ピクシブ百科事典

CR-Z

しーあーるずぃー

本田技研工業が開発したハイブリッドカー。HONDAらしいこだわりが随所に見られるスポーツタイプの乗用車である。
目次[非表示]

車名について注意:
本車種の公式の読み方は、シーアール・ズィーである。名前が似ているライバル車種のスバル・BRZはビー・アール・ゼットなので注意。

概要

2010年から発売されているホンダハイブリッドカー。初代インサイト(さらにはその先代に当たるCR-X)の後継車種で、3ドアハッチバッククーペの小ぶりな乗用車。

一応後部座席も搭載しており4人乗りであるが、後席は大人の乗用には耐えない狭さである。ただしラゲッジスペースは広く、後席をたたむとちょっとしたワゴン並みの広さがある。

燃費が良く環境に優しいことを前提にしているハイブリッドカーであっても、運転する楽しさを感じられるスポーツ性能を重視した内容である。外見はとてもスポーツカーらしいのだが、決して「痛快な走りが楽しめる、速いクルマ」ではない。「エコで運転が楽しい、お洒落グルマ」と思って乗るのが正解(開発者いわく「ライバルはミニクーパー」とのこと)。スポーツカーと思って乗ると肩すかしを食らうだろう。

高い環境性能と走りの楽しさを両立させた新世代スポーツモデルとして、第31回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど業界では高い評価を得たが、見た目とは裏腹の非力さにより、国内外ともに販売は低迷している。初期モデルはエンジン出力やトルクがとても貧弱であったが、2012年のマイナーチェンジでエンジン出力が若干向上するとともにモーター出力が大幅に増強され加速感が改良された。2016年6月、同年いっぱいでの生産・販売の終了を発表した。

メカニズム

エンジンは2代目インサイト用のLDA型を改良したLEA型1.5L i-VTECエンジン、ハイブリッドシステムは2代目インサイト・2代目シビックハイブリッド・初代フィットハイブリッドと同世代のIMAシステムを装備。IMAはエンジンとモーターが並行して動くパラレル型であり、通常の自動車と同じトランスミッションが必要となるが、本車種ではその点を逆手に取ってCVTのほかに6速MTも設定されている。

”運転する楽しさ”をテーマに制作されているため随所にホンダらしい遊び心が感じられるこだわりの車であり、ハイブリッドカーでありながらMTも設定されているほか、CVTモデルにはパドルシフトを採用。MTモデルは、この手の車種には珍しく坂道発進補助装置が標準装備となっている。

関連タグ

本田技研工業 インサイト

pixivに投稿された作品 pixivで「CR-Z」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10767

コメント