2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

SOHC

えすおーえいちしー

一本のカムシャフトで吸気バルブと排気バルブを駆動するレシプロエンジンのこと。

レシプロエンジンにおいて、1本のカムシャフトがピストンの頭上にあるような形態。吸気用のカムシャフトと排気用のカムシャフトを別に設けたものがDOHCである。

解説

昔のレシプロエンジンのカムシャフトは、燃焼室の横のシリンダーブロックに配置されており、長いプッシュロッドによって燃焼室の上にあるバルブを駆動していた。それがOHV(オーバーヘッドバルブ)という形式である。かつてシリンダーヘッド上のカムシャフトを駆動するためにはベベルギアやカムギアトレーンが用いられていたために、SOHCはOHVよりもコストのかかるシステムであった。現在は安価なタイミングベルトやチェーンによる駆動となり、部品点数がOHVより少なくなるので、むしろ小型軽量で安価になり、整備性もよい。

その構造上2バルブ以外は不可能と誤解されがちだが、実際はSOHCでも4バルブ化は可能で、現代まで採用例もある。

OHVよりは高回転向きだが、SOHCは高回転になるに従って吸排気の位相を揃えるのが難しくなるため、1980年代以降、バルブタイミングを吸気側・排気側で別々に調整できるDOHCに取って代わられる傾向がある。かつての乗用車では高機能・上級モデルはDOHCエンジン、廉価・下位モデルはSOHCエンジンというラインアップがよく見られた。

現在の日本車では軽自動車に至るまでDOHCエンジンが主流で、ディーゼルエンジンも新しいモデルはその多くがDOHCである。日本の自動車メーカーでSOHCを採用するのは本田技研工業三菱自動車ぐらいになってしまった。三菱はSOHCで可変バルブ機構の搭載を可能にし、ホンダは高級モデルのレジェンドのモデルチェンジの際、搭載するV6エンジンにSOHCを採用し話題になったことがある。

一方バイクでは250cc以下のスクーターはほぼ全てSOHCである。
また同クラスのMTのロードスポーツやオフロード車でも、車種のキャラクターによってはSOHCが採用されることは全然珍しいことではない。現在では特にコスパをウリにするスズキが積極的に採用しており、ジクサーGSX250RVストローム250など250ccの主力は軒並みSOHCである。

関連記事

親記事

エンジン えんじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました