ピクシブ百科事典

A300

えあばすえーさんびゃく

A300とはエアバス社初の旅客機である。
目次[非表示]

概要

本格的なジェット旅客機が世界中で登場した1960年代ごろから、誰もが気軽に旅客機に乗れる大型旅客機「エアバス(空のバス)」の登場が期待されるようになった。当時、ヨーロッパの航空機メーカーは単独で「エアバス」を開発する体力がなかったため、国際共同のエアバス社を設立してエアバスA300の開発が開始された。A300のAはエアバス、300は300人乗りを目指して開発されたことに由来する。

就航、販売苦戦、そして成功へ

A300は1974年に就航したが、深刻な航空不況もあって販売は伸び悩んだ。そんな中で、エアバス社はアメリカ国内線大手のイースタン航空に破格の条件で販売した。イースタン航空は最高の機体と評価し、A300の経済性も全世界に認められるようになった。この結果、A300はエアバス社を一気に世界有数の旅客機メーカーへと押し上げることになる。A300は標準型のA300B2、航続距離延長型のA300B4が開発された。

A300-600Rの開発

A300の成功のあと、エアバス社はA300の胴体を縮めて航続距離を延長し、グラスコクピットを採用し、2名乗務としたA310を開発した。この開発の過程で得られた技術をA300にフィードバックすることで、ハイテク版A300ともいえるA300-600ならびにその航続距離延長型A300-600Rを開発した。A300-600、A300-600Rは合計312機が製造された。

日本でのA300

東亜国内航空がA300B2、A300B4を導入し、日本エアシステムに社名変更した後はA300B2、B4の後継機としてA300-600Rを導入、主力機として活躍した。JALとの合併後、A300はまもなく退役し、A300-600Rは国内線の主力機のひとつとして活躍していたが、JALの経営破綻で退役が決定、2011年3月いっぱいでの退役が予定された。しかし、2011年3月11日に東日本大震災が発生。東北方面への支援物資ならびに人員を輸送するための臨時便がいくつも設定され、A300-600Rがこの役につき、最後の花道を飾るかの如く活躍した。そして、支援物資の輸送が一段落した2011年5月、A300-600RはJALでの、そして日本での役目を終えた。

pixivに投稿された作品 pixivで「A300」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント