ピクシブ百科事典

クロスエア3597便墜落事故

なぜこいつをぱいろっとにしたし

クロスエア3597便墜落事故とは、クロスエア航空会社の杜撰な経営管理の結果起こってしまった航空事故である。特に機長ハンス・ウルリッヒ・ルッツのキャリアに反するあまりの無能ぶりに調査員たちは呆れかえった。
目次[非表示]

事故概要


発生日時2001年11月24日21時06分
発生場所スイス チューリッヒ州
機材 アブロ RJ100
乗員5名
乗客28名
犠牲者24名

事故経過

ベテランの機長と若手の副操縦士の手でベルリン・テーゲル空港を起ちチューリッヒ空港に向かった3597便は、夜間飛行なうえに雪が降りだし視界不良な中で着陸準備を行っていた。当初はILS(視界不良でも着陸できるよう水平方向垂直方向双方のデータを送る)があり着陸難易度の低い14番滑走路を使う予定だったが、騒音問題の影響で夜間の使用に躊躇いが出る場所だったために管制側の指示に従いVOR(こちらでは垂直方向のフォローが出来ない)28番滑走路に進路を向けた。

3891便と3797便が先に28番に着陸したのちに降下態勢に入った3597便だが、視界不良で滑走路が見えず高度を取り直そうとする。

・・・が、遅すぎた。乗員が高度を把握できていなかったために機体は空港手前の丘に激突して大破してしまったのである。

後部座席にいた数名は運よく生き延びることができた。中にはパッション・フルーツというダンスユニットが機内で踊ってたのに辟易して後部座席に移動した結果命拾いした客もいた。(ちなみにパッションフルーツは他メンバーより一列後ろに座っていた一人しか助からなかった。)が、乗員乗客の四分の三に相当する24名が犠牲となった

クロスエアの杜撰な経営ぶり

スイスの航空事故調査委員会が調査に乗り出した結果、クロスエア航空の杜撰な管理が次々と浮き彫りになっていった。

・計器の一つが上下逆さまに取り付けられていた。整備の杜撰さが懸念される。
・着陸進入時に使用された地図に事故現場の丘が載っていなかった。
・事故当時3797便が到着した時点でスーパーバイザーが帰宅しており若手女性管制官一人でやりくりしていた。(当然規制違反)

更に調査を続けるうちに驚くべき事実が浮き彫りになった。当機の機長、ハンス・ウルリッヒ・ルッツは何故パイロットがやれているか首をひねりたくなるほどの訳アリパイロットだったのだ。

ハンス・ウルリッヒ・ルッツの見るも無様な経歴


端的に言い表すなら標準以下のパイロット。経歴だけは無駄に長いが、その歩みはとても他人に誇れるものではなかった。

・軍の航空学校試験に3度も落ちる。しかたなくグライダーや商用飛行免許を取得。
・計器飛行証明を何度か試験に落ちた後に取得。
・チェックリスト不使用や航法装置の理解不足、並びに操作手順間違いの常習犯にもかかわらず、計器飛行の教官を務めるそんな教官で大丈夫か?
・1979年に、事業拡大の為人員補充に躍起になっていたクロスエア社がなりふり構わず彼を採用。おいやめろ
・1990年代になり機種変更試験を何度も受けるもデジタル航法装置の理解に手間取り何度も落ちて、ようやく受かったのが事故の6か月前。
・教習中に機体構造を理解せずに地上でランディングギアを引いた結果、車輪が引っ込んで機体に地面の猛烈なボディプレスをさせて全損させる。
・対地接近警報装置(GPWS)等は全てOFFにしながら、湖岸や山腹が見えるほど地表までかなりギリギリの高度まで下げてから夜間なのにほぼ有視界飛行でルガーノ空港へと着陸したことがある。この時彼は疑問を呈する副操縦士に「これで着陸できるから安心しろ」との一点張り。
・アルプス遊覧飛行中に迷子になり、高度を下げたところで乗客に「道路標識がイタリア語なんですけど?」と突っ込まれ慌てて本来の空港に引き返す。

飛行機への情熱だけは無駄にある一方で、計器に対する理解度や状況に慎重に対応する注意力が著しく欠けていたのである。こんなパイロットの操縦する飛行機に乗せられる乗客としては溜まったモノではない。

あまりの酷さにメーデーのナレータ名物の毒舌スイッチが入りはじめ、”途中から機長という役職が省かれ呼び捨てとなり「彼は要注意人物でした」「平均以下の飛行能力」「無能ともいえるルッツ」とコンボが炸裂。
事故を担当したコンサルタントからも前述の能力や意識の低さを指摘された上で「つまり…(しばらく言葉に詰まって)彼は是非とも欲しい人材ではなかった」と遠回しにいらない子扱い、「私ならルッツの推薦状は絶対に書かない」等々フルボッコにされた。

その後

あまりの酷さにスイスの当局からお叱りを受けたクロスエア社は同じころに飛行機事故や911同時多発テロで経営が傾いていたスイス航空と合併しスイスインターナショナルエアラインとなる。以降は社内の徹底的に改善し今では優良航空会社の一つとして活躍している。

メーデー民の反応

2011年に放送された当事故により明らかになった経歴から、ルッツ機長はザンテン機長(テネリフェ空港ジャンボ機追突事故)やボナン副操縦士(エールフランス447便墜落事故)と共に問題のあるパイロットの代名詞となってしまった。濃霧やテロの影響と優秀なパイロットの千慮の一失が重なってしまった不幸なザンテンや、経験が浅いときにトラブルに見舞われ頭が茫然自失状態になってしまったボナンと違い、ルッツに関しては日ごろからのやらかしが多すぎて事故が起こったのが残当という評価は覆っていない。

後には、飲酒、麻薬、無免許、乗客ごと無理心中などといったルッツがマシに見えるほどのパイロットも出現している
おかげでルッツがボーダーラインのように扱われることがあり、ルッツ以下は失格・問題外でメーデー民にはそもそもパイロットとして扱かわれなかったりもする。

関連タグ

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル・・・ルッツと名前が途中まで被りまくってる飛行機パイロット。こちらは人類トップクラスのエースである。


この記事のカテゴリ

航空事故  メーデー!航空機事故の真実と真相

関連記事

親記事

メーデー!航空機事故の真実と真相 めーでーこうくうきじこのしんじつとしんそう

兄弟記事

コメント