ピクシブ百科事典

2代目神風型(駆逐艦)

にだいめかみかぜがたくちくかん

神風型とは、かつて大日本帝国海軍が所有していた駆逐艦の艦級。
目次[非表示]

※「艦隊これくしょん」の駆逐艦娘2代目神風型(艦隊これくしょん)を参照。

概要

野風型(峯風改型)駆逐艦」の改良型として、八八艦隊計画の一環で計画された大型駆逐艦(艦隊型駆逐艦)。
兵装配置や機関などは野風型と同じだが、艦の復原力・安定性を増すために若干船体が大型化している。八八艦隊計画での主力大型駆逐艦として27隻の建造が予定され、その結果名称に使用する言葉が足りなくなることから、艦名は番号を付けることになっていたが、ワシントン海軍軍縮条約締結により9隻で建造は中止された。

大量建艦計画だったため名称に使用する言葉が足りず、艦名は番号を付ける事になっていたのだが、先代の神風型をはじめ旧式な三等駆逐艦(その時点では掃海艇として使用されていた)が退役した事や、建造計画の縮小などにより「風」の名称が使えるようになったため、1928年(昭和3年)8月1日付けで固有名称による艦名に変更されている。

なお1941年(昭和16年)12月11日に戦没した7番艦「疾風」は、太平洋戦争での水上艦喪失第一号である。終戦までに「神風」が完全な状態で、「春風」が亡失した艦尾を応急修理した状態で、それぞれ生き延びた。


同型艦

神風(かみかぜ)・第一駆逐艦
朝風(あさかぜ)・第三駆逐艦
春風(はるかぜ)・第五駆逐艦
松風(まつかぜ)・第七駆逐艦
旗風(はたかぜ)・第九駆逐艦
追風(おいて)・第十一駆逐艦
疾風(はやて)・第十三駆逐艦
朝凪(あさなぎ)・第十五駆逐艦
夕凪(ゆうなぎ)・第十七駆逐艦

戦後艦名が海上自衛隊に受け継がれた艦。

戦後、海上自衛隊に継承された艦艇は次の通り。

※戦後、海上自衛隊に戦後初の国産艦として建造された海上自衛隊の護衛艦(昭和36年までは警備艦)で、1番艦。同型艦「ゆきかぜ」。



擬人化イラスト

オリジナル艦娘【駆逐艦 神風】
オリジナル艦娘「神風」

「神風」

【オリジナル艦娘】駆逐艦2代神風型2番艦 朝風

「朝風」

駆逐艦春風・改

「春風」

神風型駆逐艦「疾風」

「疾風」

オリジナル艦娘【神風型玖番艦 夕凪】

「夕凪」

関連タグ

大日本帝国海軍 駆逐艦

pixivに投稿された作品 pixivで「2代目神風型(駆逐艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22588

コメント