ピクシブ百科事典

BAe146

びーえーいーいちよんろく

BAe146とは、紳士の国で生まれた実に紳士的なリージョナルジェットである。
目次[非表示]

概要

短距離のローカル線向けに開発された小型ジェット旅客機、いわゆるリージョナルジェット
最大の特徴はリージョナルジェットながらターボファン(ギヤードターボファン)エンジン4発式となっている点である。
このクラスの機体は普通は(ジェットなら)MRJボンバルディアCRJエンブラエルE170/190などの例を見る通り双発が主流であるが、本機は4発エンジンとなっている。
そのため一部地域では「ジャンボリノ」という愛称でも呼ばれている。

この設計は別に紳士の発想なら仕方がない…というわけではなく、「STOL性能を確保する」と「小出力・低騒音のエンジン4発とすることで都市部の空港でも発着できるようにする」というちゃんとした理由がある。
このため騒音の規制がきついロンドン・シティ空港には掃いて捨てるほど飛んでくる。
うーん…なんとなく伊丹発着便に使えそうな気がするんだけどなあ…

機体

座席は2+2列配置、乗客数は70~110名程度の一般的なリージョナルジェットの構成となっている。
主翼は高翼式(機体の上の方に主翼が付いている)、尾翼はT字尾翼、主脚は胴体側面に格納するという、どことなく軍用輸送機に似た構成。
高翼式の主翼にはハネウェルライカミング)製のギヤードターボファンエンジン・ALF502が合計4発ぶら下がっている。
…このALF502、実はターボファンエンジンとしても結構独特なエンジンである。
まず元ネタがヘリコプター向けのターボシャフトエンジンだったりする。最初から(ギヤード)ターボファンエンジンとして設計されたとか、或いはターボジェットエンジンを元にしたとかそんなのですらない。
そして高圧圧縮機に遠心式圧縮機(掃除機のタービンみたいなのをぶん回して空気を圧縮するタイプ)が使用されている。まあこっちに関してはHondaJetのエンジンである、HF120も採用している方式だが。
ちなみに遠心式圧縮機は吐出量こそ軸流式圧縮機(羽根車を何段にも連ねているやつ)より小さいが、一方で少ない段数で高い圧縮比を得られるという特徴があり、小型ジェットエンジンの高圧圧縮機には向いている。これも実はへそ曲がりや趣味で採用したわけではなく合理的な選択と言えるのだ。

日本では

日本の航空会社では採用例は無いが、近隣のアジア諸国の航空会社が保有する機体がチャーター便で日本に飛来する場合がある。
ちなみにかく言う編集者も、航空科学博物館の展望台より成田空港に飛来する本機を目撃したことが過去にある。

関連イラスト

青葉航空 BAe RJ85
BAe146



関連タグ

イギリス
飛行機 航空機 旅客機 リージョナルジェット
BAe デ・ハビランド(本機の原型となる機体を設計していた)
英国面 変態機

pixivに投稿された作品 pixivで「BAe146」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226

コメント