ピクシブ百科事典

はつゆき型護衛艦

はつゆきがたごえいかん

海上自衛隊の汎用護衛艦(DD)である。見出しイラストは1番艦「はつゆき」
目次[非表示]

概要

第4次防衛力整備計画(4次防)を終えた昭和52年度計画において、草創期に建造したはるかぜ型(28DD)、あやなみ型(30〜33DDK)、初代むらさめ型(30/31DDA)などの退役が間近で、これらの代艦が必要となっていたこと、4次防以前は8艦6機体制のコンセプトのもとで、多目的護衛艦(DDA)と対潜護衛艦(DDK)の2系列の護衛艦を整備していたが、情勢変化を受けた研究により新たに8艦8機体制(いわゆる新八八艦隊)コンセプトが採択され、これに基づき、本型ではDDAとDDKを統合する充実した装備が求められることとなった。
8艦8機体制時代の第1世代汎用護衛艦としてわずか5年で12隻が建造され、護衛艦隊を長く支えたが、現在では老朽化に伴って順次に退役が始まっている。ただし後期建造艦のうち「やまゆき」「まつゆき」「あさゆき」の3隻は延命改修を受けて、今後も現役にとどまる予定であるほか、「しまゆき」「しらゆき」「せとゆき」の3隻がしまゆき型練習艦として練習艦隊において運用されている。

性能

基準排水量2,950トン(8番艦以降100トン増)
日本では初となるオール・ガスタービン機関(COGOG)を採用し、ヘリコプターやC4Iシステム、各種ミサイルなどの兵装をバランスよく搭載するなど、当時の欧米のフリゲートと比較しても遜色のない護衛艦である。

同型艦

  • はつゆき(DD-122)

 ⇒旧海軍の神風型駆逐艦25番艦「初雪」、吹雪型駆逐艦特I型3番艦「初雪」に続き、3代目。

  • しらゆき(旧:DD-123,現:TV-3517)
 ⇒神風型駆逐艦 (初代)6番艦「白雪」、吹雪型駆逐艦2番艦「白雪」に次いで3代目。
  • みねゆき(DD-124)
  • さわゆき(DD-125)
  • はまゆき(DD-126)
  • いそゆき(DD-127)
  • はるゆき(DD-128)
  • やまゆき(DD-129)
  • まつゆき(DD-130)
  • せとゆき(旧:DD-131,現:TV-3518) 
  • あさゆき(DD-132)
  • しまゆき(旧:DD-133,現:TV-3513)

「みねゆき」~「しまゆき」は旧海軍に同名艦なし。

関連項目

あさぎり型護衛艦(次級)
あぶくま型護衛艦・・・同じく2桁護衛隊配属の沿岸護衛艦。

むらさめ型護衛艦 たかなみ型護衛艦 あきづき型護衛艦 あさひ型護衛艦

pixivに投稿された作品 pixivで「はつゆき型護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3243

コメント