ピクシブ百科事典

マクベス(FEif)

まくべす

マクベスとは、『ファイアーエムブレムif』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

暗夜王ガロンの側近でガンズとは同僚。ノスフェラトゥの召喚に長けている。英語名は「lago」

暗夜王国のガロン王直属軍の軍師
ガロン王には絶対の忠誠を誓っており、王に逆らう者であれば王子や王女でも容赦がない。
慇懃無礼かつ猜疑心の強い性格で、白夜王国とつながりのあるカムイやそれを慕うマークスたち王族を危険視している。

また、自国の勝利や目的のためなら手段を選ばないタイプであり、風の部族の戦士たちをノスフェラトゥに見せかける幻術で殺し合わせる(白夜篇、透魔篇の序盤)、白夜王国王都の一般人やリリスを虐殺する(暗夜篇の終盤)、自軍を戦略の駒として扱うなど悪行している為王族からの信用はない。彼が味方となる暗夜編でも終盤ではカムイが逃がした白夜王女・ヒノカを見つけ、カムイ達と敵対する。
小心者であり、死に際はどのルートでも命乞いをする(特に白夜・暗夜篇)。
軍師と言うこともあって彼がボスとして登場する章はいずれも難易度が高い。

過去作のガーネフやファウダーのようなFE恒例の「悪の大魔法使い」ポジションの敵キャラであるが、見たままから推測すると年齢が若いのも、黒幕をするほどの巨悪ではない小悪党タイプなのも、(透魔編にて)中盤で主人公達に倒されて退場するのも初。


ユニット性能

白夜篇では16章と25章、暗夜篇では26章に登場。
クラスは「ソーサラー」だが、魔導書だけでなく杖(暗夜篇のみ)も使用する特殊仕様になっており、実質「ストラジスト」の上位互換。
エクスカリバー」や「ギンヌンガガブ」と言った火力の高い魔導書、妨害杖(ルナティックではHPを半減させる「禍事罪穢」も)などを使用する。なお妨害杖の使用はターンごとに決まっている。
スキルは杖の射程が10マスまで増加する上に使用回数もなくなる「無限の杖」を持っており、高難易度では「呪縛」や「死の吐息」や、「力封じ」のスキルを得ている。
また、白夜篇でタクミと戦うと専用の会話が発生する。
ただし、白夜編16章で登場したときはギンヌンガガブを装備していたのに、透魔編では17章登場なのに一気にランクを落としてフィンブル。ガンズ共々、白夜編から透魔編で(より後の章での登場に関わらず)一気に装備が貧弱になっていることからも余談にある事情が見え隠れする。

余談

中の人はイグニスの声も担当している。

暗夜王国の王族の臣下はほとんどが実力登用だが、マクベスは白夜編20章のアクアの発言より、ドーピングしていることが明言されている。ガンズも3章で名無しのユニットにやられる始末で2人とも透魔編での登場時は装備のステータスも白夜編・暗夜編のそれより貧相。それらの事情からマクベスは本当に実力登用なのかは疑問が残る訳だが物語の真相を知るとガンズとマクベスはその素行の悪さから登用された事が推測される。

関連動画



関連タグ

暗夜王国 ガロン ガンズ ソーサラー

pixivに投稿された作品 pixivで「マクベス(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6817

コメント