ピクシブ百科事典

MRJ

みつびしりーじょなるじぇっと

三菱航空機ほかが開発中の旅客機。
目次[非表示]

概要

MRJ(Mitsubishi Regional Jet)は、三菱グループの三菱航空機ほかが開発中の小型旅客機
1972年に製造終了したYS-11以来約40年ぶりの日本が独自に製造する旅客機(ジェット機としては初)となる。座席数は70~92席クラスで100席以上のストレッチタイプも企画されており、短距離輸送需要に重点をおいている。

既に全日本空輸全日空ANA)などが導入を決定済で、さらには日本航空JAL)も2014年8月末に導入を決めたほか、並行してブラジル・エンブラエルERJシリーズ(現在使用中のジェット機)の追加発注を行った。

2008年にプロジェクトはスタートしたが、この時は2011年に初飛行、2013年には営業運航を開始する、としていた。しかし胴体と主翼の設計変更に伴い、初飛行を2012年、初号機納入を2014年に延期、さらに2012年4月には開発や製造の進捗状況が遅れたため、初飛行を2013年、初号機納入を2015年半ばから後半に延期した。2014年10月18日に初号機が完成。そして2015年11月11日、県営名古屋空港で初飛行を行った。2017年1月20日には設計変更が必要となり、ANAへの初号機納入は2018年から2020年半ばに延期となった。

2016年6月、アメリカ市場向けに70人乗りバージョンの試作機の製造を始めたことを明らかにした。2017年3月、2018年にも完成させる方針を示した。

2019年6月、Mitsubishi SpaceJet(三菱スペースジェット)へ名称変更され、、MRJ90を「スペースジェット M90(SpaceJet M90)」、短胴派生型のMRJ70を「スペースジェット M100(SpaceJet M100)」へとそれぞれブランドを変更した。一方、同月にで親会社の三菱重工がカナダ・ボンバルディアの小型機事業を約5.5億ドル(約590億円、2億ドル〈約210億円〉ほどの債務も引き受ける)で買収も発表された(ジェトロのHPより)。

関連タグ

旅客機 航空機 リージョナルジェット
百式輸送機(民間向けのMC-20はいわば本機の元祖)

ライバルと目される機種

ボンバルディアCRJ700 エンブラエルERJ170/ERJ175

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

リージョナルジェット りーじょなるじぇっと

兄弟記事

  • BAe146 びーえーいーいちよんろく

pixivに投稿された作品 pixivで「MRJ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35062

コメント