2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

あぶくま型護衛艦は冷戦の末期に地方隊の中核を担うべく計画されたもので、いすず型護衛艦を更新し、当初はちくご型(42DE)に相当する数(ちくご型は11隻)の配備を構想されていたが、冷戦終結による緊張緩和によって6隻の建造で終了した。

以後、汎用護衛艦であるはつゆき型(52DD)・あさぎり型(58DD)が地方隊へ配備されたため、あぶくま型をもってDEの新造は打ち切られ、沿岸護衛艦としては最後の艦型となった。

主要スペック

・基準排水量:2000t
・主要寸法:全長109m×幅13.4m×深さ7.8m
・最大速力:27ノット
・乗員:120人

同型艦


いずれも旧日本海軍に同名艦が存在し、5・6番艦のみ3代目(2代目は旧海軍の利根型重巡洋艦)、その他は2代目(初代は旧海軍のそれぞれ異なる型の軽巡洋艦)。

関連

ゆうばり型護衛艦・・・前級。こちらも2隻のみ。
もがみ型護衛艦・・・次級だが、シーレーン防衛や国際平和協力活動など外洋任務を重視し、乗員数を減らしつつ大型化しており、「多機能護衛艦」(FFM)を称している。

関連記事

親記事

護衛艦 ごえいかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「あぶくま型護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました