ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日産自動車が1988年から2010年までと、2年の中断を経て2012年より生産販売してきた高級セダン
車名の由来は、「頂点・頂上」、「最上級」、「完成」などを意味するスペイン語から取られた。

1988年に発売された初代FPY31型は、当時の日産の高級セダンで兄弟車であるセドリックグロリアの更なる上級仕様として発売。
販売店のブランド別に「セドリックシーマ」と「グロリアシーマ」という名称にされた。
初代の4年間の販売台数は約12万9千台にも及び、この有り様は当時の高級車や高額商品に対する旺盛な需要の象徴として「シーマ現象」とも呼ばれた。

1991年の2代目FY32型以降は「シーマ」として完全独立し、1996年に3代目FY33型、2001年に4代目F50型が登場する。
しかしバブル崩壊後の長引く不況の影響もあって販売数は次第に減少。
販売不振と数年後に施行される最新の安全基準を満たさなくなる事がきっかけとなり、2010年をもって一旦生産販売を終了した。

そして2012年、セドリックの後継車種である2代目フーガハイブリッド仕様車をベースにした5代目HGY51型として復活を遂げる。
現在は2010年に販売終了となったプレジデントに代わって、事実上のスーパーカーであるGT-Rを除いた日本国内での最高級市販乗用車となっている。
また一時期三菱自動車の2代目ディグニティとしてOEM提供していた事もある。

駆動方式はいずれも高級セダンらしくFRベースで、世代によっては4WD仕様もあった。
変速機は4速または5速AT

インフィニティ・Q45(1989-2008年)

シーマの関連車種として、日産の海外市場での高級ブランドインフィニティよりQ45という高級セダンが3代モデルに渡って送り出された。

初代G50型は日本も含めて1997年まで販売されるが、2代目以降はシーマに統合。
車名は残ったが、2代目と3代目は日本での3代目と4代目シーマの兄弟車となる。

また5代目シーマと2代目フーガの海外での兄弟車として、インフィニティ・M(後にQ70シリーズに改名)が登場した。

セドリックシーマ・3.0タイプⅡリミテッド(FPY31)



関連項目

日産 乗用車 セダン 高級車
セドリック グロリア(日産)
フーガ プレジデント

外部リンク

関連記事

親記事

日産 にっさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シーマ(日産)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 484

コメント