ピクシブ百科事典

ディートバ

でぃーとば

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜に登場する女性で、外伝にあたるトラキア776でもその名が語られる。

聖戦の系譜では第4章「空に舞う」で、シレジア王国天馬騎士の1人として登場する。
外見は女性版汎用タイプ(男性で言えば七三分けボス)で、緑のショートボブカット(もみあげなし)に緑の瞳の持ち主。
汎用タイプにもかかわらず、公式設定資料集「TREASURE」ではパメラと並んで描き下ろし全身イラストも公開されている。

ユニットとして

トーヴェ城所属の敵指揮官ユニット。クラスはファルコンナイト。レベル21、指揮官レベル3。
配下のペガサスナイトで蜂矢陣を組み、セイレーン城に向かって侵攻してくる。

Fナイト故に素早さが高め(21)な上、銀の剣(重さ3)を装備している為、兵種スキル「連続」(発動確率38%)に気をつけよう。
また、「祈りの腕輪」を持っているため、仕留めきれずにHPがカス残りすると攻撃が当たらずに大変なことになる場合もある。

センシティブな作品

とはいえ飛行系ユニットだけに、弓で撃ち落としてしまえばそれまで。お誂え向きに、直前のマップで神弓イチイバル使い手も加入しているので、苦戦はしないだろう。配下が少なくなるとトーヴェ城に戻り、増援を連れて再出撃してくる。配下のPナイトはHPが低く、トーヴェ城近くまで追い詰めておけば武器の撃破数稼ぎにもってこい。特に弓系はパメラ隊と並ぶ稼ぎ所の1つ。

フュリーとの間には戦闘会話が発生するので、一度は見ておきたい。

人物

「ふっ、泣きむしフュリーが大きなことを!笑わせるんじゃないわよ!!」

天馬騎士ディートバ

シレジア王国が誇る天馬騎士団の頂点「シレジア四天馬騎士」の1人。序列はマーニャパメラに次ぐNo.3。末席のフュリーに対しては、対抗意識が強かったようだ。登場時点ではトーヴェ公マイオスに仕え、トーヴェの天馬騎士部隊をまとめ上げている。既婚者であり、娘が1人いる。

グラン暦760年。セイレーン城がどうしても欲しいというマイオスの命を受け、セイレーン城を奪取すべく出陣。城近くに潜ませたクブリ率いる風使い部隊との連携を図るが、セイレーンに駐留していたシグルドたちに各個撃破されてしまい、ディートバも討死する。

トラキア776

トラキア776では既に故人。レンスター城門を守るフリージの将軍ニカラフの言葉から、「かつての内乱で逆賊シグルドに討たれた」と伝えられている事がわかる。
トーヴェに遺した娘のミーシャは立派に成長。祖国シレジアはグランベル帝国に滅ぼされたが、残った天馬騎士団を率いる将軍となり、帝国の傭兵に身を落としながらも母国の子供たちを守る為、懸命に戦い続けている。
後世には母と同じ「シレジア四天馬騎士」の1人として伝わる。しかし、もしもミーシャが志半ばで斃れた場合は
「フフ…私も… ディートバ母様の… ところへ…行くのね…」
と呟き、ディートバは愛娘と哀しき再会を果たすこととなる(かどうかはプレイヤー次第)。

備考

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 聖戦親世代

関連記事

親記事

シレジア四天馬騎士 しれじあしてんまきし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディートバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35288

コメント