ピクシブ百科事典

目次[非表示]

南海電気鉄道7100系

南海7100系


南海電気鉄道の直流600Vから直流1500Vへの電圧昇圧のため、直流1500V化対応の改造が行われない旧型車両の置き換え用として、1969年から1973年にかけて東急車輛製造近畿車輛にて南海最大の152両を製造した。南海本線向け。1次車の36両は非冷房で登場ののち冷房化改造され、2次車以降は製造当初から冷房付きであった。

1989年以降から2次車以降の編成についてはリニューアル工事を行った。また2両固定編成5本についてはワンマン運転対応に。1次車については1000系に置き換えられ2003年までに廃車となっている。2次車以降の編成も老朽化に伴い8300系に置き換えられ、徐々にその数を減らしている。

余談ではあるが、1次車は南海高野線でも運用されていた時代があった。廃止された路線も含め、走行したことが無いのは高師浜線貴志川線だけとなる(高師浜線には「塩害魔王」こと7000系が運用された時期がある)。

運用

ワンマン運転対応の2両編成については、加太線和歌山港線の普通列車運用がメイン。他の編成は特急「ラピート」を除く南海本線・空港線の全運用に入る。
7000系亡き今、10000系使用の特急「サザン」の自由席車には専ら7100系が使われている(2010年代の時点で密着連結器&ジャンパ栓を使用しているのは10000系・7000系・7100系の3系列のみ)。

特筆事項

  • 7181・7185・7189・7193編成:4両固定編成。中間車のサハ7851形の番号が足りなくなった関係で、中間車の番号が7843~7850に振られた。
  • 7123・7161編成:4両固定編成の7161編成は2000年に難波方2両のユニットが事故廃車となった。そして和歌山市方2両のユニットは、2両固定編成の7123編成とつないで変則4両固定編成を組んでいた。この変則編成は2015年に廃車になった。
  • 7167・7187・7197編成:ワンマン運転対応の2両編成。加太線沿線の魅力を発信するため、2016年に7187編成が、2017年に7167編成が、2019年に7197編成が、それぞれをモチーフとした観光列車「めでたいでんしゃ」へ改装された。


名古屋鉄道7100系

名鉄7100系


パノラマカー7000系の最終増備車である中間車7101号と7104号(モ7050形)に6000系に準じた貫通式運転台を取り付けた車両。この2両のみ「モ7100形」に形式が改められた。改造前も同一編成中にあった7101~7104で4両編成を組んで登場し、この4両で「7100系」と称されたが、中間車7102号と7103号は後に7000系の編成に戻されたので2両編成となった。
パッと見6000系と顔がよく似ていることから運転士が勘違いしないよう、運転台の機器配置は7700系に合わせてあった。また、方向幕がついていたが、晩年に英語併記の幕に取り替えられるまでは(あまり多くの行先を収録していなかったのか)、行先を白幕として系統板で行先を表示していることも支線区で割とよく見られた。
本線系統で使われたこともあったが晩年は7700系と同様三河線(名鉄三河線)での運用が主だった。2009年廃車。

関連タグ

電車 鉄道車両 鉄道車両の形式の一覧 7000系 SR車 パノラマカー サザン
1000系南海1000系 8300系南海8300系

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「7100系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18306

コメント