ピクシブ百科事典

覇者の剣

はしゃのつるぎ

ファイアーエムブレム封印の剣のスピンオフによる漫画作品。単行本全11巻。
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレム封印の剣のスピンオフコミックとして2002年から2005年にかけて月刊ジャンプにて連載された封印の剣のもうひとつのストーリー。

原作は井沢ひろし。作画は山田孝太郎

作中の舞台は封印の剣と同じ時間軸ではあるが、連載中に烈火の剣が発売されたため、一部烈火の剣からのフィードバックも存在する。

封印の剣のゲーム中に登場する少し威力があり回数の多い武器と杖の「アルの剣」「ガントの槍」「ティーナの杖」はこの作品からの出展となる。
ちなみに、ゲーム中のアイテムはあくまで名前だけの出展であるため特別なアイテムというわけでもないが、入手の際に語られる元の持ち主のエピソードは漫画中でしっかり描かれている。

また読者プレゼント企画では、ゲームクリア後に遊ぶことの出来るフリーマップとして作中に登場した要塞の攻略戦が入った特別バージョンの封印の剣が用意されるなどした。

ストーリー

ベルンの侵攻により戦乱のときを迎えたエレブ大陸。リキア地方の山奥に住む少年アルは、15歳の誕生日を期に世界を見たいと旅に出る。父から餞別として与えられた一本の剣を手に山を降りたアルは、その剣がかつて1000年前に起きた人竜戦役で使われたものと知る。

主な登場人物

  • アル

主人公。リキア地方の山奥で暮らしていた少年。
15歳の誕生日を期に旅に出るが、後に大きな戦乱の渦に巻き込まれていく。
山育ちのため世間知らずで我が道を行くを地で行く性格。やらないであきらめることが嫌いなため、幾度となく訪れる困難にも難度も立ち上がり向かっていき、やがてベルン戦役に大きく関わっていく事となる。

実は1000年前の人竜戦役において、人類側のリーダーで覇王軍の将にして英雄のハルトムートが始祖竜の末裔の娘との間に儲けた子。つまりマムクートのハーフである。
初期クラスは「???」だが、物語中盤、炎の紋章を手にしたことをきっかけで、「ドラゴンロード」へとクラスチェンジした。
しかし体への負担が大きく、一度は死にかける。その後、ナバタの里にて賢者アトスより竜石を授けられたことで、復活。竜石を使うことで力の制御を行っている。
力を解放すると髪が伸びるという副作用がある。

竜石を使うものの、ほかのマムクートのように通常竜化はしないが、封印の剣により再び封印されそうになった際には竜化寸前のところまで行ったことはある。

物語終盤、戦争の影で暗躍し、始祖竜の復活をもくろむ骸黒の民との戦闘により、一時行方不明となるも、2年後に生還。ベルン戦役における功績が認められ貴族となり、ティーナと結婚する。

  • ガント
アルの最初の仲間となったアーマーナイト。
タニア領の騎士だったがベルン侵攻によりタニア陥落後は、君主の娘であるティーナ姫の身柄を考えて敵軍に身を置いていた。しかし、仕えていた領主に騙されていたことに激怒し反逆。アルに救われたこともあり、行動を共にしながらベルンと戦い続ける。
戦時中に助太刀したラグナ領の娘セルディア姫に惚れられ、求婚を受けるも、主君への忠誠心から一度は拒否しているが、骸黒の民との戦いが終わったあとにセルディアと結婚。8人の子宝に恵まれた。

アルが不在の戦闘では八面六臂の活躍をすることが多く、十数人がかりで使う破城槌を一人で担いで(しかも燃えている)城門をぶち破ったり、ドラゴンナイトの一撃を受け止めるや否やドラゴンごと持ち上げて壁に叩きつけるといった怪力を生かした描写が多い。

作中最も容姿が変わった人物の一人。初登場時は大柄で短足、アーダンをいくらかマイルドにして尻顎にしたような厳つい風貌をしていたものの、作者自身がネタにするほど回を追うごとに足が長くなり、強面の見てくれもいつも間にか渋みを持たせたイケメンへと変化しており、もともと大柄だった体格もさらにでかくなるという変化を遂げている。

  • ティーナ
本作のヒロイン。タニア領領主の娘で、ガントの幼馴染。16歳。クラスはプリンセス
タニア領がベルンの侵攻にあい陥落後、グライゼル処刑場にて捕らえられていたが、アルたちによって救出される。
お転婆な性格であり、初登場時にはアルを杖で殴るなどしている。初期は回復の杖と細身の剣による戦闘が主だが、終盤にはゲーム中にも登場する光魔法最強の神将器のひとつであるアーリアルを使いこなすようになる。

戦後はタニア復興に尽力し、戻ってきたアルと結婚する。

ちなみに彼女のクラスであるプリンセスは聖戦の系譜で登場するクラスであり、剣と杖が使えるが、封印の剣ではクラスそのものが存在しない。もしかしたらマスターナイトに慣れるのかもしれない。

初登場時から胸は谷間が描かれる程度の大きさではあったが、回を重ねることに巨乳化している。

  • キルマー
西方三島でアルと出会った剣士。この作品で言うナバール系
故郷と恋人を失い無気力となり鉱山で鉱夫として強制労働につかされていたが、アルとの出会いにより内に秘める熱をたぎらせ再び剣を取る。
初登場時はヒゲ面であったが、アルと共に鉱山を制圧した後は髭をそり、いかにもなキルソード剣士になる。
作中ではそのすばやさを生かした電光石火の剣戟による活躍が目立つが、単行本のクッションページに描かれている彼の初期ステータスの速さは、剣士Lv20でなんと11である。ちなみに、封印の剣の初期剣士(Lv4)のルトガーの初期速さは13。また、戦争終了後の西方三島に戻るが2年後に病没という衝撃の後日談など、妙にネタ方面でが目立つキャラだったりする。

その他

いわゆる、初期と後期で作風が違う漫画のひとつ。ガントのイケメン化、ティーナの巨乳化などがよくネタにされる。
そのほか、ネタにされるのは鎧の破損描写が陶器っぽい、断末魔が変(「けぽぉ!」「はぐべびほぼ!」等)など。

関連タグ

ファイアーエムブレム
封印の剣 烈火の剣

pixivに投稿された作品 pixivで「覇者の剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44807

コメント