ピクシブ百科事典

クイックデリバリー

くいっくでりばりー

トヨタ自動車がかつて製造していたウォークスルーバン。
目次[非表示]

トヨタ クイックデリバリーは、トヨタ自動車が1982年から2016年まで製造・販売していたウォークスルーバン

概要

バスに似た背の高い車体が特徴のウォークスルーバンはそれまで日本では馴染みのない車種だったが、小口配送大手のヤマト運輸が「室内作業時に(腰痛などの怪我の心配が少ない)腰をかがめる必要がない車両を開発してほしい」という要請に基づいて開発された。
登場時はヤマト運輸専用車という位置付けだったが、後に(ヤマト運輸に無断で)市販が開始された。とはいえ、ヤマト運輸以外にはそれほど普及せず、実質的に終始ヤマト運輸専用車であった。
ヤマト運輸以外では、飲食物の移動販売車(キッチンカー)、主に輸入工具を扱う工具商社のセールスバンやキャンピングカーのベース車輌に使われたが、総生産数からすれば圧倒的な少数派である。

一般向けは2011年、ヤマト運輸向けは2016年に販売が中止されている。

機構など

元々はダイナ/トヨエース系の2トンクラスのトラックのシャーシに箱型の車体を架装したものである。
世代別には1982年~95年までの「初代」、1985~2000年までの「2代目」、1999年~2016年までの「3代目」に、積載量別では1t(1.25t/1.5t)積と2t積(1985年~)に大別される。
1t車と2t車は外観こそさほど変わらないものの、エンジンや駆動系、サスペンションなど殆どが別モノである。

通常の後輪駆動車のほかに、積雪地向けの四輪駆動車、トランスミッションもMT車とAT車が設定されていた。
エンジンはディーゼルエンジンを基本とし、低公害型のLPGエンジン車も設定された。
2t車は、2006年から全車がハイブリッド(日野製)となった。

総じて、用途がごく限られた車両ながらかなりのバリエーションが存在したことになる。

その他

  • トヨタ以外からも、いすゞビギンや日産アトラスウォークスルーバン/アトラスロコといった同種の車両が登場したものの、クイックデリバリーの牙城は崩せず、短命に終わった。
  • トヨタからも、その縮小版とも言えるデリボーイが登場したものの、こちらも長続きしなかった
  • 開発費はヤマト運輸が負担したという。
  • 航空自衛隊で採用されている。


関連項目

バン 商用車

関連記事

親記事

トヨタ とよた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クイックデリバリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント