2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

三つ編みおさげが特徴の女児。
父子家庭で、国家錬金術師であるショウ・タッカーを父に持つ。
研究に忙しい父にはあまりかまってもらえないが、大型犬のアレキサンダーを友として寂しさを紛らわしていた。

そして『鋼の錬金術師』において、重要な位置を占めるキャラクター

アニメ版の声優は、2003年版はこおろぎさとみ、2009年版は諸星すみれが担当。
諸星すみれは当時9歳のリアル女児だった。
実写映画版の演者は横山芽生が担当。

研究に行き詰っていた父によってアレキサンダーと一緒に「人語を話す合成獣(キメラ)」の材料にされてしまい、元の面影をなくし知能も極端に低下した生き物になる。

いいニーナの日



その姿のまま元に戻る術もなく、父親共々スカーによって殺害される(エルリック兄弟にはただの殺戮のように批判しているが仮に殺されなかったとしても軍によって実験材料にされていた可能性が高かったのでスカーがニーナとアレキサンダーを殺したのも生き地獄を見せたくない上でのの苦渋の決断だった)。
その死は、親しく関わっていたのに救えなかったという悔恨をエルリック兄弟に与え、原作及びFA最終話ではアルフォンス・エルリックが「ずっと忘れることができない」と語っている。

実際の露出は非常に少なく、物語の初期に一話だけ登場したにすぎないが、回想などの形で何度も作中で振り返られ、エルリック兄弟のその後に大きな影響をもたらす重要なキャラクターとして扱われている

アニメ版第1作(2003年版)では、物語の都合上エルリック兄弟は資格を取るまで試験勉強のためにタッカー家に下宿していたため、原作よりもエルリック兄弟との交流が深く描かれていた。下宿途中で誕生日を迎えたエドワードを祝うためにヒューズによってエルリック兄弟と共に彼の家に招待されている。その上で上記のような結末を迎えたために悲劇性が増しており、父親が逮捕された後、研究所に送られそうになった彼女をエドが逃がすのだが、逃げた先でスカーと遭遇し、殺害されてしまう。
原作or2009版アニメでは殺害された後日にエルリック兄弟が通達でニーナの死を聞かされたのに対し、2003年版アニメではニーナが殺害された現場をエルリック兄弟が真っ先に目撃する展開となっている。

センシティブな作品



その後、キメラと化した父が行った人体錬成によって肉体は復活出来たのだが、父に魂を繋ぎ止められるほどの強い意志がなかった為に魂までは戻らなかった。
ニーナが死亡する第7話のED「消せない罪」のサビの部分の映像では元気な姿でエド達と遊ぶ姿が描かれたり、エドが見せる笑顔がいつもと違っていたり、ラストカットがアレキサンダーと共に眠るニーナの姿で締めたりと視聴者の心も抉る演出になっている。

2017年12月に公開された実写映画版の入場者特典として観客に配布される「0巻」では両親と暮らしていた頃のニーナが描かれており、そのエピソードで登場した母親がニーナ似であった。

実写映画版

肝心の映画本編では主な行動は前半は原作・FAや旧アニメ版と変わらないものの、本作ではスカーが登場していないためか、父がエドに制裁されたシーンでいつの間にかフェードアウトしていた。
ニーナのその後については全く触れられなかったものの、父が軍に逮捕された後に脱走していた事と次作でスカーが登場していた事から、おそらく2003年版アニメと同様の末路を辿ったか、もしくは実験材料として軍に移送されたと思われる。

関連タグ

鋼の錬金術師 みんなのトラウマ

関連記事

親記事

ショウ・タッカー しょうたっかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました