ピクシブ百科事典

マーニャ(FE)

まーにゃ

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜に登場する女性。

第3章「獅子王エルトシャン」クリアイベントから第4章「空に舞う」にかけて、シレジア王国天馬騎士の1人として登場する。

このゲームにおける親世代の悲劇性を強調する存在の1人。

ユニットとして

シレジア城所属の中立軍指揮官ユニット。クラスはファルコンナイト。Lv25、指揮官Lv3。
ザクソン城からパメラ隊が出撃してくると、同ターンの中立ユニットフェイズでペガサスナイトを率いて出撃。横陣を組んでパメラ隊を迎え撃つ。この際、パメラとの会話イベントが発生。

マーニャ隊

能力的にはパメラ、ディートバをHP、力、技、素早さ、守備力で上回っており、親世代に登場する天馬騎士の中でも最強。銀の剣に「シールドリング」を装備し、公平な勝負であれば負けはしないだろう。
しかしパメラは銀の槍を振るうため、相性で不利。更に部下は細身の剣&細身の槍装備で、ザクソン軍ターンではパメラ隊の手槍から一方的にダメージを受ける。更に勇者の弓装備のアーチナイト部隊が援軍に来ては、万事休す。

一連のイベントは侵入禁止ゾーン内で行われるため、プレイヤーはマーニャが落とされる様を、指を咥えてみているしか無い。
※死ぬほどの根気があれば、乱数調整でマーニャを生存させることも可能。ただしゲームが進行しなくなるため、詰む。

人物

「私はこういう生き方しかできないのです・・・・・ラーナ様、どうか気になさらないで下さい」

ファルコンナイト・マーニャ

長く伸ばした緑髪を左横分けにし、額にサークレットをつけた美しい女性。シレジア王国が誇るシレジア四天馬騎士の筆頭としてシレジア王妃ラーナに仕えており、末席であるフュリーの姉でもある。共に修行を積んだ次席のパメラからは、強くライバル視されているようだ。

シレジア王子レヴィンからは密かに想いを寄せられていたが、マーニャはそれを知ってか知らずか、その想いに応えることはしなかった。
ラーナとの会話から当人も何らかの秘めた想いを抱えている節はあるようだが、自身の胸の内は表に出さず、むしろ妹の恋路を応援している。

グラン暦759年、アグストリアでシャガール王の武装蜂起を鎮圧したシグルドたちが反乱軍の汚名を着せられると、マーニャは王妃ラーナの使者としてシグルド達の元へ赴き、彼らをシレジアへと導いた。

翌760年。トーヴェ公マイオスの反乱鎮圧の為、セイレーン駐留中だったシグルド軍がトーヴェへと出撃。その隙にザクソン公ダッカー(FE)クーデターを画策。王都シレジアにパメラ率いる天馬騎士隊が迫ると、マーニャは部下を率いて迎撃。

マーニャは部下とともに騎士として正々堂々、正面からの戦いを挑むが、横合いからダッカーが呼び寄せていたユングヴィ公アンドレイと弓騎士団「バイゲリッター」の攻撃を受ける。
それでもマーニャは四天馬騎士筆頭として誇り高く戦い続けたが、次々に部下は落とされていき、自身も奮戦虚しく力尽きる。

深い雪の中に斃れたマーニャの口から最期に零れた言葉は、愛する妹の名と、レヴィンの名前だった。

天馬マーニャ

ペガサスナイトお休み中

フィーは自身の愛馬伯母の名をつけており、8章「トラキアの竜騎士」の独白イベントではマーニャの名が「シレジアの英雄」として語り継がれているらしく事がわかる。
ちなみに、フィーの代替ユニットであるフェミナの愛馬も同様に「マーニャ」と名づけられているが、この独白イベントはない。

備考

  • 大沢美月版のコミカライズではマーニャが槍(十字の銀槍)、パメラが剣となぜか装備が逆転している。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 聖戦親世代
マーニャ 緑髪 ロングヘア 女騎士

関連記事

親記事

シレジア四天馬騎士 しれじあしてんまきし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マーニャ(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38610

コメント