2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:行成とあ(FEヒーローズ)
クラス:ヴァルキュリア

概要

封印の剣主人公であるロイヒロインリリーナに戦い方を教えた師匠であり、エトルリア王国の三軍将の一人、魔道軍将である。
国王や王子という個人に忠誠を誓う他の三将軍と異なり、エトルリアという国家それ自体に仕えている部分があり、エトルリアでクーデターが起きて国王が人質とされた際も、エトルリアがベルンに統治される危険性を憂いてクーデター側にはつかず最後まで抵抗した。

チュートリアルモードではロイに戦い方を指南しており、オスティアの反乱鎮圧直後を狙って攻めてきたナーシェン率いるベルン軍からリキアを守るため駆けつけ、これを退ける。

しかし物語中盤、エトルリアでクーデターが起き、ミスル半島の城に籠城した際、イベントでゼフィールに物の一発で撃破されてしまう。その後ロイの到着によりセシリアは救出され、ロイの軍勢に加わることになるが、よく考えるとあれだけのオーバーキルで生き残れたセシリアはある意味タフであると言える。

主人公のロイとは支援会話もあり、支援をAにすればエピローグが変化する。魔道軍将に就任してすぐ弟子の救出なりクーデター問題なり苦労が多い人。下記の通り戦力としては悲惨だが、ストーリー上では何度も助けてくれるため、部隊を率いる将軍としての適正は非常に高いと思われる。(そうでなければチュートリアルで指南役しないだろう)

ユニットとして

  • 上級職ヴァルキュリアLv1で登場するが、肩書きの割に弱い、弱すぎる。大抵イケメンや美人が良成長しやすい傾向にあるFEで、美人(しかも20代)なのに成長率も悲惨。
  • ちなみにクラスチェンジ前のステータスを逆算するとHP26 魔力8 技5 速さ8 幸運10 守備5 魔防10 杖Dクラリーネ(トルバドールLv20の期待値)にHP、魔力、守備で勝ち、他に劣る。
  • 更に酷いことに、ハード15章の名も無きエトルリア軍のヴァルキュリアに素で能力が負けるというなんともだらしない状況。ノーマルでも敵ヴァルキュリアに毛が生えた程度
  • トドメには、20年前の魔道軍将であったパントの初期値に対し、ほとんどのLv20でのステータス期待値がそれを下回るという酷い有様。まあ、あっちはあっちで強すぎなのだが。
  • ただ、封印の剣のゲームバランス上、高機動力で回復役が可能なヴァルキュリアというクラス自体が非常に強い。杖をメインで使うなら魔力で優る分同職のクラリーネに対抗できるため(クラリーネが低いというのもあるが)、ステータス的に「弱い」のは確かだが「使える」ユニットでもある。
    • 初期上級縛りやCC禁止縛りをする場合、貴重な回復役となる。


ネタキャラとしてのセシリア

  • 前述の弱さに加えて、ストーリーでも第13章でゼフィールに掠り傷一つ付ける事が出来なかった上に必殺の一撃で一発で沈められる(命中したとしてもノーダメージ)。そして「つ、つよすぎる…」の一言とともに気絶。いきなり印象が悪い。
  • 一方で同じ三軍将の一人、騎士軍将のパーシバルはパラメータは元から優秀でありハードであれば更にハードブースト(敵から寝返るため難易度が高いとパラメータが高い状態で寝返る)がかかり、叩き上げのソシアルナイト4人より魔防の初期値期待値共に高く、終章のメンバー候補にもできる強さ。
  • 大軍将のダグラスは特記するほど強くなく、老齢であることを思えば仕方ない。
  • まだ若いはずの魔道軍将セシリアが弱い事はネット上で度々ネタにされ、「そので地位を獲得したのでは?」や「魔道軍将というより魔乳軍将」など言われ、封印の剣ではヲルトに並ぶネタキャラとなっている。
  • そして運の悪いことに彼女の加入する第14章で強制出撃となるが、騎馬系に不利な砂漠のマップとなっており、なおかつ25ターン以内(かつソフィーヤ生存)でクリアしないと外伝に行けないマップであることからやっぱり足手纏いとなってしまう事が多い。せめてこの段階でリブロー(杖B)が使えれば少しは役に立つのだが杖のレベルはC。せめて理属性のレベルと同じにしてくれと思うプレイヤーも少なくはない…。トーチを持っているなら砂塵を払うくらいはできる。
  • 前述のロイと支援をAにするとエピローグが変化し結婚するのだがそれまでそんな素振りを一切見せずにまさかの結婚となるため、ショタ好きなのではないか、という疑惑を持たれる等散々なネタキャラである。
  • 異様に能力値が低いのはゼフィールに倒された時点で死亡して物語から退場予定だったがロイがエトルリアに介入出来なくなるため味方として入る事になったのではないかという考察もある。


