ピクシブ百科事典

ジェット旅客機

じぇっとりょかっき

ジェットエンジンを搭載し飛行にプロペラを使わない旅客機のこと
目次[非表示]

概要

プロペラではなく、ターボファンエンジン(過去にはターボジェットエンジンが使われたことも)で飛行する旅客機。個人・官庁・企業が占有して使用するビジネスジェットは含まない。現在もっとも一般的な旅客機であり、中大型の旅客機のほとんどがジェット機である。現代の貨物機もこの旅客機を流用したものが多い。

それまでのレシプロ機に比べ巡航速度が速く、搭載できる旅客の人数も多い。半面、プロペラ機に比べて離陸距離が長く、長大な滑走路と設備の整った飛行場を必要とする。よって、離島などの短距離路線はジェットエンジンを搭載しながらプロペラを回すターボプロップ旅客機が採用されることがある。

1952年に運行開始したデ・ハビランド DH.106 コメットが世界初のジェットエンジンを搭載した旅客機だったが、軍用機用の遠心式ターボジェットエンジンを流用したため推力が不足し、燃費が著しく悪く、搭乗できる旅客の数も少なかった。本格的なジェット時代を切り開いたのは、旅客機用に開発されたターボジェットエンジンを搭載し、1958年に初運行したボーイング707である。

なお、現代のプロペラ機やの多くはターボプロップエンジンであり、ジェットエンジン(ガスタービン)でプロペラを回しているが、これらはジェット機とは呼ばれないことが多い。

機種

イギリス

デ・ハビランド

ヴィッカース


アメリカ

ボーイング


ダグラス→マクドネル・ダグラス(ボーイングに吸収合併)


コンベア


ロッキード


国際共同(フランス・ドイツ・イギリス・スペイン)

エアバス


カナダ

ボンバルディア


ソビエト連

イリューシン


日本

三菱航空機


関連タグ

ジェットエンジン 旅客機

関連記事

親記事

旅客機 りょかくき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェット旅客機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1646

コメント