ピクシブ百科事典

エールフランス447便墜落事故

ぼなんふくそうじゅうしのだいしったい

2009年に発生した航空事故。
目次[非表示]

大まかな概要

発生日時2009年6月1日午前2時頃(※)
発生場所大西洋(赤道付近のど真ん中)
機材エアバスA330-200(該当機材は2005年初飛行)
乗員12名(うちパイロット3名)
乗客216名
犠牲者228名(即ち全滅)

(※……グリニッジ標準時間換算、日本時間で言うなら午前11時頃)
エールフランス創業以来、またエアバスA330就航以来最多の犠牲者を出した事故であり、また21世紀に入ってから製造されたワイドボディ機で最初の犠牲者を伴う墜落事故でもあった。

消息不明、そしてブラックボックス発見まで

前日5月31日夜にリオデジャネイロを発ったエールフランス447便はパリシャルル・ド・ゴール国際空港へ向けて飛行していた。日付が替わりブラジル管制を離れた後に管制の通じないデッドゾーンへ突入。2時間後に対岸のセネガル管制と交信するエリアに入る予定であった。
(大西洋や太平洋のど真ん中では一部管制との直接交信、及び管制からの追跡が不可能なデッドゾーンエリアが存在する)

ところがその後セネガルの管制をはじめとしたあらゆる呼びかけに応答せず、パリへの到着予定時刻を過ぎても到着の気配がなく、完全に消息を絶ってしまう。

フランス・ブラジル・スペインなどの各軍隊が最後の交信位置を中心に捜索を始めるが、数日後に機体の残骸や搭乗者の遺体その他諸々などが発見され、墜落が確定。
「事故の起きやすい”離着陸前後”でもないのに新型のハイテク機が突如墜落する」という奇妙な事故であり、また残骸発見地点は水深が4000m(つまり富士山一個突っ込みきれるほどの深さ)に達する上に海底の地形は起伏が激しかったが故に最大の手がかりとなるブラックボックスの回収がはかどらず、爆弾乱気流などの様々な仮説も数少ない証拠からほぼ否定されるなど、原因究明は難航した。

そして2年近く後の2011年4月、無人水中探査機などの最新鋭テクノロジーを駆使し、長い時間と数千万ユーロをかけた史上最大規模の捜索の末、ついに海底に沈む他の残骸と共にブラックボックスが発見され、回収の後フランス事故調査委員会で解析された。












…………しかし、判明した事故原因はベテラン調査官ですら顔を青くするほど、信じがたいものであった










最期の3分間

結論から先に言ってしまえば、原因は半分以上ボナン副操縦士の誤った操縦であった。

機長「交代か。じゃあ私は休ませてもらうよ……」
ブラジルの管制を離れた後、ベテラン機長が休憩のため若手の交代パイロットと交代したことでコクピットは若手2人の状況となるが、ここで機体に通常ならば大して問題のないちょっとした異常が生じる。
「I have control.(僕が操縦します)」
ボナンは機首を上げるが、機体が失速寸前になり交代パイロットは降下して速度を付けようと言い出す。
交代パイロット「速度が落ちてる。一旦降下したほうがいい」

(空気力学的に飛行機は機首を上げすぎると翼を流れる空気がおかしくなり、やがて機体を浮かせる力が0になって落下し始める。これが失速である。回復するには機首を下げ翼の空気流を回復させる。これは航空業界に勤める者にとってはレベル1の基礎知識といえる。)

しかしこの後ボナンは3分近くもの間、交代パイロットが代わりに操縦すると言い出してもなおひたすら操縦桿を引き続けた。これにより失速に突入し、そのまま機体は落下を続けより悪い状況に引きずりこまれてしまう。

機長「どうしたんだ!?」
交代「操縦が効きません、やれることはやったんですが……!?」
交代パイロットが機長を呼び戻すも、戻った機長には状況を冷静に分析する時間がなく……
交代「上昇だ……上昇しろ!」

……でも、さっきからずっと引いてますよ!?

機長「……!? だめだ、これ以上機首を上げるな!!」
……しかし気付いたときには既に手遅れ。3分間落下したまま高度2000フィート(約600m)を割り、地上接近警報が鳴り出したころ、CVRはボナン達の最期の言葉を収録する。

「このまま墜落します……
こんなの嘘でしょ……何故なんですか……!?

最大の「何故」が自分にあることをボナンが最期まで分からないまま、機体は落下速度200km/hで、大西洋のど真ん中へ腹打ちするように墜落した……







……念のため言っておくがエールフランスは航空機メーカーを抱える先進国フランスフラッグキャリアである
そんな会社のパイロットが失速からの立て直し方という基礎を見事に忘れ、200人以上の犠牲者を出す事故を招いたのだ。
調査官達が2年かけて追い求め、そしてようやく見つけた答えがこれでは、青ざめるのも無理はない。

あとがき

この事故が原因か、一部の航空ファンの間ではエールフランスを”危険な航空会社”扱いするきらいがあり、同じスカイチームの事故が多い(かった)会社”大韓航空””チャイナエアライン””ガルーダ・インドネシア航空”と併せて「スカイチーム四天王」と呼んでいるらしい。

また航空業界における初歩的な基礎知識を忘れ、事故の最大要因となってしまったボナン副操縦士は現在(地球的に)墜落地点の反対側にある日本の一部の方々を中心に盛大に嗤い者にされている。
……しかしこの事故は
・エールフランスがそもそも訓練を満足に行っていなかった
・若手二人だけのコクピットで明確な立ち位置が決められておらず、意思疎通も足りなかった
エアバスの操縦システムがお互いの操作を認識しにくいようになっていた(ボーイングは一発で分かるようになっている)
など他にもいくつもの要因が重なって発生したものであり、彼が100%悪いわけではない。また事故を再び起こさないようにするという観点からも、特定の個人にむやみに責任を負わせるのは良くないことといえる。

……何より、
・これは実話であること、巻き添えでたった一度きりの人生を打ち切られた人達が227人もいること、
・家族や友達同僚を突然失い悲しんだ人達がそれ以上の数いること、
……それらを忘れてはいけない。

我々はこの事故から、何か学ぶべきものがあるのではないだろうか?…………この項目の作成者はそう感じている。

関連項目

航空事故 エールフランス メーデー!航空機事故の真実と真相

コメント