ピクシブ百科事典

JR四国2600系

じぇいあーるしこくにせんろっぴゃくけい

ここでは、JR四国の特急型気動車「2600系」「2700系」について解説。
目次[非表示]

JR四国2600系

JR四国の主力である2000系気動車のうち、リニューアル工事を行わなかった車両の代替用として新型車両の開発を進めることになり、2017年に2600系気動車が2両編成2本落成した。同年8月11日に団体専用列車で営業運転を開始。同年12月2日に高徳線系統の特急「うずしお」にて営業運転を開始している。

この2編成は「量産先行車」としての位置づけであり、同社8600系電車をベースにした内装と、空気ばね式車体傾斜装置を備えている。最高運転速度は120km/h。
四国各地で試運転させてから量産車についての検討が行われる過程で、カーブが連続する区間を有する土讃線において空気ばね制御に用いる空気容量の確保に課題があることが判明したため、2600系の製造は4両で終了。量産は2000系車両と同じ制御付き自然振り子装置を採用した2700系気動車へシフトした。

JR四国2700系

量産車は2600系の続番とはならず、新たに「2700系」の形式が立ち上げられた。2000系車両と同じ制御付き自然振り子装置を採用し、最高運転速度はN2000系と同じ130km/hへ引き上げられた。土讃線予讃線高徳線にて2019年秋の営業運転開始を予定している。

車体・車内は2600系と同一となったが、2600系の区別のため車体に黄緑のラインを追加している。

関連項目

JR四国 JR四国2000系2000系TSEN2000系 気動車ディーゼルカー 特急 2600系 2700系

pixivに投稿された作品 pixivで「JR四国2600系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 602

コメント