ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大発とは、大発動艇の略で、旧日本陸軍が開発した上陸用舟艇の一種。
兵員を海岸に陸揚げするためのボートで、船首が倒れて道板になるのが特徴である。海軍にも十四米特型運貨船の名で採用され、陸海軍共用となった数少ない兵器の一つでもある。

大発の道板の設計は軍事機密であったが、日中戦争中にアメリカ軍により写真撮影され、米軍の上陸用舟艇LCVPの設計に活用された。

兵員輸送専用で道板を持たない小発動艇(小発、十米特型運貨船)とセットで開発されたが、第二次世界大戦では車両や火砲が積めて汎用性の高い大発が主力となり、小発は製造中止になった。 また、九七式中戦車も積めるように大型化した「特大発」もある。
これ以外に、中発・超大発もある。

上陸作戦以外にも、ソロモンなどの南方では連絡やちょっとした輸送などボートとして便利に使われた。魚雷艇を相手とするため武装を施したものもあるが、スピードが出ず装甲もないので苦戦した。
戦後も民間で重宝され、東南アジアや太平洋諸国では、日本軍が遺棄した大発を現地人が再利用する例もあった。現在もラバウルの大発退避壕には、当時の大発が保管されている。

ちなみに現在の自動車メーカーのダイハツとは関係がないが、中国語圏ではその由来(前身の「大阪発動機」の大阪の「大」と発動機の「発」をとったもの)からか「大発」と表記される。

艦隊これくしょんでは

嫁艦達と一緒w 


装備アイテムとして登場。遠征の獲得資材数向上効果を有する。具体的には1つにつき+5%。編成全体で最大+20%まで累積可能。
あきつ丸改の初期装備であるが、あきつ丸は大型艦建造でしか入手できないため、牧場して量産するのは厳しい。
後に阿武隈改二鬼怒改二大潮改二も持ってくるようになったが、いずれも改装設計図が改装に必要な上、阿武隈と鬼怒に至っては入手困難なレア艦なので、やはり量産は厳しいことに変わりはない。
大鳳狙いレシピのハズレであきつ丸が来ることもあるので、量産は「運よく手に入ったら」程度の感覚でやった方がいいだろう。
逆に10個以上持っている提督は、尋常じゃない資源をつぎ込んだ猛者という事になるかもしれない。

装備可能なのは、当初あきつ丸と水上機母艦のみだった。
後に上述した初期装備艦に加えて霞改二皐月改二江風改二由良改二が新たな装備可能艦になり、さらにヴェールヌイ速吸改、睦月改二如月改二にも後から装備可能になった。ちなみに秋津洲は水上機母艦でありながら当初は装備不可能で、後に改でのみ装備可能になった。
装備可能な艦は燃費が悪いものが多いので、できるだけ資源を多く得られる遠征で活用しよう。

ちなみに、当初グラフィックは上のイラストのように船尾側が手前に描かれていたが、2015年11月18日のアップデートで艇首側が手前になるように修正された。

2016年3月19日のアップデートでは、改修工廠による改修で「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」→「特二式内火艇」へと更新可能になった。
ただしこちらは上陸作戦用に特化した性能であるため、遠征での獲得ボーナスが減ってしまうので注意。
また、特二式内火艇は睦月改二・如月改二・江風改二には装備できない。
2016年11月4日のアップデートで特大発動艇が更新先として追加された。
こちらは遠征での獲得ボーナスがさらに増えるという、遠征に特化した性能となっている。

関連イラスト

「大発動艇(八九式中戦車&アヒルさんチーム)」


「大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)」(withアヒルさんチーム)→大洗地方総監部

関連タグ

ボート 輸送船
揚陸艦

pixivに投稿された作品 pixivで「大発」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161114

コメント