ピクシブ百科事典

あぶくま

ごえいかんあぶくま

海上自衛隊の平成初の小型護衛艦「あぶくま」型の1番艦。
目次[非表示]

鉄道関連は「あぶくま(列車)」を参照。

末っ子軽巡の名を継いだ、DE6姉妹の長女

基本スペックは「あぶくま型護衛艦」の項目へ

DE-229「あぶくま」は海上自衛隊初のステルス護衛艦にして、現時点で最後の沿岸(乙型)護衛艦「あぶくま」型のネームシップとして、三井造船玉野事業所で建造され、1989年12月12日に竣工した。海自の艦は例年、年明け後から年度末までに竣工するケースが多いが、「あぶくま」は年末に竣工したという点が特筆される。
艦名は福島県に発し宮城県南部にそそぐ阿武隈川に由来し、日本海軍長良型軽巡洋艦最終6番艦「阿武隈」の名を受け継いだ。初代「阿武隈」・2代目「あぶくま」ともに6隻姉妹だが、長良型の初代阿武隈が末妹であったのに対し、こちら海自の2代目「あぶくま」は一転して長女となっている点が特徴である。
参考までに、かつて存在した「やまぐも」型護衛艦の最終6番艦「ゆうぐも」は旧海軍の駆逐艦である初代「夕雲」が、夕雲型駆逐艦全19隻のネームシップであったのに対し、海自の2代目「ゆうぐも」は逆に末妹となっていた。

竣工当時は、舞鶴を定係港としていたが、2010年より呉に転属し現在にいたる。
呉配属の同型艦はほかに6番艦「とね」もあるが、こちらも「あぶくま」同様、当初からの呉配属ではない(「あぶくま」転属の翌年に佐世保から転属してきた)。また現在は舞鶴配属の4番艦「せんだい」も一時期、呉配属だったことがあり、その際は「あぶくま」の同僚になっている。

能登半島沖不審船事件に遭遇

「あぶくま」が舞鶴配属だった1999年、漁船に偽装した朝鮮民主主義人民共和国の工作船が能登半島沖に出没した「能登半島沖事件」に遭遇する。
本艦は「みょうこう」や「はるな」(後者はすでに2008年度末に退役)とともに不審船を追跡したものの、最終的には取り逃がしてしまった。この事件はのちの海自の艦艇の装備品にさまざまな影響を与えている。

自衛艦これ阿武隈

艦これ「あぶくま」



関連タグ

あぶくま型
おおよど:同じ三井玉野で建造された同型3番艦。
みょうこうイージス艦「こんごう」型の3番艦。こちらは現在も舞鶴を定係港にしている。
阿武隈(艦隊これくしょん) 妙高(艦隊これくしょん) 大淀(艦隊これくしょん)
榛名(艦隊これくしょん)

あぶくま(列車)

pixivに投稿された作品 pixivで「あぶくま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223290

コメント