ピクシブ百科事典

DC-10

でぃーしーてん

DC-10とはマクドネル・ダグラス社が開発した300席級の旅客機である。
目次[非表示]

概要

垂直尾翼を貫くエンジンが特徴的な3発機である。ライバルはロッキードL-1011ボーイングb747

種類

DC-10-10

基本的なタイプ。アメリカン航空などが導入。

-30、-30ER

長距離路線向けの機体。日本では日本エアシステムが導入。-30ERはさらに航続距離を伸ばした機体で、スイスエア、フィンエアなどが導入。スイスエアとフィンエアで若干仕様の違いがある。

-40、40D

エンジンがプラット・アンド・ホイットニー社のJT-9Dである。ノースウェスト航空日本航空が導入。

-15

高地向けの機体。エアロメヒコなどが導入。

KC-10

米軍向けの、空中空輸機仕様の機体。

MD-10

コックピットMD-11と同様のタイプにしたもの。

その他

・センターギヤのある機体とない機体の両方が存在する。
・すでに旅客輸送からは引退している。ラストフライトはビーマン航空。貨物機としては第一線で活躍中。
ロッキードL-1011、通称「トライスター」と熾烈な販売競争を繰り広げ、ロッキード事件など、賄賂も横行した。

設計ミスによる重大事故

日本の世間では「ロッキード事件」によってトライスターが悪者扱いされてしまいがちだが、航空機や旅客機を知る人々からはトライスターよりも、むしろDC-10の方がかなり悪名高い存在と見做される事が多い。
その原因は、DC-10が設計ミスによる重大事故で350人近くの死者を出しているためである。

1972年、アメリカン航空に納品されたばかりのDC-10がアメリカン航空96便として運航されていた時、離陸上昇中に貨物ドアが機内と機外の圧力差に耐えきれずに脱落した。幸い、この時は操縦系統がまだ機能していたため、機長の神業とも言える操縦により乗員乗客全員が生還した。

その後の事故調査により、DC-10の貨物ドアには設計上の欠陥があったことが判明し、国家運輸安全委員会(NTSB)は改善を要求した。

しかし、製造会社であったマクドネル・ダグラスは、要は「ロッキードのトライスターにだけは負けたくない!」とライバルを蹴落とすことに意固地となり、貨物ドアの設計ミスを認めようとせず、抜本的な解決を怠ったまま機体を作り続けた。

その結果、1974年に346人が死亡する大惨事に発展した。
トルコ航空はパリからロンドンへ向かうDC-10を981便として運航していたが、前述の96便と同様に機体が離陸上昇中に貨物ドアが脱落した。しかし、その後の展開は96便とは全く異なった。981便はほぼ満席だったために、貨物ドアが脱落した時に乗客の数人が機外へ座席ごと投げ出され、この時に操縦系統が破壊された。さらに、脱落した貨物ドアが尾翼に激突したことで機首が下がった。操縦系統を失ったパイロットたちには成すすべもなく、そのまま981便はパリ郊外の森に墜落した

この事故はDC-10のみならず、製造会社であるマクドネル・ダグラスの信用を大きく失墜させ、後にマクドネル・ダグラスがボーイングに吸収される遠因を作った。

また、981便として運航されていたDC-10は、元々は全日空に納入されるはずだった機体であったが、全日空は直前でトライスターの購入を決定したため、キャンセルされた。
つまり、皮肉なことにロッキード事件が無ければ、981便のような大惨事が日本で起きていたかもしれない……。


関連項目

マクドネル・ダグラス
DC-3
DC-8
DC-9
MD-11

pixivに投稿された作品 pixivで「DC-10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3733

コメント