆき前作マイユニット女の声も担当していた。
また彼女の名を冠した章である「暗夜王女カミラ」は白夜王国篇の中で一番の鬼門にあたる。

まず第一に彼女の部隊に合流したハロルドエルフィの説得。
(なお、これについては、説得せずに倒してもストーリーに関係しないが、後味がいささか悪くなる…)

第二に臣下のベルカとルーナが防陣を組んでおり、射程に入ると襲ってくること。彼女たちは一般兵よりもステータスが高く、装備している武器も強力である。さらに、ルーナは強者の弓(飛行特効・2回攻撃)を装備している為飛行ユニットでは戦いづらい(そういう意味ではハロルドやエルフィも同様であるが、彼らは防陣を組んでいない)。その上、カミラの射程範囲に入っていると、彼女も突撃してきて目も当てられないことに…。しかも、この章のクリア条件が敵全滅となっているため、最後まで油断できない(以降の章では敵将を倒すことがクリア条件となっている)。

第三にこのステージの竜脈。
このステージの竜脈は三つ存在し、左、中央、右、と三本ある通路のそれぞれに対応している。対応した竜脈を起動すると、その通路が大爆発を起こし、その通路内にいる敵ユニットに一律10のダメージを与える。その上、その通路上にある遮蔽物が木端微塵に吹き飛ばされるため、射程の計算が狂い、思わぬ攻撃を受けることになる。 (スタート地点近くの右にあるくぼみでダメージを避けることが出来るが。)ノーマルでは一度使うと、その竜脈は1ターン使えなくなるが、ハードモード及びルナティックでは毎ターン連続して放ってくる。

第四に敵の質の高さと数
カミラが率いる直属の部隊は騎兵と魔道士で構成されている。ハードやルナティックでは特定のターンごとに増援によって騎兵と魔導士がさらに増える。防御の高いユニットで通路にふたをして、やり過ごそうとすれば、魔法が飛び、水路に面した広い通路に出れば、上述の竜脈と、騎兵の波状攻撃が襲いかかってくる(上記のハロルドとエルフィの説得もこれが原因で行いづらい)。

こうした点から、この章は、白夜王国篇とは思えないほどの鬼門となっている。(似たような章に白夜王女サクラ、ヒノカがあるがどちらも暗夜王国篇なので当たり前)

更に余談

カミラの誕生日は、ロイと同じ日である。

もひとつ余談

某海外アニメの日本語版では中の人的な意味関係が逆転している。

関連イラスト

カミラ
殺しちゃいましょう



関連動画



関連項目

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif 暗夜王国
カムイ マークス レオン エリーゼ ルーナ ベルカ カミラ隊

pixivに投稿された作品 pixivで「カミラ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1215214

コメント