ピクシブ百科事典

ボーイング757

ぼーいんぐななごーなな

ボーイング社が開発、製造した旅客機。
目次[非表示]

開発

1963年に初飛行したボーイング727は、中距離路線におけるベストセラー旅客機となっていたが、2人乗務が可能なボーイング737DC-9が登場すると製造数が頭打ちとなってきた。ボーイング社は当初、727の改良型を開発する方針でいたが、この改良型も一時しのぎにしかならないと判断されたため、いちから新しいモデル、7N7を開発することとなった。これがのちに757となる。また、この時、ボーイング社は次世代のワイドボディ旅客機として7X7(のちのボーイング767)の開発を進めており、両機の開発が進むうち、設計や操縦の共通化がすすめられることとなった。このため、ナローボディとセミワイドボディという違いこそあれど、757と767は実質的には兄弟機に近いものとして完成することとなった。

就航から生産終了へ

757は1983年に就航した。
低燃費の双発エンジンという経済性や優れた航続距離(当初は中距離用として開発されたがエンジンの信頼性が認められ、ある程度なら長距離洋上飛行も可能となった)、グラスコクピットの搭載、さらに767との共通性などによって757はベストセラーとなり、世界中の航空会社が導入した。しかし、2000年ごろになると、短距離用だったボーイング737エアバスA320が改良を重ねて長距離飛行が可能となり、さらに収容力も757にせまるモデルが開発された。加えて、757よりもさらに進化したグラスコクピットを備えていながら他の機体と操縦資格の共通性も保たれていたため、757を導入する意味が次第に薄れてしまった。これらの要因もあって、757は2005年に生産終了となった。
ただし、757は小ぶりなサイズの割に大西洋横断が可能な航続距離を有しており、低需要の長距離路線でも採算が取りやすい機体であった。こればかりは737やA320でも代替できない。かといって、より大きい767などではオーバースペック過ぎる。そのため、757を大西洋路線に投入している航空会社は後継機に困る事になり、ボーイングに757の後継機開発を強く求めている。

派生型

757-200

標準型。座席数は200~230程度。

757-300

胴体を延長したタイプ。座席数は240~300程度。

日本では超レアな757

世界的ベストセラーでありながら、日本の航空会社は757を導入しなかった。これは、JALもANAも757より収容力がある767に興味を示したためである。また、日本からの長距離路線にはそれほど向いていないこともあり、海外の航空会社も日本路線に投入することがあまりないため、日本に757がやってくるとそれなりの騒ぎとなる。

関連

ボーイング767:兄弟機

関連記事

親記事

ジェット旅客機 じぇっとりょかっき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボーイング757」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401

コメント