ピクシブ百科事典

銀の槍(ファイアーエムブレム)

ぎんのやり

ここでは、ゲーム作品「ファイアーエムブレム」シリーズに登場する武器を紹介
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレムシリーズに登場する武器で特殊な効果は無いが槍としての性能は非常に高い。基本的には中盤以降に登場する武器であるのだが、大体の場合ゲーム開始直後のお助けユニット(パラディンである場合が多い)が持っている武器である。

初心者の場合そのままお助けユニットにぎんのやりを装備させたまま利用してしまい、中盤(下手すると序盤)から主人公が育っておらず苦戦する、ということはよくあることである。一方でシリーズに慣れている人は大体の場合ぎんのやりを外させ、壁役としてお助けユニットを用いる事が多い。

またファイアーエムブレム以外のRPGでも武器としてぎんのやり(銀の槍)が登場する事は屡々ある。

暗黒竜と光の剣では、「ぎんのつるぎ」と同じ攻撃力12で命中、重さで劣る分安い。暗黒竜では槍を使えるクラスは全て剣も使えるため、グラディウス以外の槍は廉価版、サブウェポンという位置付けになっている(「やり」が「はがねのつるぎ」と同威力で重さで劣るが使用回数が多く安い)。武器レベルも「ぎんのやり」は7、「ぎんのつるぎ」は9。

外伝では第4章の迷いの森の宝箱から入手できる。数値は「ぎんのつるぎ」と同じだが、剣と槍を併用できるクラスが無くなった、素の能力値が標準装備の「つるぎ」「やり」を装備した状態というシステムから暗黒竜での位置づけと紋章の謎以降の位置づけの中間と言える。

紋章の謎聖戦の系譜では、槍は同ランクの剣と同じ値段で高威力、重いという扱いになっている。

暗黒竜と光の剣・紋章の謎

【アリティア側】

  • ジェイガン:アリティア出身の聖騎士。アリティア宮廷騎士団に所属している老兵であるが連続攻撃を仕掛けることができる。
  • パオラ:マケドニア出身の天馬騎士。マケドニア白騎士団に所属しており、高い戦闘能力を持っている。
  • アラン:アリティア出身の聖騎士。 連続攻撃を仕掛けることができる。
  • ロレンス:グルニア出身の将軍。シーダの言葉を聴いて、アリティア軍に力を貸してくれる。
  • シーマ:第二部後半に登場。ジオルの娘で、グラが滅亡することを危惧していたがマルスの行動と言葉に驚きアリティア軍に力を貸してくれる。

【ドルーア側】
  • ハーマイン:マケドニア出身の将軍。 レフカンディの城門を守護している。
  • カナリス:グルニア出身の重鎧騎士。 ワーレンの城門を守護している。
  • ドルーア兵:第一部終盤に登場。
  • ジオル:第一部に登場。グラ出身の将軍で、玉座を守っている。
  • 黒騎士団:グルニアの聖騎士。連続攻撃を仕掛けてくる。
  • ミシェイル:マケドニアの現王。 故郷の初代王の名を冠した武具「アイオテの盾」を身に付けて突撃して来る
  • アカネイア兵:第二部の序盤と後半に登場。 対応している全てのユニットに装備されている。

関連タグ

ファイアーエムブレム
銀の剣:同じ銀系装備。 こちらは、剣士や騎士が使うことができる。
銀の斧:同じ銀系装備。 こちらは、戦士や山族及び海賊が使うことができる。
銀の弓:同じ銀系装備。 こちらは、弓兵、弓歩兵、弓騎士、弓騎兵用

pixivに投稿された作品 pixivで「銀の槍(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 303

コメント