ピクシブ百科事典

7100系

ななせんひゃっけい

7100系とは、鉄道車両の系列のひとつ。
目次[非表示]

南海電気鉄道7100系

南海電気鉄道の直流600Vから直流1500Vへの電圧昇圧のため、直流1500V化対応の改造が行われない旧型車両の置き換え用として、1969年から1973年にかけて東急車輛製造近畿車輛にて南海最大の152両を製造した。南海本線向け。1次車の36両は非冷房で登場ののち冷房化改造され、2次車以降は製造当初から冷房付きであった。

1989年以降から2次車以降の編成についてはリニューアル工事を行った。また2両固定編成5本についてはワンマン運転対応に。1次車については1000系に置き換えられ2003年までに廃車となっている。2次車以降の編成も老朽化に伴い8300系に置き換えられ、徐々にその数を減らしている。

余談ではあるが、1次車は高野線でも運用されていた時代があった。廃止された路線も含め、走行したことが無いのは高師浜線貴志川線だけとなる(高師浜線には「塩害魔王」こと7000系が運用された時期がある)。

  • 7181・7185・7189・7193編成:4両固定編成。中間車のサハ7851形の番号が足りなくなった関係で、中間車の番号が7843~7850に振られた。
  • 7123・7161編成:4両固定編成の7161編成は2000年に難波方2両のユニットが事故廃車となった。そして和歌山市方2両のユニットは、2両固定編成の7123編成とつないで変則4両固定編成を組んでいた。この変則編成は2015年に廃車になった。
  • 7167・7187編成:ワンマン運転対応の2両編成。加太線沿線の魅力を発信するため、2016年に7187編成が、2017年に7167編成が、それぞれをモチーフとした観光列車「めでたいでんしゃ」へ改装された。

名古屋鉄道7100系

パノラマカー7000系の最終増備車である中間車7101号と7104号に6000系に準じた貫通式運転台を取り付けた車両。7101~7104で4両編成を組んで登場したが、中間車7102号と7103号は後に7000系の編成に戻されたので2両編成だった。
本線系統で使われたこともあったが晩年は7700系と同様三河線(名鉄三河線)での運用が主だった。2009年廃車。

関連タグ

電車 鉄道車両 鉄道車両の形式の一覧 7000系 SR車 パノラマカー サザン
1000系南海1000系 8300系南海8300系

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「7100系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13061

コメント