漫画『覇者の剣』では

  • 正義の勇者さんと呼んであげた初対面の主人公アルにキレーなおばさんと返されてショックを受ける等早々酷い扱いを受けるが、破竹の勢いで聖王の道を突破するなど流石に魔道軍将の肩書きに相応しい扱いを受けている。
  • その扱い、並の強さじゃないこれが三軍将の実力か敵だったらと思うとぞっとすると言われる程である。漫画ではこんな扱いなのに原作ではどうしてこうならなかった
  • ゼフィールとの戦闘では「止まりなさい、これ以上進んだらあなたは…死にます。」と言い放ち果敢に戦うが、エルファイアーで火だるまになった姿を見て慌てふためくナーシェンをよそに、当人にはまったく効いておらず、ここは原作通りに倒されてしまう。
  • なお三竜将のマードックを相手に苦戦するロイに対してアドバイスを送って勝利に導くなど師匠らしい活躍もしている。


ファイアーエムブレムヒーローズでは

王国の娘 セシリア

私はセシリア。
 エトルリアの【魔道軍将】です。
 あなたがこの軍の指揮官かしら?

ファイアーエムブレム ヒーローズ / セシリア



属性
兵種魔法/騎馬
武器グルンレイヴン+→魔道軍将の書(専用)
補助魔防の応援
A攻撃3
B離脱の行路3

初期から登場。
緑属性の魔道士枠として登場。原作同様に騎馬の魔道士だが杖は使えない。
LVが上がった時やホーム画面ではやたら年齢を気にする

彼女が扱う魔法「グルンレイヴン」は三すくみ無視扱いの黒属性に対して有利をとれる為、2属性に対して強くなれる。
また「魔防の応援」で仲間の魔防を強化できるほか、HPが減った場合は仲間の隣接マスに
移動力を無視して移動できる「離脱の行路」をもち切り込み役として優秀である。

が、原作のネタっぽさが災いしているのか定かではないが攻撃・魔防以外の能力がかなり低く、特に速さの低さが災いして追撃をしにくく、受けやすいため攻撃する相手は選ぶ必要がある。
(彼女に限った話ではないが、本作の騎馬は移動力が高い代わりにステータス合計が低めになっている)

騎馬パで運用する際のライバルとなるのは同じ緑の騎馬魔道……なのだが、なんと、ヒーローズ開始から11ヶ月に渡り、緑の騎馬魔道はセシリアのみであった。よって、一切ライバルの心配なく、緑騎馬最強ユニットとして君臨し続けていた。
2017年末になってようやく、強力な専用武器を持つ緑騎馬魔道の伝承英雄スリーズが登場。とはいえ、伝承英雄はゲーム中で確率的に最も召喚しにくい上に期間限定であるため、早々簡単には手に入らない。だが武器スキルの『ブリザード』は敵がかかっているデバフの数値分強くなるという逆ブレードという能力傾向がセシリアと大きく違うため運用方法が異なり、使い分けと言う形で共存出来た。
2018年2月のバレンタイン超英雄召喚では、彼女の弟子であるリリーナが緑騎馬魔道として実装されたが、能力的には微差。攻撃性能は少しだけあちらが高くサポートも出来るが、受けから入る分にはセシリア有利となっている。

2018年4月のトラキア776英雄召喚では、すでに青騎馬魔道で実装されていたオルエンが緑騎馬魔道版で、「グルンブレード+」の完全上位互換である専用武器「雷旋の書」を携えて登場した。専用武器が強力な上にセシリアよりも速さが10も高いので、ブレード運用でいく場合はあちらの方がほぼ優位となってしまった。
とはいえ、速さ以外の受け能力(HP・守備・魔防)は全体的にセシリア優位のため、レイヴン運用でいくならまだセシリアにもアドバンテージがある。

また、スリーズとバレンタインリリーナは期間限定★5、緑オルエンも恒常ながら★5限定なので、恒常で★3~4が出る上に英雄戦で必ず入手可能なセシリアのお手軽強キャラっぷりは変わらない。
どのように運用するにせよ、原作とは打って変わって魔道軍将の名に恥じない活躍を見せてくれるだろう。

2020年8月のアップデートで専用武器「魔道軍将の書」が登場。グルンレイヴンの上位互換かつ飛行特効が追加され、特殊錬成効果は相性激化3になる。これにて無属性かつ青属性に有利に立ち回れ、飛行ユニットにも対応出来るようになる個性を得た。Aスキルで色々な構成にするのもあり。

冬祭りの指南役 セシリア

ファイアーエムブレム ヒーローズ / 冬祭りの指南役 セシリア


私はエトルリアの【魔道軍将】セシリア。
 冬祭りをどう楽しんでいいか分からない?
 いいでしょう、私が教えてあげるわ。

属性
兵種暗器/重装
武器冬祭のブーツ+
奥義氷蒼
A攻撃魔防の絆3
B守備の謀策3

2018年12月に登場したクリスマスの超英雄版。セシリア初の超英雄。戦渦の連戦+の報酬として配布された。暗器の重装ユニットはハロウィンverのカゲロウに続いて二人目。


通常版とステータスを比べるとHP守備魔防は上がった。

「冬祭のブーツ」は隣接する味方の数に比例して守備魔防を加算するアウル系と似た能力。Aスキルに攻撃魔防の絆を持ち、魔防が高めなため魔法壁として運用できる。武器錬成することで耐久の底上げも可能。
暗器なため近接武器のユニットや重装特効持ちには注意。さらに無属性ゆえ優劣が付かない為、武器効果を活かせないと思ったほど耐えられなかったりするので位置取りは慎重に行おう。が、「守備魔防が高水準で聖杯で揃えられるお手軽耐久ユニット」ということで飛行城の防衛ユニットとしては高位でも割りとよく見られる

しかし性能以上に目を引くのがその胸元であり、前述した胸で地位を得たネタを意識したのか定かではないがある意味ネタが半公式化してしまった事になる…が、真相は謎のままである…。

エトルリアの花嫁 セシリア

直近のFE落書きまとめ2


属性
兵種魔法/騎馬
武器花嫁のカトレア+
補助攻撃魔防の応援+
B攻撃魔防の大共謀3
C攻撃魔防の奮起3

2022年5月から登場した超英雄版でクリスマス版から約3年半ぶりの登場となる。
星4からも排出される。

通常版とステータスを比べるとHP攻撃魔防は高くなったが守備は下がってしまった。

花嫁のカトレアは自身のHPが25%以上で戦闘中、攻撃魔防+5、かつ攻撃魔防が自分が受けている強化の値だけ上昇するブレード効果。応援でサポートと妨害、そして自分を強化する魔道軍将に相応しい何処にいても活躍が出来る。

弱点は守備が紙耐久で騎馬特効と弱点も多い。レイヴン効果もないので無属性の相手には少し弱くなった。

スキル素材としては★4で攻撃魔防の応援と大共謀がとれ、★5なら応援+も入手可能。応援+系は汎用スキルとしては最高査定値なので、素材としていくらか確保しておくと良いかもしれない。

関連イラスト

パーシバル×セシリア
発光するセシリアさん



関連タグ

封印の剣 パーシバル ダグラス ロイ リリーナ 師匠

関連記事

親記事

エトルリア えとるりあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「セシリア(FE)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「セシリア(FE)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1588887

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました