ピクシブ百科事典

超法規的措置

ちょうほうきてきそち

超法規的措置とは国家などが定めた法律等に規定された範囲をそれを策定した国家などが自らその法律を破りある行為を行うことである。
目次[非表示]

特に有事などの緊急事態において行われることが多いとされる。
 この行為の例としては、何らかの要求に応じ何らかの便宜を図る、人命救助のため通常の入国手続きをとらないことや外交上問題となることを予防するために行われることが多いとされる。
 いわば法律を厳密に適応すると面倒なことになるため、国家などが見なかったことにしようする事例のことである。

実例

 たとえばテロリストの要求に応じ受刑者等を釈放するということが一番の事例であり、日本においては日本赤軍によるものが知られている(この件に関しては当時の首相であった福田赳夫一人の生命は地球より重いと述べている)。
 また、金正男と思われる人物が偽造旅券を所有し日本に入国した際そのまま釈放したこと(本来ならば偽造旅券の行使により拘束する必要があった)がある。

印象と実体

 超法規的措置というこの字面から「何かすごいこと」と思うかもしれない。
だが実際には(苦渋の判断とはいえ)、国家が相手の暴力、あるいは現在のの問題点などに屈し、自ら定めた法律等を破ることである。

法的根拠

 特に現代の日本においては超法規的措置自体には特に法的な根拠は無いとされ、国会による事後承認、裁判所による判断等の手続きも規定されていない。
 アメリカ合衆国などにおいては大統領令により有事などでこの処置が行われることがあり、司法における追認がなされることがある。

創作においては

 お約束の解消などに使用されることがある(たとえば現代の日本では銃の所持等に強い制限が係り、特に拳銃の所有は許可されていないがなぜか主人公などが所有している、など)。
 特にBPSバトルプログラマーシラセ秋月郁が使用している。

関連タグ

見なかったことにしよう

参照

wikipedia:同項目
ニコニコ大百科:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「超法規的措置」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144293

コメント