ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
フェラーリ社40周年記念モデル。

概要

イタリアのフェラーリ社の車種の一つ。

1987年に、創業40周年を記念して造られたスペチアーレ(スペシャルモデル)である。

V8ツインターボエンジン搭載で排気量2936cc、475馬力。最高速度は324km/h。

販売価格は日本の正規輸入車で4650万円。生産台数は1日1.5台。

当時は世界最速の市販車とされた。


当初、生産台数は350台と予定されていたが、世界中からオーダーが殺到したために増産を繰り返し、最終的には1131台という、スペチアーレとしては多い生産数となった。

このため、事実上の限定車であるにもかかわらず生産は1992年まで5年に渡り、途中でマイナーチェンジも施された。


当時はバブル景気まっただ中であったこともあり、並行輸入を含めかなりの数が日本向けに出荷された。

特に並行輸入では短納期の代償に価格が暴騰し、正規輸入の5倍以上にもなる2億5000万円で販売された例もある。

後の値上がりを見越した転売目的で買った人も相当数いたようで、「走る不動産」とも称された。

(当時は土地が継続して値上がりしていたため、借入・土地購入・転売を繰り返して金を稼ぐ「土地ころがし」が横行していた。自動車は動産であるが、F40は土地と同じような投機対象と見なされてこのように呼ばれたのである)

しかし後にバブルが崩壊したことで相場と需要が急落。新車を温存していた投資家たちが相次いで手放し、結果として2000年代に突入しても新車が手に入ったり、再度海外に流出する事態となった。


創業者エンツォ・フェラーリが最後に携わった車ということもあり、フェラーリファンの間でもひときわ特別視されるモデルである。

世界的に有名なモデル故、日本でも知名度が高く、多くの模型メーカーが製品化している。


評価

レーシングカーをそのまま市販車に落としこんだようなスタイリングは世代を問わず感銘を与え、今なおスーパーカーの中でも高い知名度と人気を誇る。

ただしメカニズム的には旧態依然としたもので、後発のスーパーカー(特にマクラーレン・F1)の台頭もあり、実際にレースに出走した実績は少ない。

日本では、1994年から1995年にかけてJGTCに参戦し、1勝を収めている。


ABSやトラクションコントロールといったハイテクデバイスを一切搭載しておらず、その上エンジンはパワーバンドで急激に出力が増大する、いわゆるドッカンターボの特性が強く、かなり扱いの難しいクルマであると言われる。

F1レーサーでありテストドライバーのゲルハルト・ベルガー「雨の日はガレージから出すな」と言わしめた逸話もある。


創作での登場

こちら葛飾区亀有公園前派出所

主に中川圭一の所有車として登場。基本的には大破されるか、めちゃくちゃな改造される展開になっている。


Phantom -PHANTOM OF INFERNO-

クロウディア・マッキェネンの愛車として登場。


関連タグ

フェラーリ イタリア

概要

イタリアのフェラーリ社の車種の一つ。

1987年に、創業40周年を記念して造られたスペチアーレ(スペシャルモデル)である。

V8ツインターボエンジン搭載で排気量2936cc、475馬力。最高速度は324km/h。

販売価格は日本の正規輸入車で4650万円。生産台数は1日1.5台。

当時は世界最速の市販車とされた。


当初、生産台数は350台と予定されていたが、世界中からオーダーが殺到したために増産を繰り返し、最終的には1131台という、スペチアーレとしては多い生産数となった。

このため、事実上の限定車であるにもかかわらず生産は1992年まで5年に渡り、途中でマイナーチェンジも施された。


当時はバブル景気まっただ中であったこともあり、並行輸入を含めかなりの数が日本向けに出荷された。

特に並行輸入では短納期の代償に価格が暴騰し、正規輸入の5倍以上にもなる2億5000万円で販売された例もある。

後の値上がりを見越した転売目的で買った人も相当数いたようで、「走る不動産」とも称された。

(当時は土地が継続して値上がりしていたため、借入・土地購入・転売を繰り返して金を稼ぐ「土地ころがし」が横行していた。自動車は動産であるが、F40は土地と同じような投機対象と見なされてこのように呼ばれたのである)

しかし後にバブルが崩壊したことで相場と需要が急落。新車を温存していた投資家たちが相次いで手放し、結果として2000年代に突入しても新車が手に入ったり、再度海外に流出する事態となった。


創業者エンツォ・フェラーリが最後に携わった車ということもあり、フェラーリファンの間でもひときわ特別視されるモデルである。

世界的に有名なモデル故、日本でも知名度が高く、多くの模型メーカーが製品化している。


評価

レーシングカーをそのまま市販車に落としこんだようなスタイリングは世代を問わず感銘を与え、今なおスーパーカーの中でも高い知名度と人気を誇る。

ただしメカニズム的には旧態依然としたもので、後発のスーパーカー(特にマクラーレン・F1)の台頭もあり、実際にレースに出走した実績は少ない。

日本では、1994年から1995年にかけてJGTCに参戦し、1勝を収めている。


ABSやトラクションコントロールといったハイテクデバイスを一切搭載しておらず、その上エンジンはパワーバンドで急激に出力が増大する、いわゆるドッカンターボの特性が強く、かなり扱いの難しいクルマであると言われる。

F1レーサーでありテストドライバーのゲルハルト・ベルガー「雨の日はガレージから出すな」と言わしめた逸話もある。


創作での登場

こちら葛飾区亀有公園前派出所

主に中川圭一の所有車として登場。基本的には大破されるか、めちゃくちゃな改造される展開になっている。


関連タグ

フェラーリ イタリア

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    和間そばえ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー