ピクシブ百科事典

ボルトアクス

ぼるとあくす

『ファイアーエムブレム』シリーズに登場する武器である。
目次[非表示]

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』、『覚醒』、『if』に登場する斧。

『蒼炎の軌跡』

初出。それまでの作品に登場した魔法剣(「ひかりの剣」、「ルーンソード」)に対しての魔法斧とでもいうべきポジションの武器であり、間接攻撃が可能である。また、『蒼炎の軌跡』での同じような武器(「ルーンソード」、「フレイムランス」)と同様に魔力依存の攻撃であり魔力が高ければ威力が高くなるのと同時に魔防によってダメージが減少することになる。
『蒼炎の軌跡』では雷属性であることから竜属性を持つキャラクターに対して特効を持つ。

作中ではグローメルという敵将が所持している武器であり、撃破するとドロップする。
ネット上ではこのグローメルのことをボルトアクス将軍と呼びネタにされることが多い。
これについてはボルトアクス将軍の項目を参照にしてほしい。

ちなみにいざ、ドロップした後の「ボルトアクス」は斧を使えるのが「ウォーリア」や「ドラゴンナイト」系など物理型で魔力がほとんど無いクラスばかりであるため、有効活用しづらく、輸送隊の肥やしとなる場合が多い。抑も、剣と異なり斧については「手斧」、「ショートアクス」、「トマホーク」など間接攻撃可能な物理系の武器が他にある事もありレアではあるが使い勝手はかなり悪い。

覚醒

終盤に登場。こちらも魔力依存の武器であるが同作では雷属性の特効がないため特効は無い。しかしながら今作では「バトルモンクバトルシスター)」という魔力が高めの斧利用クラスが登場したため、使い勝手は向上している。「バトルシスター」や「バトルモンク」になれるキャラクターは力が低い者(リズマリアベルなど)も多く、その場合「トマホーク」などの物理系の斧よりも「ボルトアクス」の方が高い威力を発揮出来ることが多い。

本編中では『蒼炎の軌跡』と同様ボスがドロップアイテムとして落とす形でありボルトアクス将軍の二の舞ではないのか……と思われたが、今作で「ボルトアクス」を所持しているアルゴルは「バーサーカー」でありながらステージ中の「ソーサラー」(純魔法職)を超える程の魔力を有しており元々高い威力も相俟ってかなりの高威力となっており、ボルトアクス将軍(笑)とは似ても似付かない実力者である。

本編中で手に入る「ボルトアクス」はこの1つだけであるが、行商人から稀に買える他、名声ボーナス(1本限り)、DLC「無限の神器」で入手出来ることがある。
また7月26日より配信された配信チームのラーチェルより購入可能となった為、レア度は大幅に落ちるが使い勝手は向上したか。

if

ifでは武器耐久の廃止や3すくみの大幅変更が行われた中続投された。性能の詳細は下記に記載されているが武器レベルは下がったのにも関わらず威力は据え置きとかなり使いやすくなった…
のだったがifではなんと必殺と奥義が一切発動しない仕様になってしまった。
またバトルモンク(シスター)は登場しないのだが変わりに魔力の高いレヴナントナイトという魔竜(=飛行ユニット)や歩兵で魔防封じを生かせる硬めな修羅辺りが候補。
(両職ともに魔法(呪)も扱えるが…)
気になる入手先だが結論から言えば確実に手に入る方法はlv2の暗夜武器屋での購入。建てることが出来ない白夜では入手は中盤の暗夜兵のドロップぐらいしかない…一応戦闘実績を上げておけば3ルートいずれもタダで入手可能。ただ道のりはとても長いのであまりおすすめ出来ない。
(逆を言えば上がってしまえば序盤から手に入るが今度は使い手が…まあ白夜には丁度力が伸びず魔防封じを持ったあの人がいるので修羅になったあかつきに手渡して暴れてもらおう)

性能

登場作品武器レベル威力命中必殺重さ射程耐久備考
蒼炎の軌跡B10700121-225特効:竜
覚醒B14705×1-230
ifC14650×1-2無限必殺(奥義)無し

関連タグ

ファイアーエムブレム グローメル/ボルトアクス将軍 バトルシスター(ファイアーエムブレム)

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルトアクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27418

コメント