ピクシブ百科事典

DC-3

でぃーしーすりー

DC-3とは、アメリカの航空機メーカーのダグラス社が開発・生産した飛行機のひとつ。
目次[非表示]

概要

1935年から1945年までの約11年間に、驚くなかれ、(軍用輸送機が中心だったとはいえ)10000機以上が製造された。そのうえ、ソ連日本でもライセンス生産(デッドコピーではない、念のため)されている。

そもそもの発端

ダグラス社は、トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン航空(後のトランス・ワールド航空)の依頼でDC-1という旅客機を試作、これを改良した量産型のDC-2は、アメリカの航空会社だけでなく、KLMオランダ航空や日本航空輸送(現在の日本航空とは全く別の会社なので念のため)などにも採用され、しかも日本でもライセンス生産されたことがある(ちなみに中島飛行機が担当)。

そのDC-2を使って、アメリカ大陸横断便用寝台飛行機作れない?という、アメリカン航空からの注文に応える形で登場したモノが、このDC-3である。

開発・初飛行

先述のアメリカン航空からの「新型寝台飛行機作って!」というオファーを受けたダグラス社ではあったが、DC-2のままではベッドを置きにくかった。そこで、「胴体の幅広げたら寝台置けるんでね?」ということになり、胴体を広げたのだった。かくしてオファーからわずか半年の1935年12月、「ダグラス・スリーパートランスポート」として初飛行に成功したのだった。

実績(第2次大戦前)

こうしてアメリカン航空のアメリカ大陸横断路線に就航したダグラス・スリーパートランスポートだったが、「こんなに機体の幅広げたんだから、DC-2より人多く乗せられるんでね?」という発想にいたり、いざシートを乗せたところ、通路を挟んで2-1列で、かつ21人分置くことが出来た。結果、普通の旅客機として売り出すことになったところ・・・・・・・これが売れた。そして1939年までに600機売ることが出来たのだった。しかもアメリカのみならず、ヨーロッパ、さらにはアジアの航空会社からも引き合いが出されたのだった。

日本では三井物産がわざわざダグラス社からライセンスを購入、関連会社の昭和飛行機に作らせたのだった。こうして出来たのが零式輸送機である。ちなみに、ユーザーは大日本航空と日本海軍だった(というよりは、三井物産がダグラスからライセンスを購入したのは、日本海軍からの依頼だった、というのが真相)。

第2次世界大戦

第2次世界大戦が始まると、アメリカ陸軍航空隊は、民間からDC-3を引っ張り出して軍用輸送機として使ったが、その広い胴体を買われ、本格的な軍用輸送機にするようダグラス社に注文、こうして生まれたのがC-47だった。

太平洋戦争開戦とほぼ時同じくしてC-47は「参戦」、アメリカが関わった戦場にその姿を見せるようになる。そして1945年の生産終了までに、海軍向けのR4Dやイギリス空軍向けのダコタも含めて10000機位作られたのだった。

また、ソ連にも機体ばかりか生産ライセンスも供与されており、Li-2という名称で2000機程度製造している。

かくして戦後

戦争が終わると、それこそC-47(あるいはR4D)はだぶついてしまった。そのためC-47の多くは、立派な椅子をつけるなどした上で、あるいは輸送機のまま、民間に放出されることになった。そして、全世界(ソ連や東ヨーロッパは、そのライセンス生産版のLi-2)にその翼を広げたのだった。

なお、C-47や、その「旅客機版」のC-53の実績から、座席数は2-2列配置・28人分にまで増加している。

日本の場合

第2次世界大戦敗北に伴い、日本はアメリカを中心とした進駐軍の命令により、飛行機を飛ばすことが出来なくなった。その結果、残った零式輸送機はすべてスクラップに追い込まれてしまう。

それから10年後の昭和30年、北海道航空会社だった北海道航空が購入したのは良かったが、大人の事情により飛ばすことが出来ず、結果、少し遅れて購入した日本ヘリコプター輸送(日ペリ航空、全日空の直系の前身)によって、「久々に」日本の空を飛んだのだった。その後、大阪の極東航空(後に経営難により日ペリ航空に救済合併してもらって消滅)、藤田航空、長崎航空、名古屋の中日本航空、さらには海上自衛隊や伊藤忠商事、運輸省航空局にも採用されている。

ちなみに、日本航空も、フィリピン航空からパイロット込みでレンタルした上で試験飛行の時に使用したことがある。

そして・・・・・・・

多くが1960-70年代に姿を消したものの、21世紀も約15年たった今もなお、カナダ北部や中央アメリカアフリカなどでは現役バリバリで飛び続けていると言う。

実際に旅客機としても飛ばしているカナダの航空会社のサイトの紹介ページ(ただし英語)があるのだが、にわかに信じがたいものがある。
ちなみにYouTubeには、件の航空会社のDC-3の動いている映像がいくらか存在しているのでその姿を拝みたい方はそちらにもどうぞ。

ニックネーム

公式なニックネームとして、アメリカ陸軍航空隊向けの「スカイトレイン」、イギリス空軍向けの「ダコタ」、そして非公式の「グーニー・バード」がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「DC-3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2977

コメント