ピクシブ百科事典

相沢圭一郎

あいざわけいいちろう

相沢圭一郎とは、漫画「湾岸MIDNIGHT」の登場人物である。

概要

CV:鈴村健一

搭乗車種:トヨタスープラ(JZA80)

大学生。愛称はケイ。
「幻の最高速ランナー」と呼ばれた相沢洸一の息子。最高速に生き、そして死んでいった父の後姿を追い、自らも首都高を走り始める。
愛車は自らの手でT78タービンを装備し、スクランブルブーストで最大700馬力を発揮するスープラ(JZA80)。

仲間が次々と首都高を降りていく中でも一人で走り続け、後に父の遺志を継ぎ集まったかつての仲間である山本高木富永らの「本物の」チューニングによって戦闘力を上げてゆく。
チューニング費用は父親と同じく、ホストで稼いでいる。
山本と大田がエンジンをチューンした最大800馬力を発揮するモンスターマシンと化したスープラを駆り、Zブラックバードに挑む。

バトル後、スープラは800馬力と引き換えにCピラーにくっきりと皺が出来るほどボディが歪みきり、バトルには耐えられないクルマになってしまい手放されたが、メンバーにより半分の馬力まで耐えられるように修復、及び父親のセリカXX(MA61)と同じシルバーにオールペンされた上でケイへと返された。

関連タグ

湾岸MIDNIGHT

pixivに投稿された作品 pixivで「相沢圭一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306

コメント