ピクシブ百科事典

春風(駆逐艦)

はるかぜ

日本海軍が建造した駆逐艦。「初代神風型」と「2代目神風型」がある。
目次[非表示]

初代神風型駆逐艦9番艦「春風」

1906年5月14日竣工。
1924年12月1日、掃海艇に移籍。
1929年1月31日、廃船となる。

2代目神風型(駆逐艦)3番艦「春風」

1923年5月31日、「第5駆逐艦」として竣工。
1924年4月24日、「第5号駆逐艦」に改名。
1928年4月1日、初代「春風」が除籍。8月1日、「第5号駆逐艦」が「春風」と改名される。

1934年より第一航空戦隊に所属。海面に不時着した航空機乗員の救助、機体の回収に当たった。
1935年9月26日、三陸沖で台風の波浪により小破(第四艦隊事件)。
1940年11月15日、第5駆逐隊に配属される。

1941年12月8日、真珠湾攻撃により日米開戦。
1942年3月1日、バタビア沖海戦に参加。
1943年4月15日、予備役となる。修理後、警備駆逐艦に指定され呉鎮守府部隊に編入。9月6日より日本とパラオおよび台湾、フィリピン方面で船団護衛に従事。
1945年8月15日、日本がポツダム宣言を受諾し降伏。

11月10日、除籍。
1947年より竹野港(京都府)の防波堤として使用された。
1948年9月16日、アイオン台風により破壊され、スクラップとして解体。

関連タグ

春風(艦隊これくしょん):『艦隊これくしょん』に登場する、2代目神風型駆逐艦「春風」を擬人化したキャラクター。
はるかぜ型護衛艦:戦後初の国産護衛艦の艦級。

コメント