ピクシブ百科事典

MRJ

みつびしりーじょなるじぇっと

三菱航空機ほかが開発中の旅客機。
目次[非表示]

概要

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)は、三菱グループの三菱航空機ほかが開発中の小型旅客機
1972年に製造終了したYS-11以来約40年ぶりの日本が独自に製造する旅客機(ジェット機としては初)となる。座席数は70~92席クラスで100席以上のストレッチタイプも企画されており、短距離輸送需要に重点をおいている。

既に全日本空輸全日空ANA)などが導入を決定済で、さらには日本航空JAL)も2014年8月末に導入を決めた。でもそれと平行してブラジル・エンブラエルERJシリーズ(現在使用中のジェット機)の追加発注も明らかにしている・・・・・・。結局これって開発遅れ(後述)に対して保険かけたのかJAL!?なお、日本政府専用機としての発注計画も伝えられている(未決定)。

2008年にプロジェクトはスタートしたが、この時は2011年に初飛行、2013年には営業運航を開始する、としていた。だが、このスケジュールは延びに延びまくり、結局2014年10月にどうにかこうにか完成にこぎ着け、そして2015年11月にやっと初飛行を行った。だがその一方で、量産1号機の全日空への納入時期に関して、「もう(2度目の)東京オリンピック間に合わないかも。どうしよう・・・・・・・・・・・」というところまで追い込まれる有様である。このグダグダぶりは、航空機開発においては別に三菱に限らず割とよくある話であり、さらには旅客機の開発の難しさを如実に表しているといえる。

2016年6月、アメリカ市場向けに70人乗りバージョンの試作機の製造を始めたことを明らかにした。だが、ただでさえグダグダした開発状況だというのに、バージョンなんか増やして大丈夫なのだろうか!?

関連タグ

旅客機 航空機 リージョナルジェット

ライバルと目される機種

ボンバルディアCRJ700 エンブラエルERJ170/ERJ175

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「MRJ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23915

コメント