ピクシブ百科事典

DHC-8

でぃーえいちしーだっしゅえいと

カナダのボンバルディア社が製造する旅客機
目次[非表示]

概要

カナダのデ・ハビランド・カナダ社が1979年に開発を開始し、1983年に初飛行した。それまでデ・ハビランド・カナダはこれまでにDHC-1からDHC-7まで練習機、輸送機、旅客機を製造していた。DHC-8はDHC-7の開発・製造で得られた改善点を基に再発された双発のターボプロップ機である。

発展型

DHC-8-100

標準型。標準座席数は39。

DHC-8-200

  • 100のエンジンをより強力なタイプに換装したもの。標準座席数は39。

DHC-8-300

  • 200の胴体を延長し、エンジンもさらに強力なものへと換装された。標準座席数は56。


Qシリーズへ

1992年、デ・ハビランド・カナダはボンバルディアに買収された。DHC-8シリーズはQシリーズへと名前を変え、様々な改良がなされ製造されている。「Q」はQuietを表す。ただ、DHC-8-Q100のように、「DHC-8」の表記も併せて用いられることが多い。

Qシリーズの型

Q100

標準型。日本では琉球エアーコミューターが運航。天草エアラインは2016年で退役させた。

ボンバルディア DHC-8-100 (天草エアライン)


Q200

Q100のエンジンを換装したタイプ。日本ではオリエンタルエアブリッジが運航。

Q300

胴体を延長し、エンジンを換装したタイプ。日本では琉球エアーコミューターが運航。ANAウイングスでも2014年まで運行されていた。

ボンバルディア DHC-8-Q300 (全日空)


Q400(メイン画像)

さらに胴体を延長し、エンジンも換装、さらにプロペラも6枚ブレードのタイプとなっている。日本ではYS-11の後継機という位置づけで日本エアコミューターANAウイングスが運航。

Q400CC

CCとは、カーゴ・コンビという意味。Q400の座席数を50席に抑える一方、客室後方の貨物室を従来の2.5倍に拡大したタイプ。日本では琉球エアーコミューターがQ100、Q300の後継機として導入している。

pixivに投稿された作品 pixivで「DHC-8」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515

コメント