2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

国鉄JR東日本JR西日本上野駅金沢駅間で運行していた夜行急行列車(メイン画像)。
列車名は後述の旧国名に由来する。

1975年昭和50年)3月10日東北本線高崎線信越本線上越線北陸本線経由の定期夜行急行「北陸2号」を改称する形で「能登」が運行開始。

1982年(昭和57年)11月15日上越新幹線開通によるダイヤ改正で上越線経由から信越本線経由に変更。

1993年平成5年)3月18日のダイヤ改正では、それまでの14系客車での運転を終了し、寝台車を廃止。JR西日本の489系電車(9両編成)での運転となり、全車両が座席車となった(特急あさま」・「白山」の間合い運用)。碓氷峠を越える信越本線の横川駅軽井沢駅間(通称・横軽)では補機EF63形電気機関車)との協調運転を実施した。

1997年(平成9年)10月1日北陸新幹線高崎駅長野駅間(通称・長野新幹線)開通と信越本線の横川駅〜軽井沢駅間廃止に伴い、再び上越線経由に戻される。

2010年(平成22年)3月13日、定期運行を終了して臨時列車化。489系での運行を終了し、JR東日本の485系(6両編成)での運行となる。

2012年(平成24年)2月24日の運行を最後に「能登」は臨時列車としても設定されず、以降は運行中止となっている。

国鉄の分割民営化後、車掌はJR西日本が全区間を担当したようである。

概要

北陸道の一国として現在の石川県能登半島のほぼ全域を占めており、能登国(のとのくに)や能州とも呼ばれた。

718年越前国から分離し、741年に越中国に併合されるが757年に再分離する。
中世以降は畠山氏上杉氏などの勢力下にあり、江戸時代には金沢藩前田氏が支配した。

能登町
石川県能登半島の東北部にある
ブリイカ漁業や、ブルーベリー農業などが盛ん。
市域内に能登空港がある。

関連項目

律令国 旧国名 石川県
能登半島

関連記事

親記事

律令国 りつりょうこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240202

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました