ピクシブ百科事典

フィエロ

すぽーつかーにみえるえこかー

ここでは、アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」が製造し、「ポンティアック」ブランドからしていた自動車について記述する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

・ブロードウェイのミュージカル舞台「Wicked」に登場するウィンキー王国の王子様。但し、こちらは綴りが「Fiyero」となっている。

概要

かつて「ポンティアック・トランザム」や「グランダム」でスポーツカーを好む若者層から絶大な支持を受けていたポンティアックが、1983年から1988年まで販売していた乗用車。車名の「Fiero」は、イタリア語で「非常に誇りに思う」を意味する。

アメリカで初めてミッドシップレイアウトを採用した自動車である。勿論特徴はそれだけではなく、シャープなデザインとリトラクタブルヘッドライトを採用しているため、一目でスポーツカーと分かるデザインが好評だった。

車重も軽く、手軽にMR車の雰囲気を味わえる車となっており、スポーツカー、ましてや扱いづらいとされるMRには手を出しづらいという購買層から評価されている。更に、街乗りの平均燃費が約13km/Lと、アメ車としては異常なほどの燃費の良さを誇る。このため、本場アメリカでは「燃費リーダー」の異名を授かっている。

また、シートにカーステレオを統合していたり、ボディパネルにカスタムが容易なFRPを採用するなど、革新的な要素を多く取り込んでいた。

問題点

第一に安全性に問題があり(何と508台に1台が爆発していたそう)、ポンティアック自身もリコールを何回か行っている。原因はコネクティングロッド関連の設計の甘さによるもの。

また、スポーツカー然とした見た目に反して、あまりスポーティーな走りができるスペックとは言えない。

エンジンには2.5リッター4気筒(最高出力はたったの93馬力。街乗りには何も困らないが、ミッドシップカーとして見ると余りにも物足りない)の物と、2.7リッターV6(最高出力136馬力)の物が用意されており、ブレーキやサスペンションなどは当時のシボレーの大衆車から流用されたものだった。これらの特徴から、「狼の皮をかぶった羊」等と散々に揶揄されている。ポンティアックのエンジニアをして、「これはマッスルカーじゃなくて、通勤自動車がたまたま2シーターだっただけ」と言わしめる程。

ただ、この時代のゼネラルモーターズは既にシボレー・コルベットを抱えており、下手にV8エンジンなんて積もうものならコンセプトが被ってしまう。顧客が何を求めて、何が一番良いと思うかの塩梅はとても難しいのだ。

それでも、年を追う毎にきちんと改良が施され、5年の製造期間の中で合計370168台がラインオフされた。参考までに、トヨタ・MR2の最初の5年間に於ける製造台数は163000台。実に2倍以上が売れている。後継車としてはソルスティスが挙げられる。

現代における人気

この自動車、40年近くが経つ現在でも一部の層からは絶大な人気を誇っている。

もちろんフィエロマニアが各モデルをコレクションしているのは確かだが、それ以上に、フィエロはレプリカのベースとしての素性がとても良く、スーパーカーを欲する層から今でも支持されている。

そもそも、ポンティアックは1987年から、ディーラーオプションとして「メラ」をフィエロに用意していた。これは、ボディパネルをフェラーリ・308GTB風(というかまんま)に交換するという物で、つまりはメーカー公式でレプリカを作っていたという、全世界を探しても類の無い例である。後に「メラ」はフェラーリ社直々に抗議が入り、生産停止となった。

ボディフレーム、FRPパネル共に交換・加工がし易く、自分で車を組み立てるキットカー文化の栄えているアメリカなこともあり、現在確認されているだけでも

ランボルギーニカウンタックディアブロミウラ
フェラーリ・テスタロッサF40
フォード・GT40

等、数えだしたらキリがない程のモデルが、愛好家たちによって複製されている。

関連タグ

ポンティアック ゼネラルモーターズ アメ車 自動車

MR2 MR-S …レプリカのベースにされやすい車繋がり。

関連動画

1980年代当時のCM


当時の正規ディーラーで使われていたフィエロ・メラの販促動画。堂々とレプリカの宣伝をしていたとは…


参照

Wikipedia英語版ポンティアック・フィエロの記事

関連記事

親記事

ポンティアック ぽんてぃあっく

pixivに投稿された作品 pixivで「フィエロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149

コメント