ピクシブ百科事典

陸軍特殊船

りくぐんとくしゅせん

大日本帝国陸軍がかつて運用した大型船艇。
目次[非表示]

概要

大日本帝国陸軍が建造・保有・運用した船舶のこと。正式な表記は特種船
広義には1000総tに満たない小型船「機動艇」も含まれたが、一般的には神州丸に始まる8000t~10000t級の大型船の系譜を指す。

特に飛行甲板を持ったあきつ丸とその同型船は陸軍空母と揶揄され、海軍と陸軍の仲の悪さの象徴、のように言われてきた。

が、実はこれは間違いである。

実際にはこれらは強襲揚陸艦ドック型揚陸艦の先駆け的存在である。本来の意図を隠すために「特殊」という言葉を使いたがるのは、旧日本軍の性癖である(この点はもちろん海軍も同じである)。

海洋国家である以上、海洋を越えて強襲する敵前上陸部隊の存在は必須である。
ただ、アメリカでは当時は海軍省の管轄下だった海兵隊の担当だったため、LSTなどの海兵隊用の舟艇は海軍籍だった。
それに対して、日本では陸軍の管轄であり、当然そのために必要とする装備としてこれらの装備を陸軍が保有・運用するのは当然でありごく自然なことであった。

また大日本帝国陸軍は「洋上機動戦」と称して高度な敵前強襲揚陸作戦を研究していた。その第一人者こそ、誰あろうかのマレーの虎こと山下奉文である。

戦後の勘違いの原因は、太平洋戦争当時には海軍にも常設の陸戦隊が存在したことによる。また、戦後のウォーゲームなどで日本の海軍陸戦隊が米海兵隊に相当する戦力として登場したことがそれに拍車をかけることになった。
実際には、海軍陸戦隊は、元々は必要な際に水兵によって組織されていたもの(“臨時陸戦隊”)で、上海事変などによって高度な陸戦技術が必要とされたため専用の兵士で構成される“常設陸戦隊”になったが、主な任務は拠点の防衛であり、その規模も敵前揚陸能力も陸軍や米海兵隊などとは比べ物にならないほど小さい。
またその為、その装備品も、一部の輸入品・鹵獲品を除けば、陸軍の制式兵器か艦載兵器を陸戦用に転用したものが大半だった。

したがって「陸軍空母」と言われるものの主に搭載するのは上陸部隊とそのための舟艇であり、航空機の運用能力は同クラスの海軍の軽空母と比べても著しく限定されたものである。
つまり海軍空母に伍して『隼』などを搭載する意図は最初からなく九七戦九九式襲撃機を少数搭載して上陸部隊を支援することが目的であった。
(また兵員を空挺で送り込むことも想定していないため、厳密には後の『強襲揚陸艦』とも性格が若干異なる)

なお、前述した機動艇はこうした「陸軍空母」とは違い、むしろそれらが積んでいた舟艇のように自ら浜辺に乗り上げて(ビーチング)部隊を揚陸するものだった。こちらは現代で言う戦車揚陸艦に近いと言えるだろう。

海軍としては陸軍の提案に反対である。でも助けてくんなきゃヤダ。

ことこの周りに関して言えば、陸軍こそ海軍の被害者だった

大日本帝国海軍は(空母戦を含めた広義の)艦隊決戦しか頭になく、陸軍がこれらの活動に必要とする洋上護衛や火力支援にすさまじく非協力的だった。
そのくせ、いざ自分たちで勝手に進出しておいて米軍に対抗できなくなる「助けてHI☆DE☆KIとばかりに陸軍に泣きつくのである。
陸軍悪玉論? なんですかそれは

この陸軍特殊船も、海軍の主戦主義の犠牲となる。
せっかく揚陸艦として完成した陸軍特殊船の多くが、末期には普通の輸送船の代用とされ、徒に失われていくのである。

防衛省海上統監部としては陸上統監部の提案には懐疑的である。

しかも悪いことに戦後も迷走は続く
他国領土に攻め込むことはないとはいえ、領海内に大小多数の島嶼部をもつ日本は、当然自衛隊の時代に入っても敵前上陸作戦の研究と準備は続けている。

  • 「揚陸艦」という艦種名は攻撃的であるという理由から、単に部隊を移動させるための「輸送艦」としている。

ところが、実際にそれによって運用される部隊は陸上自衛隊であるにも関わらず、艦そのものはフネだからという理由だけ海上自衛隊の保有物になっているのだ。
確かに今の海自と陸自は戦前の海軍と陸軍ほどには仲は悪くないが、いざ有事となったら運用に齟齬が出てもおかしくない構成である。

かくて歴史は繰り返す……

そして2018年、ついに陸上自衛隊が輸送艦を自前で調達することを検討していることがリークされる
確かに海自は旧海軍ほどにはシーレーン防御などを軽視はしていない(むしろ重視している)が、結局の所自分が華々しく戦うことで頭がいっぱいなのはそのまんまなので、“陸さんのためのフネ”にかける予算に消極的だったことから、とうとう陸自が業を煮やしたというのが真相と言われていた。

もちろん、ネットでは“陸軍空母の再来か!?”と弄くり倒されている……のだが、どうも実態は異なるようである。
それもその筈、旧陸軍と違って陸上自衛隊は基本的に大規模な遠征を前提としていない防衛軍(語弊はあるが)である。その陸自が大部隊を海を渡って移動させる必要があるとしたら、それは敵軍が相応の規模で上陸していることを――すなわち、その周囲にはそれに見合った敵海空戦力が居座っていることを想定せねばならない。それらを独力で蹴散らして上陸作戦を実行できる戦力を揃えるなど陸自単独ではどだい無理な話であり、敵前上陸を行う上で海自との協力は大前提なのである。実際、21世紀に入ってからの陸海空自は前述のような各々勝手な防衛計画を改めて、徐々に協力体制を整えつつある。
陸自が保有しようとしている輸送艦とは、そうした大規模な侵攻が起きる前の段階で南西諸島に戦力を送り込んだり、配備した部隊をちょっと動かしたりする程度の用事でいちいち海自に頼まなくても使えるような、言わば「海の高機動車」である。自分で飛んでいけるヘリを積む必要も無く、上陸用舟艇を搭載して次々送り出すほどのサイズも必要ない。その意味で、神州丸やあきつ丸とは月とすっぽんとも言えるほど違う存在なのだ。

ただし、最初に述べたように広義の「陸軍特殊船」には小回りの利く「機動艇」も含まれていた。陸自輸送艦はビーチング能力を持つものとなるという予測もあり、広い意味で言えば陸自輸送艦も「陸軍特殊船の再来」とは呼べる……のかもしれない。

関連イラスト

神洲丸
陸軍特種船「熊野丸」


擬人化艦これ風

陸軍空母(陸軍特殊船)「あきつ丸」



関連タグ

大日本帝国陸軍 強襲揚陸艦
神州丸 あきつ丸

関連記事

親記事

大日本帝国陸軍 だいにほんていこくりくぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「陸軍特殊船」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8238

コメント